FC2ブログ

ミソサザイの巣作り (その2) 日向の渓谷にて

ミソサザイの巣作り (その2)日向の渓谷にて
ミソが囀りはじめた!     

亮太の巣作りはいよいよ本格的に・・・・ 苔むす岩場にやってきては口いっぱいに苔を咥えては20mほど上流の岩場に消える。。。 2分もしないうちに戻ってきてはまた苔を口いっぱいにして。。咥えては消え、消えてはまた戻る・・・・ の繰り返しが5~6回も続き、そのうちパタッと止まってしまった。

キット、運んだ苔で巣作りをしているのだろう・・・ 想像を膨らむ.。。 一時間もの静寂が流れ、漸く森の方から囀りが川辺に近づいてくる。。巣作りが一段落したのだろうか。。 今度は枝から枝に、岩から木陰に。。 素早い動きを懸命に追っても追いつかない。 
うっかりすると10cmの個体を完全に見失ってしまう。。

味噌色でお世辞にも美しいとは思えない・・ が、細く鋭く小さなクチバシが顔にチョコンとついて、口がこれ以上開かないところまで一杯に開けて思いっきり囀るソプラノは雌の注意を弾かない筈がない。。  果たして出逢いの瞬間は訪れるのでしょうか。。。 
==>(その3)へ続く


(2015/04/12撮) Nikon300s TM150-600mm
画像上をワンクリック! 150%に拡大してご覧ください。


口いっぱいに苔を咥えて岩陰に消えて、一時間も待っただろうか。。。 良太が漸く川辺に現れた。
DSC31_5928 (2)

もう巣は出来上がったのだろうか。。。
DSC31_5933 (2)

苔を啄むでもなく、清々しそうに岩場を飛んで・・・
DSC31_5985 (2)

そして、この薄い苔に覆われた石碑のテッペンにやってきた。
DSC31_6026 (2)

我がパートナーを探すには・・・
DSC31_6042 (2)

ここで歌うのが・・・
DSC1_6046 (3)

森の隅々まで・・・ 
DSC31_6052 (2)

ソプラノが快く響くのです!
DSC31_6068 (3)

小さな口を全開にして囀るのも真剣!
DSC31_6055 (2)

石碑のあとは・・・ 
DSC31_6222 (2)

岩場に戻って・・
DSC31_6322 (2)

再び巣材集めに!
DSC31_6329 (2)

いったい、幾つ巣をつくるのか?・・・
DSC31_6361 (2)

ミソの雄は巣を作りかけにして・・・
DSC31_6378 (2)

最後まで完成することがない・・・
DSC31_6396 (2)

完成させるのは雌の仕事・・・・・ 良太は別の巣を造り始める。。
DSC31_6498 (2)

そうとも知らず、雌は亮太の美声に引き寄せられてやってくるのです・・  ==>(その3)へ続く・
DSC31_6510 (2)

【野鳥】ランキングに参加してます! 好かったらポチッとご協力お願い申し上げます! m(_ _)m






コメント

非公開コメント

プロフィール

Su~chan

Author:Su~chan
私の名前は「Su~」です。”Su~chan”と呼んでください。
相模原市在住。

最新記事
最新コメント
カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR