FC2ブログ

ヨシガモのうたた寝 (その7・最終章)沈殿池の仲間たち


ヨシガモのうたた寝 (その7・最終章)沈殿池の仲間たち
カモの浮き寝、 うたた寝 ・・・・・

粋な貴公子。 朝、根倉から出てくると、水面にプカプカ浮いては・・・・ いつ食事をするのか? 見たことがない。。プカプカ浮いていたかと思うと、オレンジのブイに上がり甲羅干し。 そして、また水に浮く。。。その周りで他の水鳥仲間が盛んに潜り漁をしている。

ヨシガモは、只々水面に浮いているばかり。。。。 でも、👣は水中でちゃんと水を掻いている。。 気が付くと、かなり視界から遠のいていたり、すぐ近くまで近づいてきたり。。気の向くまま・・足の向くまま・・・頭を羽根の中に突っ込んでは、目を閉じたり開いたり・・・・・

こうして、ヨシガモは一日の半分以上をうたた寝に費やしているようです。 
気分は・・・ 愉快・爽快!

でも、このうたた寝が、 「鴨の浮き寝」と諺にもなり、あまり良い意味で使われていないようなのです。我々からすると、如何にも心地よく、波に揺られるまま・・・ 風に靡くまま・・・ 羨ましい”うたた寝”! と思えるのですが、諺では、この水にフワフワ浮きながら寝るさまが、いつも何かに脅え不安に思われることから、心の安静が得られない安らかでないことの喩えにされているようなのです。。。

私には、彼らのうたた寝が、そんな不安を掻き立てるようにはとても思えないのですが。。

そのヨシガモの安眠を突如破るかのように、川鵜の大群が一斉に水を蹴って飛び立つのでした。。。 果たして、 どちらが不安を掻き立てられているのでしょうか。。。 
そこには、そんな諺は耳にもせず、初めての出逢い! 
美しいヨシガモに、すっかり惚れこんでしまった自分がいるのでした。(完)


(2015/01/05撮) Nikon300s TM150-600mm
画像上をワンクリック! 150%に拡大してご覧ください。

貴公子・翔太が水から上がってきた。  貴公子とは・・・ とても思えぬ格好で。。。。。
DSC38_4982 (2)

水気を引いて・・・ これで、自慢の容姿!
DSC38_4986 (2)

流石、貴公子!  身だしなみを整えることは・・・・
DSC38_4993 (2)

忘・れ・な・い。
DSC38_5008 (2)

妻の妙子も身だしなみを・・・・
DSC38_5036 (2)

身だしなみもこれで終了・・・? と思いきや。。。
DSC38_5051 (2)

今度は三列風切の手入れに?・・・・
DSC38_4867 (2)

美しく・・・
DSC38_4870 (2)

後ろに靡かせて。・・・
DSC38_4877 (2)

これで、出来上がりィィ~~~
DSC38_4886 (2)

再び水に戻って・・・・
DSC38_4955 (2)

うたた寝のは・じ・ま・り・・・・
DSC38_4958 (2)

波の間にまに、さだまらないようで。。。。
DSC38_4968 (2)

定まっているのが・・・・
DSC38_4970 (2)

ヨシガモの良し! とするところなのです。
DSC38_4974 (2)

このうたた寝! が何とも言えないのですゥ~~~
DSC38_5160 (2)

そんな安眠を打ち破るかのように、近くの川鵜軍団が突然飛び立って・・・・・   (完)
DSC38_5425 (2)

【野鳥】ランキングに参加してます! 好かったらポチッとご協力お願い申し上げます! m(_ _)m




コメント

非公開コメント

お疲れ様でした

す~さん、こんばんは!

また、長編記録小説が完成しましたね?
お疲れ様でした。
次を楽しみにしております。

No title

ご丁寧なコメントありがとうございます。
初見で、綺麗な鳥なので、つい長くなってしまいました。。。
沈殿池の仲間はまだ沢山いるんです。。
次は👑カイツブリです。 お楽しみに!
プロフィール

Su~chan

Author:Su~chan
私の名前は「Su~」です。”Su~chan”と呼んでください。
相模原市在住。

最新記事
最新コメント
カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR