FC2ブログ

カワセミの夏 (その1) 相模の楽園にて

カワセミの夏 (その1) 相模の楽園にて
二番子が巣立ちました!

カワセミの楽園に夏がやってきました。 真夏の太陽が身体の中まで染み入るほどの暑さ。。。。 その暑さを避けるように木陰では、二番子が逞しく親におねだりをしている姿が ・・・・・  そう、楽園のカワセミは二番子の巣立ちを迎えていたのです。。s

そんな微笑ましいひと時をカメラしようと! 流れ出る汗をぬぐいつつ ・・・・ 
いつ見ても、何処で出逢っても、カワセミの美しさには魅了させられます。 

水辺の💎が、自分を含めどれほどの人が鳥狂(キチ)への登竜門になったことか!
わが人生に愛する人は? と問われれば、愛する妻の次に カ・ワ・セ・ミ! 
と答えるかも知れません(こうしておかないと後が怖い。。。。) ==>(その2)へ続く 


(2014/08/14撮) Nikon300s SG500mm
画像上をワンクリック! 150%に拡大してご覧ください。

華麗なるダイビング!
DSC21_3936_5153.jpg

そしてェぇ・・・・
DSC21_3956_5154.jpg

子供のところへ ~~~ 
DSC21_3959_5155.jpg

どうやら二番子が巣だったようです。
DSC21_3692_5135.jpg

子供の方も、漸く親の意図が判ったようで。。。
DSC21_3700_5138.jpg

親に与えられるのではなく、親の口からもぎ取るのです!
DSC1_3703_5140

こちらは、次女の蘭子。 
DSC21_3722_5142.jpg

父親の定吉が、魚を甲斐甲斐しく蘭子の口元に・・・・・
DSC21_3727_5143.jpg

蘭子。半信半疑でくちをもっていく・・・・
DSC21_3729_5144.jpg

大きく口を開けて・・・・
DSC21_3773_5145.jpg

これまでは親が魚を放してくれるのを待っていたけれど、
DSC21_3775_5146.jpg

それでは、魚は一向に口に入らない。。。 親の口から魚をもぎ獲ることを、ようやく学習したのです!
DSC21_3776_5147.jpg

親も決して咥えた魚を緩めない。 渾身の力を込めて、親の口からもぎ獲るのです!
DSC21_3777_5148.jpg

逞しき蘭子。 こうして、子供たちは生き抜くための闘争心を教えられるのでした。
DSC21_3778_5149.jpg

蘭子の成長ぶりに、満足げの父、定吉! 真夏の水辺の💎 親子!
DSC21_3779_5150.jpg

すぐそばに、何かの幼鳥が止まって羨ましそうにカワセミ親子を見つめている。。。
DSC21_3918_5151 (2)

この鳥はなんの幼鳥なのでしょうか。。。。 判りません。。。 どなたか教えていただけますか?
==>(その2)へ続く 

DSC21_3925_5152 (2)

【野鳥】ランキングに参加してます! 好かったらポチッとご協力お願い申し上げます! m(_ _)m




コメント

非公開コメント

プロフィール

Su~chan

Author:Su~chan
私の名前は「Su~」です。”Su~chan”と呼んでください。
相模原市在住。

最新記事
最新コメント
カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR