FC2ブログ

ミサゴの漁とは? (その3) 県下の大海原にて

ミサゴの漁とは?  (その3)県下の大海原にて
波しぶきの絵を描かせたらピカイチ! クリスチャン・ラッセンも及ばない・・・・!

ミサゴはやはり快晴の空がいい!・・・ この日は雲一つない快晴に恵まれました。 
素晴らしきダーウインポーズとともに、 海面を蹴上げるごとく、高く飛び散る波しぶき!
画家・ミサゴが青いキャンバスに見事な水しぶきの絵を描く・・思わず見惚れてしまう。。 ”ミサゴ画伯”と呼びたい…

あの ”イルカと海”を幻想的なタッチで描くアメリカの偉大なる画家クリスチャン・ラッセンにもミサゴほどの波しぶきは描けるでしょうか・・・  

出来ることなら、ラッセンに”イルカをミサゴ”に置き換えて壮大な海の絵を描いてもらえたら! と思いを馳せる次第です。 とりあえず、画家・ミサゴの素晴らしい”波しぶきの絵”をじっくりご覧ください。 ==>(その4)へ続く

(2014/01/22撮) Nikon300s SG500mm
画像上ををワンクリック! 150%に拡大してご覧ください。

やはり、ミサゴは晴れた日がいい! 遥か江の島方面から、ミサゴの大祐(ダイスケ)がやってきた。
DSC11_944_004.jpg

青空に旋回する大祐。  一杯に広げた両翼が美しい!
DSC11_0120_183.jpg

そして、一球入魂! 
DSC11_0306 (2)_215

滑走路に車輪を出して、着陸体制!
DSC11_0307 (2)_216

大祐、美しいダーウインポーズ!
DSC11_0308 (2)_217

ザッブーーン~~~・・・xxx・・・xxx
DSC11_0309 (2)_218

画家ミサゴの始まりです! 美しい水しぶき! 背景が陽の光に紺碧の海色に!
DSC11_0129 (6)_170

これぞ ”水の芸術”! クリスチャン・ラッセンにも描けない? ミサゴの筆遣い! 
DSC11_0130 (2)_162

DSC11_0131 (2)_171

よく見ると、大祐の目の前にボラが・・・
DSC11_0132 (2)_172

どうやら、このボラ、大祐の爪に捕らえられてるようです!    大祐、V サイン!
DSC11_0133 (2)_173

体制を整えて・・・
DSC11_0134 (3)_174

華麗なる TakeOff! 大きなボラを両足に抱えて・・・ 薄い雲が晴れて、水色の海が美しい!
DSC11_0135_237.jpg

ホントに大きなボラ! 大祐、両足で抱えるようにして・・
DSC11_0137 (2)_175

魚を両爪にかけ、空を舞う! これぞ、ミサゴの芸術!
DSC11_0138 (2)_176

クリスチャン・ラッセンに、イルカに置き換えてミサゴを描いてもらう価値は十分ありそうですね
DSC11_0140 (3)_177

題して、”魚とミサゴ”・・・・==>(その4)へ続く
DSC11_0141 (2)_178

blog 気に入っていただけましたら、【野鳥】 「にほんブログ村」のクリックお願いします!
にほんブログ村

コメント

非公開コメント

プロフィール

Su~chan

Author:Su~chan
私の名前は「Su~」です。”Su~chan”と呼んでください。
相模原市在住。

最新記事
最新コメント
カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR