FC2ブログ

ポパイ(PUPICH)とワットの仲間たち (その6)アンコールワット 最終章

ポパイ(PUPICH)とワットの仲間たち(その6)アンコールワット 最終章 遺跡巡りに出会った仲間たち

カンボジア語でPUICHと書いてポパイ。 ホテルの中庭に朝早くやってきては綺麗な声で囀る。 旅人の目覚まし時計のように。。。更に、仲間がやってきた。。。 君は誰?・・・・ 遺跡の寺院にも名前の解らない鳥が我が世の春! のごとく飛び交っていました。観光客の騒がしさがなければ、キットいろいろな野鳥が街路樹にまで降りてくる平和な生活をしているような気がします。

アンコールワットのある都市・シェムリアップは東西南北どちらに歩いても何らかの遺跡にぶつかる。 正に遺跡の都!でも激しく長い内外戦を経て、トルポト政権が埋めた無数の地雷群がいまだに遺跡の周辺に立ちはだかり、遺跡修復に力を注ぐ反面、地雷除去の努力が忍耐強く続いている。 日本もかなりの面で支援活動を展開していることもこの旅で改めて知ることになりました。 

農民にとって牛は貴重な財産。移動の途中、牛の網がほどけ森の中に入っていってしまう。。。 飼い主は危険で追うことが出来ない。遊ぶだけ遊んで、やがて飼い主のもとに帰ってくる。が、安全な帰還はまず難しい。。不本意にも地雷に触れひとたまりもなく吹き飛んでしまう。カンボジアの農民は今もそんな危険と背中合わせに生活しているのです。。ただ野鳥たちだけはそんな危険もどこ吹く風・・がせめてもの救いです。。


画像上をワンクリック! 150%に拡大してご覧ください。

ポパイ(PUPICH))(カンボジア名)が朝の散歩にやってきました。
DSC5_4434 (2)

頭と頬と腹部が白く、その中に黒い目がくっきり浮き上がり。。。
薄茶色の背羽。カラコロ・・・と美しくゆっくり鳴く声に振り返ると、ポパイの姿が!
 DSC5_4470 (4)

お尻のあたりが黄色地に・・・ 
DSC5_4437 (2)

白の仮面をかぶったように、白い顔が目立つ。DSC5_4448 (2)

ヤシの木に、そしてタケの🌲に・・ お尻の黄色いパンツ!
変なところにアクセントがあるものです。。。 

DSC5_4477 (2)1

ポパイが仲間とザクロの🌲にやってきました。
DSC_4465.jpg

柘榴の実にとりつくでもなく、静かな朝の空気を吸って、ゆったりと寛ぎのひと時。 DSC5_4462 (2)

仲間が飛ぶと。。。
DSC5_4463 (2)

空かさずそのあとを追って。。。。
DSC5_4467 (2)

ホテルの屋根に止まった! と思ったらどうもこれは別の鳥?
顔は白くポパイとおんなじ。 でもポパイとは腹部の色が異なる。。DSC5_4485 (2)

気が付くと、こんな鳥もやってきた。。。DSC5_4600.jpg

そして、こんな鳥も。。。 夕方、現地の本屋に行ってみたのですが名前が見つかりませんでした。。DSC5_4614 (2)

ポパイより一回り大きく、地味な中にモスグリーン色に包まれた美しい鳥でした
朝食前の散歩に、これだけカンボジアの野鳥に逢えるなんて! 大満足でした。DSC5_4616 (2)

ここはアンコール・トムにあるバイヨン寺院。 遺跡に腰を下ろし遺跡に酔いしれる乙女二人・・・・DSC6_5203 (2)

そして、アンコールワットの ”モナリザ”! 
全て建物の石壁に刻まれた芸術の数々に圧倒されます。
DSC6_4870 (2)1


旅の最終日に訪れたペンメリア遺跡。市内から一時間半ほど車で郊外にです。道路の左右は一面の田園風景。途中の農家には電気も飲水・下水道もない。それでも生活が出来ているのです。。

ペンメリア遺跡はアンコールワットとは違い、発見されて以来全く修復はされないまま。。あるがままの今日の姿。これほどまでに朽ちた建物の修復はもはや不可能。 とガイドは言う。。。 それに加えて。。。 
DSC6_5558

この周辺にはまだ地雷群が。。。土地のあちこちに赤いシェレコーべの警告が。
”危険・地雷あり!” いつになったら地雷のない平和な国になるのでしょうか。。祈るばかりです。
DSC6_5668 (2)

地雷除去済のエリアには、青い看板が立てられ人々に安全を宣言していますDSC6_5554 (2)

CMAC(Control Mine Action Center)。2003年より政府機関により設立された地雷除去機関。
これまでこの遺跡周辺で438+809個の地雷関連爆破物を除去。 この仕事にはドイツをはじめ日本も大きく貢献していることも理解できました。 でも私たちが生きている間に終わりを見ることは難しいようです。

DSC6_5556 (2)

除去宣言をしtからと言って、地雷皆無とは言えないのだそうです。 深く埋まった地雷は地上から1mを探るセンサーには届かない。 雨季に雨が降り、泥が流される。この繰り返しで、時を経て深く埋まっていた地雷がやがて顔を出すのだそうです。
安全と思い綱を解かれてあちこちに入り込む牛が、時としてその地雷の犠牲になることは少なくない。時には人間までも。。カンボジアの抱える問題を心新たにさせられました。

DSC6_5555 (2)

でも、地上を離れた🌲の上では、小鳥たちが無心に囀り、飛び廻っている。そんな姿がいじらしい。。。 アンコールワットにもう一度来たい! と想いを馳せる自分でした。  (完)DSC5_5607 (2)
DSC5_5636 (2)


blog 気に入っていただけましたら、「にほんブログ村」のクリックお願いします!

にほんブログ村


コメント

非公開コメント

いい旅でしたね

貴重な遺跡と日本では見ることができない鳥がたくさん。
いい旅でしたね。
地雷が近くにまだたくさんあるんですね。
現地に行かないと伝わらないことが沢山ありそうです。勉強になります。

No title

Nabeさん、 
ご丁寧なコメントありがとうございます。
今回の遺跡巡りは期待以上に学び、教えられるものがあり、またカンボジアの現状に触れる良い機会となりました。 国民が、今だ数知れず埋まっている地雷に悩まされていることを知り、考えさせられました。 期待していなかった野鳥も、何よりもキバラタイヨウチョウに逢えたのは嬉しかったです。 でも、鳥は二の次でしたので200mmしか持っていきませんでした。。。 次回はやはり500mmを! と悔やんでいます。。 

明日はミサゴのフイールドに! とおもってます。。。
また、お会いできますのを楽しみにしております。
プロフィール

Su~chan

Author:Su~chan
私の名前は「Su~」です。”Su~chan”と呼んでください。
相模原市在住。

最新記事
最新コメント
カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR