FC2ブログ

カイツブリの子育て (その1) 泉の森にて

カイツブリの子育て (その1) 泉の森にて
雛・危うし、 天敵・青大将が!

前章までにカイツブリ両親・甲斐と可南子の愛情一筋にすくすく育っている子供の健とカンナをご紹介しました。 舞台はその2週間前にさかのぼります。雛の健とカンナは無事巣立ちを果たしました。。。。でもまだ潜ることも、餌を獲ることも知らない産(うぶ)な二人。 只々、巣の周辺で初めて見る世の中の景色に興味津々。無事巣立ちは果たしものの、一番危険な第二ステージ・・・・

カワセミを待って、大池の畔にカメラを構えていると、対岸の葦の茂みで水を打つ大きな音とともに、すさまじい水しぶきが上がった。何んだろう・・・と目をやると、水しぶきのほか、何の姿も見えない中、水面だけが荒く揺れている。

次の瞬間、最初の水しぶきからかなり離れたところに、2m以上もありそうな青大将の顔が浮き上がった。と、その目の前にカイツブリの甲斐が首をもたげたではありませんか!  水しぶきの上がった子供たちのいる場所から、一刻も早く青大将を遠ざけようと、ここまで誘きだしたのでした。 そして、甲斐の戦いが始まったのです。 小さな体を一杯に使って水しぶきを挙げては潜り、また水しぶきを上げる。。 懸命の戦い!

それにしても、自分の命を投げ打ってまでも子供たちを護ろうとするカイツブリの親の姿には、唯々頭が下がります。 乳飲み子を抱える現代の父母に見せてあげたい・・・・   さて、執拗な甲斐の攻撃に、青大将はどうなったのでしょうか・・・・・・ ==>(その2)へ続く


画像上をワンクリック! 150%に拡大してご覧ください。

カワセミを待っていると、突然、葦の茂みに大きな音とともに水しぶきが上がった・・・・
DSC3_1102 (2)

なんだろう?・・・  よう~~~~く見ると、水しぶきの中に蛇のあたまらしきものが。。。
DSC3_1101 (2)

すると、数メートルさきに大きな青大将が身を乗り出した!
水しぶきの上がったところにはカイツブリ親子が・・・
蛇はカイツブリの雛を狙ってやってきたことがわかりました。。。DSC3_1108 (2)
青大将の目の前に、父親の甲斐が首を出しました。
甲斐は、とっさに身を翻し、大きな水しぶきとともに青大将をここまで誘き寄せたのです・・・
DSC3_1109 (2)

甲斐の壮絶な戦いが始まりました。 大切な家族を守るために!DSC3_1110 (3)

自身の小さな身体を忘れて巨大な敵に挑む甲斐の姿は、正に捨て身の構え。
不敵な青大将を舌をペロリと出して・・・DSC3_1111 (2)

懸命に足を蹴って水を掻き立ては・・・・DSC3_1112 (2)

精一杯の水しぶきを掻き立て潜水をして。また水しぶきを!DSC3_1113-02 (2)

予想外の迎撃に、青大将は遂に退散。。。。甲斐は無事天敵を追い払いに成功!
たちまち葦の中へ・・・・ あまりの興奮にピンボケ・・・ それにしても蛇が水鳥の天敵とは・・・
DSC3_1126 (2)

親は強し! 無事天敵を追い払った甲斐は雛を背中に乗せて、妻の可南子に話す。。。 
巣を引っ越そう!

DSC3_1130 (2)

早速、二人は子供たちを背中に乗せて巣の移動を開始!DSC3_1166 (2)

元の場所からできるだけ遠いところへ・・・・  それにしても、蛇はまだ葦の茂みに潜む。。。
DSC3_1172 (2)

それでも、雛たちはしっかりの親の背中のに守られて。  これなら安全!カイツブリの万全の危機管理に感動するばかりでした。。  ==>(その2)へ続く
DSC3_1180 (2)

blog 気に入っていただけましたら、「にほんブログ村」のクリックお願いします!

にほんブログ村




コメント

非公開コメント

プロフィール

Su~chan

Author:Su~chan
私の名前は「Su~」です。”Su~chan”と呼んでください。
相模原市在住。

最新記事
最新コメント
カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR