FC2ブログ

カワセミ 壮絶な縄張り争い (その1)大和の公園にて

カワセミ 壮絶な縄張り争い(その1) 大和の公園にて     縄張り争いの真髄を見る。。。


毎月、月末の日曜日には市のボランティアによる公園内のバード・ウオッチングが催うされる。 どんな野鳥が見れる?。。。胸わくわくで初めての参加。常連のウォッチャーが30名ほど。 それぞれ双眼鏡、カメラを携え二組に分かれての散策が始まった。 自分の組は公園の水車小屋から真ん中大池の方に向かった。 歩き始めてまもなく、その先の小さな池のまわりで望遠を構える数人のカメラマンが見えた。 今日はバード・ゥウォッチング。。。カワセミは後回し。。。と思いながらも、ちょっとグループから外れてそのカメラの向けられた先をみると、 池の畔で2羽のカワセミが並んでとまっている。。。

なんと仲の良いこと! 恋人同士? こんな光景を見るのは初めて!思わず興味をそそわれ、手持ちカメラのまま、グループから外れてカメラマンに合流。。。。そのまま池の畔に座り込む。 良く見ると、二人はお互いに伸びをしたり、縮んだり。。時々鳴きあっては30cmの距離で動かない。お互い眼を合わせることもなく、近づくこともなく、どうも雰囲気が悪い。。。 隣のカメラマンに聞くと ”縄張り争い”だと思う。。。
話には聞いてはいましたがまだ見たこともない。。。 ”何が始まるんだろう。。” バードウォッチングそっちのけで座り込んだのはいいのですが、もうかれこれ30分あまりも、二人はにらみ合ったまま動かず。。足に痺れがきて何度も組み替える。。

とりあえず、二人に名前をつけることに! 驚いたことにこれは親子の戦いなのでした。。。左が昨春巣立った子どもの太郎。右がこの子を育てた父親の権太。 
と、40分も経過したころ、いきなり太郎が挑戦的に権太に向かって激しく鳴きながら攻め始めたのでした。 それを皮切りに二人の壮絶な縄張り争いが勃発したのでした。 大池の周りを一方が他方を追いかけてまわすくシーンはよく眼にしますが、まさか、これほど双方が相容れず、敢然と戦う光景はそれは壮絶きわまり、驚きと興奮で、唯々シャッターを押し続けるのみ。この戦いは最初のにらみ合いから1時間を悠にこえるものとなりました。。

第4章(最終章)では、カワセミの急所は?戦いの勝負の行方は?
ついにその ”答えのでた章” となりました。
先ずは、その戦闘開始の第一章から。。。。  ==>(その2)へ続く


画像上をワンクリック! 150%に拡大してご覧ください。


子どもの太郎(左)と 父親の権太(右)が 至近距離で、お互いに伸び縮み。。。DSC_4493.jpg

お互いの主張を誇示しているのでしょうか。。。。DSC_4483_sh01.jpg
DSC_4488_sh01.jpg

このにらみ合いがこの状態で30分以上もつづきました。。。 時々、威嚇の鳴声を発しては。。。
どうやらこの小さな池(4つのうちのひとつ)は魚が殆どおらず、普段親も素通りをするほどで、縄張りもはっきりしていないようでした。。 そこに、子どもが目をつけてきたところ、親との鉢合わせに!DSC_4562.jpg

ついに子どもの太郎(右)が、堰を切って飛び立ちました。 前哨戦の始まりです!DSC_4572_sh02.jpg

親の権太(左)がそれに反応。。太郎を追いかける。。。DSC_4573_sh02.jpg
DSC_4574_sh02.jpg
DSC_4575_sh01.jpg

体が入れ替わり、親の権太が右の枝に。。。。DSC_4577_sh02.jpg
DSC_4578_sh01.jpg

お互いに主張を誇示!  DSC_4581_sh02.jpg

普通ならこの辺でどちらかが引き上げるのですが。。。。 果たして。。。  ==>(その2)へ続くDSC_4582_sh02.jpg





blog 気に入っていただけましたら、
下段の{野鳥}(にほんブログ村)をクリックお願いします!


にほんブログ村


コメント

非公開コメント

プロフィール

Su~chan

Author:Su~chan
私の名前は「Su~」です。”Su~chan”と呼んでください。
相模原市在住。

最新記事
最新コメント
カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR