FC2ブログ

キレンジャクの舞い (その1)湘南の林道にて

レンジャクの舞い (その1)湘南の林道にて
漸く逢えた憧れの鳥!


キレンジャク。(黄連雀)19cm。ヒレンジャクより1cm大きい。 この群れは赤の軍団。尾羽の赤に黄色が2~3羽混じっているのが垣間見えました。 何故赤の軍団に入ってきたのか。。。鳥の群れ作りにはあまり細かいルールもなく、なんとなく気分で成り立っているのでしょうか。。。 もっともヒレンジャクの親戚のようなものですから、あまり深く考えるのは止めにします。雄は顎の下の黒いエプロンがクッキリとブドウ色に入る。反面雌は黒いエプロンとブドウ色の境目がぼんやりとしている。。。 それ以外は雄雌の見分けは殆どつきません。。

繁殖地のユーラシア、カムチャッカでは黄色が主で、赤が希少価値といわれているようですが、日本では全く逆のようです。その希少価値を追って! 漸くその容姿をファインダーにで捉えることが出来ました。。。。 嬉しさ百倍! 黄色の方が翼が黄色と黒と白でカラフルに見えます。

そういえば、”当たり年”という言葉がありますが、それは連雀から由来するそうで、北海道の大雪などで一度に100羽以上が飛来することがあるそうですが、そのように沢山飛来する年を ”当たり年”と呼ぶようになり、この言葉が出来たそうです。自分にとりましては数は少なくても、同じ場所で赤と黄色に出会えるとは、正に”当たり年”です!==>(その2)へ続く 

画像上をワンクリック! 150%に拡大してご覧ください。


黄色が見つかりました! 木の上のほうで、ゆったりと寛ぎのひととき。。。。DSC_3099-01.jpg

赤軍団から少し離れて。。。。DSC_2587-01.jpg

両方の翼の先にもっと黄色が目立つと思っていたのですが、意外にシンプル。。。。DSC_3064-01.jpg

枝の先に移って、可愛く囀り始めました。”ぴ~ぴ~ィ~ ピイイイイイ” 細く長く仲間への合図? 長い胴のブドウ色がなんとも言えない!クリッとした大きな目が可愛い!DSC_3101.jpg

仲間の赤がその鳴声に答えている。。。。 じっと合言葉に聞き入る黄色くん。DSC_3103.jpg

尾羽が綺麗な黄色でまとまって。。 冠羽もシッカリ立てて、 カッコいいいまどきのイケメン!DSC_3104.jpg

黄色クンの寛ぎのひと時。。。 目がクリッとして、ホントに可愛い!! ==>(その2)へ続く DSC_3105.jpg

blog 気に入っていただけましたら、下段の{野鳥}(にほんブログ村)をクリックお願いします!

にほんブログ村



コメント

非公開コメント

プロフィール

Su~chan

Author:Su~chan
私の名前は「Su~」です。”Su~chan”と呼んでください。
相模原市在住。

最新記事
最新コメント
カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR