FC2ブログ

ハチジョウツグミの漫歩 (その1) 横浜の自然公園にて

ハチジョウツグミの散歩(その1)横浜の自然公園にて 
青空に跳ねる・・・

ハチジョウツグミが唯一羽、渡りの途中の羽根休め・・・に、この公園にやってきてくれました。
全身、渋い茶褐色に包まれて仕草も普通のツグミにとても良く似ています。あまり目立つ🐦ではありませんが、渡りの時節にしか見られない貴重な鳥!ということで多くのCMが訪れて。
 
枯芝の上をチョコチョコと這い廻っては地表を突つき好物の虫を誘きだす。地上での徘徊を繰り返し。。。退屈な時間を強いられての我慢比べ。。漸く見晴らしの良い切り株に上ってくれました。 ==>(その2)へ続く 


ハチジョウツグミの城太郎(と名付けました)。
DSC72_7242 (2)

良き眺めじゃア!
DSC72_7252 (2)

ヒョイっと~~~ℋ
DSC72_7256 (2)

狙いを定めて・・・
DSC72_7258 (2)

近くの杭に。。。
DSC72_7273 (2)

公園の整備をしたのでしょうか?
DSC72_7291 (2)

こんな切り株があちこちに。。
DSC72_7295 (2)

城太郎の・・・
DSC72_7296 (2)

格好の・・・
DSC72_7302 (2)

休みどころ!
DSC72_7303 (2)

餌処をさがして・・・・   この辺がいいかなァ~~  
DSC72_7304 (2)

たちまち虫をゲット!
DSC72_7319 (2)

お腹の茶褐色が色濃く出て・・
DSC72_7323 (2)

この色が薄いと・・・
DSC72_7325 (2)

八畳(ハチジョウ)でなくて・・・
DSC72_7363 (2)

四畳半ツグミ・・・ になってしまいますう。。。
DSC72_7413 (2)

城太郎の漫歩はまだまだ続きます。     ==>(その2)へ続く
DSC72_7493 (2)

(2017/06/22撮)NikonD5 NK200--500mm
最新ブログは「カテゴリ」の最下段から順次上方に!
【野鳥】ランキングに参加してます! 好かったらポチッとご協力お願い申し上げます! m(_ _)m

ミコアイサ 光と水の芸術 (その5・最終章) 相模の堤にて

ミコアイサ 光と水の芸術 (その5・最終章) 相模の堤にて
健志郎は水上の芸術家!

相模の堤・・ こんな近くで“水上の芸術家”に逢えるとは! これまで、ミコアイサを追って関東六県を彷徨い・・漸く見つけたかと見れば遥か彼方に。。。 米粒程度にしかお目にかかれなかったのに。。手負を負ってか? 仲間から離れ、たった一羽、相模の川に降り立った迷える子羊。。。 

が、他の水鳥仲間に混じって楽しく初夏の水に興じておりました。 何よりも、予想だにしなかった水面に描く美しい“波紋絵”には感動の連続。 健志郎画伯! と命名させていただくことに。 いつまでも、この堤に留まって我らの人気者になって欲しい・・・。。。    (完)


水面に・・・
DSC61_6762 (2)

美しい波紋絵を描く・・・
DSC61_6763 (2)

健志郎。
DSC61_6764 (2)

健志郎画伯! と呼ばせてください。
DSC61_6768 (2)

これまで、遥か彼方に・・・・
DSC61_6780 (2)

米粒程度しか・・・
DSC61_6782 (2)

お目にかかれなかった・・・
DSC61_6789 (2)

巫女アイサ。
DSC61_6809 (2)

こんな近場で・・・
DSC61_6868 (2)

お目にかかれるとは!
DSC61_6940 (2)

手負を負って、仲間から離れたった一人で降り立った・・・・
DSC61_6943 (2)

相模の堤。。。
DSC61_6951 (2)

が、先客の鳥仲間にも暖かく迎えられ・・・
DSC61_7042 (2)

この分では・・・ 傷の癒やしも・・・
DSC61_7170 (2)

すぐに治りそう・・・
DSC61_7185 (2)

ゆっくり養生して、無事の旅立ちを祈るばかりです。
DSC61_7213 (2)

亀にまで歓迎されていました。   (完)
DSC32_4662 (2)

(2017/06/21撮)NikonD5 NK200--500mm
最新ブログは「カテゴリ」の最下段から順次上方に!
【野鳥】ランキングに参加してます! 好かったらポチッとご協力お願い申し上げます! m(_ _)m


ミコアイサ 光と水の芸術(その4)相模の堤にて

ミコアイサ 光と水の芸術 (その4) 相模の堤にて
健志郎は水上のPainter!

“水上のPainter” もうかれこれ二時間も水面に絵を描いている。 ようやく丘に上がり骨休みの甲羅干し・・ のようです。しっとり濡れた体を乾かす間もなく、再び水面の人に・・・ 
また波紋絵を描き始めるのでしょうか。。。    ==>(その5・最終章)へ続く


健志郎が陸に上がって・・・
DSC51_6668 (2)

束の間の・・
DSC51_6686 (2)

甲羅干し・・・
DSC51_6690 (2)

純白の頬に・・・
DSC51_6695 (2)

目を覆い隠すかのように・・・
DSC51_6706 (2)

大きな黒斑。   その中に光るヒトミ!
DSC51_6718 (2)

正に、洋上のパンダ!
DSC51_6730 (2)

パンダ👀健志郎・・・
DSC51_6732 (2)

水に帰り・・・
DSC51_6733 (2)

再び、水上の・・・・
DSC51_6734 (2)

画伯に変身
DSC51_6735 (2)

健志郎の水のひと掻きが・・・
DSC51_6738 (2)

美しい波紋絵を創り出す。。。
DSC51_6745 (2)

揺れる波間に・・・
DSC51_6747 (2)

陽の光が斑模様を変える。・・・
DSC51_6750 (2)

DSC51_6753 (2)

健志郎の魅力、ここにあり!    ==>(その5・最終章)へ続く
DSC51_6757 (2)

(2017/06/21撮)NikonD5 NK200--500mm
最新ブログは「カテゴリ」の最下段から順次上方に!
【野鳥】ランキングに参加してます! 好かったらポチッとご協力お願い申し上げます! m(_ _)m



ミコアイサ 光と水の芸術 (その3) 相模の堤にて

ミコアイサ 光と水の芸術 (その3) 相模の堤にて
健志郎は水上のPainter!

“水上のPainter” の筆が水面を撫でる度に美しい波紋絵がキャンバスに広がる・・・
健志郎の👣はまるで魔法の筆! こんな近くでお目にかかれたミコアイサ。

水面を走る筆の動きを目の前で看れる幸せ感は筆舌に堪えません。  
 ==>(その4)へ続く


水面に広がる・・・・
DSC31_5312 (2)

美しすぎる波紋絵・・・
DSC31_5324 (2)

しばし・・・
DSC31_5327 (2)

身体に着いた水玉を・・・
DSC31_5329 (2)

気持ちよさそうに・・・
DSC31_5332 (2)

振り払う・・・・
DSC31_5335 (2)

羽ばたき。。
DSC31_5339 (2)

波紋絵が消えて・・・
DSC31_5341 (2)

水面を藍色に塗って・・・・
DSC31_5344 (2)

画家・健志郎の瞳がキラリ!
DSC31_5346 (2)

水切りが終わると・・・
DSC31_5354 (2)

キャンバスには・・・・
DSC31_5357 (2)

再び・・・
DSC31_5361 (2)

波紋絵が・・・
DSC31_5365 (2)

どこまでも・・・・
DSC31_5366 (2)

美しく広がる・・・
DSC31_5368 (2)

画伯の波紋絵に酔いしれるひと時でした。。。    ==>(その4)へ続く
DSC31_5371 (2)

(2017/06/21撮)NikonD5 NK200--500mm
最新ブログは「カテゴリ」の最下段から順次上方に!
【野鳥】ランキングに参加してます! 好かったらポチッとご協力お願い申し上げます! m(_ _)m


ミコアイサ 光と水の芸術 (その2) 相模の堤にて

ミコアイサ 光と水の芸術 (その2) 相模の堤にて
健志郎は水上のPainter!

陽光が燦燦と注がれる澄みきった水をかき混ぜ、大きな足ヒレで描く華麗な波紋の絵模様。
正に“水上のPainter”! 滅多にお目にかかれない・・ 陽光と清流が孤もし出すコラボ。

その瞬間を逃さず、“水上の絵描き”がこれほどまでに美しい絵模様を描き上げるとは! 
“水面に浮かぶ芸術家”に引き寄せられて、思わずシャッターを押し忘れそう・・ 
==>(その3)へ続く


水上のPainter!
DSC21_5251 (2)

無風に澄んだ水面に・・・・
DSC21_5254 (2)

陽光が差し込んで・・・
DSC21_5256 (2)

青空に散る雲が水面に落ちる・・・
DSC21_5257 (2)

健志郎の絵筆の足ヒレが・・・・
DSC21_5259 (2)

水面をかき混ぜると・・・
DSC21_5267 (2)

そこには妖艶な・・・
DSC21_5276 (2)

波紋の・・・・
DSC21_5277 (2)

うず絵模様が・・・
DSC21_5284 (2)

浮かび上がる!
DSC21_5288 (2)

正に、水上の芸術家・・・
DSC21_5291 (2)

健志郎の・・
DSC21_5292 (2)

作品なり!
DSC21_5293 (2)

次から次へと・・・・
DSC21_5294 (2)

変化する絵模様!   美しくて時間を忘れてしまいます。    ==>(その3)へ続く
DSC21_5304 (2)

(2017/06/21撮)NikonD5 NK200--500mm
最新ブログは「カテゴリ」の最下段から順次上方に!
【野鳥】ランキングに参加してます! 好かったらポチッとご協力お願い申し上げます! m(_ _)m




ミコアイサ 光と水の芸術 (その1) 相模の堤にて

ミコアイサ 光と水の芸術(その1)相模の堤にて
水面に揺れる陽射しが美しく乱れて・・

初夏の陽ざしが燦燦と降りそそぐ川面。風もなく、澄みきった水面の静寂を破って遊ぶミコアイサが一羽。 揺れる水面に絵の具を垂らしたような美しい絵模様が創り出され・・ 

巫女の浮く水面は、まるで“光と水の織りなす芸術”の世界に変貌。 しばし、そんな美しい幻想の世界に浸らせてもらうことに。。==>(その2)へ続く


ミコアイサの健志郎。   水面が葦の枯れ木色に彩られ・・・
DSC11_5067 (2)

静かに水を掻き・・・
DSC11_5095 (2)

川の中央に・・・
DSC11_5186 (2)

春の陽ざしが燦燦と降りそそぐ水面に・・・・ 
DSC11_5188 (2)

絵の具を散りばめたように…・
DSC11_5190 (2)

青く澄んだ川の水に・・・
DSC11_5199 (2)

溶け込んで・・・
DSC11_5206 (2)

飽くなき・・・・
DSC11_5212 (2)

健志郎の・・・・・
DSC11_5215 (2)

寛ぎに・・・
DSC11_5216 (2)

青き水面が・・・
DSC11_5228 (2)

美しく乱れて・・・
DSC11_5229 (2)

川面の・・・・
DSC11_5230 (2)

絵模様を創り出す。。
DSC11_5231 (2)

これぞ・・・
DSC11_5237 (2)

水と光の織りなす・・・
DSC11_5242 (2)

芸術の世界。   美しい絵模様の中に・・ 健志郎が水中に浮かぶ。    ==>(その2)へ続く
DSC11_5245 (2)

(2017/06/21撮)NikonD5 NK200--500mm
最新ブログは「カテゴリ」の最下段から順次上方に!
【野鳥】ランキングに参加してます! 好かったらポチッとご協力お願い申し上げます! m(_ _)m




翡翠の寛ぎ (その2) 相模の楽園にて 

翡翠の寛ぎ (その2) 相模の楽園にて  
いつ見ても美しい漁!

カワセミ・花子の魅力をたっぷり魅せてくれるこの楽園。今日はどんな君に逢えるかナ? 逢いに来るたびに違ったポーズを見せてくれる。 

クリクリ👀の愛らしさ、朝陽を受けてどこまでも輝く翡翠色の美しさ、御大きく開いた赤い下クチバシ、枝に飛びつく可愛い赤👣。 留まり🌲めがけての真剣な眼差し。 君の全てに惚れ込みました!     (完)


小エビを咥える花子。   美しさ満開!
DSC21_9776 (3)

何か獲物が見えますか?
DSC21_9870 (2)

可愛い赤い👣!
DSC21_9889 (2)

泊まり木に・・・
DSC21_9890 (2)

飛びつく・・・
DSC21_9891 (2)

真剣な眼差し。
DSC21_9894 (2)

獲物をロックして・・・・
DSC21_9896 (2)

いざッ!
DSC21_9897 (2)

翡翠色の神秘!
DSC21_9898 (2)

水辺の・・・
DSC21_9899 (2)

宝石・・・
DSC21_9900 (3)

ここにあり!
DSC21_9901 (2)

今日は・・・・
DSC21_9909 (2)

こちらで・・・
DSC21_9912 (2)

食事しましょっ!
DSC21_9925 (2)

富山の白エビには叶わないけど。。
DSC21_9927 (2)

相模の白エビも格別よ!       (完)
DSC21_9940 (2)

(2017/06/17撮)NikonD5 NK200--500mm
最新ブログは「カテゴリ」の最下段から順次上方に!
【野鳥】ランキングに参加してます! 好かったらポチッとご協力お願い申し上げます! m(_ _)m





翡翠の寛ぎ (その1) 相模の楽園にて  

翡翠の寛ぎ (その1) 相模の楽園にて  
いつ見ても美しい漁!

ワセミの花子。この楽園の主です。恋人が見つからないまま晩春になってしまいました。
でも、彼女の美しさとダイナミックな漁には益々磨きがかかり我らの👀を楽しませてくれます。
この飛び出し! 大魚の漁をご覧あれ。
==>(その2)へ続く


いつの間にか梅雨の季節に入り・・・  
DSC11_8920 (2)

いまだ。。パートナーの見つからない花子。
DSC11_8921 (2)

でも、その美しさと・・・
DSC11_8922 (2)

華麗なる・・・
DSC11_8926 (2)

ダイビングには・・・
DSC11_8927 (2)

いつ見ても魅了されます!
DSC11_8928 (2)

そして・・・・
DSC11_9995 (2)

そのクチバシには・・・
DSC11_9717 (2)

大魚が!
DSC11_9718 (2)

口元でピチピチ跳ねる・・・
DSC11_9719 (2)

オイカワを・・・

DSC11_9720 (2)

逃ささぬように・・
DSC11_9996 (2)

しっかり・・・
DSC11_9997 (2)

咥え直して・・・・
DSC11_9998 (2)

食事処へ!    カワセミ・花子の寛ぎの漁は・・・ 今日も楽園に平和なそよ風を運んでくれます。 
==>(その2)へ続く

DSC11_9999 (2)

(2017/06/17撮)NikonD5 NK200--500mm
最新ブログは「カテゴリ」の最下段から順次上方に!
【野鳥】ランキングに参加してます! 好かったらポチッとご協力お願い申し上げます! m(_ _)m


コアジサシの子育て (その7・最終章) 多摩川の堰にて

コアジサシの子育て (その7・最終章) 多摩川の堰にて 
我が子は何処おゥゥう?・・・・

親は飽くなき漁を繰り返し、待ちわびる我が子に運ぶ・・・・ 獲物を咥えて颯爽と帰還したはいいけれど・・・ さて、我が子は何処に? 肝心の雛たちはいつもじっとしていられず動いてしまう。。。 よって、我が子を見つけるのが一苦労。。。
 
口を開いた雛が我が子? と思うと、雛の方が親を覚えているのでしょうか? 近づいて、違うと判ると開けた口を閉じソッポを向いてしまう。餌をもらえれば誰でも!と思うのは自分だけ? 雛の方が節操がありそうです。

コアジサシの子育てはもうしばらく続きます。 彼らの無事の成長と旅立ちを祈りつつ多摩川の堰を後にしました。 (完)


こちらは親の宗司(と名ずけました)。
DSC71_2938 (3)

颯爽と雛のところに・・・・
DSC71_2940 (3)

餌はこび!
DSC71_2977 (3)

食事をもってきたよう!~~~~
DSC71_2988 (2)

でもゥ・・・   口を開ける雛はいない。。。。
DSC71_2989 (2)

どうやら、一番右の雛が・・・・
DSC71_2991 (2)

我が子のようです!  ごめん・・  君たちを飛び越えて・・・
DSC71_2992 (3)

漸く我が子のもとへ! 
DSC71_2993 (2)

それにしても・・・  我が子を見分ける・・・
DSC71_2994 (3)

親子の習性は・・・  最後まで解りませんでした。。。
DSC71_2996 (2)

餌持ってきたよゥ! 別の親・ 達夫です。
DSC71_3572 (2)

が、口を開けていた雛は口を閉じてソッポを向いてしまいました。。。。
DSC71_3584 (2)

我が子は何処ゥ???
DSC71_3842 (2)

妻の育代が手助けにやってきました。。
DSC71_3843 (2)

あなたァ、 こっちよゥ!   
DSC71_3845 (2)

愛妻のおかげで、ようやく我が子が見つかりました。。。  子育ての苦労がしみじみ伝わるひと幕でした。
親子ともども、無事の旅立ちを祈りつつ多摩の堰を後にすることに。。。       (完)
DSC71_3875 (2)

(2017/06/09撮)NikonD5 NK200--500mm
最新ブログは「カテゴリ」の最下段から順次上方に!
【野鳥】ランキングに参加してます! 好かったらポチッとご協力お願い申し上げます! m(_ _)m





コアジサシの子育て (その6) 多摩川の堰にて

コアジサシの子育て (その6) 多摩川の堰にて 
華麗なるホバリング!・・・

“ 大空のバレリーナ” が水面に映る魚影をロックすると、いよいよ急降下! 空中でそのタイミングを計るべく、華麗なる“ホバリング”!  美しい翼のせいでしょうか?! 
その姿は他のどの鳥仲間よりも鮮やかで絵になります!
==>(その7・最終章)へ続く


コアジサシの茂樹(と名付けました)。   
DSC61_3104 (2)

堰の大滝の上で・・・
DSC61_3108 (2)

大胆な・・・
DSC61_3109 (2)

ホバリング!
DSC61_3114 (2)

水面に泳ぐ獲物を・・・
DSC61_3118 (2)

ロック! 
DSC61_3120 (2)

したのでしょうか!・・・
DSC61_3121 (2)

ダイビングの・・・
DSC61_3122 (2)

タイミングを・・・
DSC61_3124 (2)

図って・・
DSC61_3143 (2)

念入りの・・・
DSC61_3144 (2)

ホバリング。
DSC61_3438 (2)

茂樹の両翼が・・・・
DSC61_3444 (2)

上に・・ 下に踊る ・・・
DSC61_3451 (2)

他の鳥仲間の誰よりも美しく、ダイナミックなホバ! ・・・
DSC61_3452 (2)

いざァ・ ダイブッ!
DSC61_3462 (2)

茂樹、念入りのホバで・・   このあと、大物をゲッット!     ==>(その7・最終章)へ続く
DSC61_3466 (2)

(2017/06/09撮)NikonD5 NK200--500mm
最新ブログは「カテゴリ」の最下段から順次上方に!
【野鳥】ランキングに参加してます! 好かったらポチッとご協力お願い申し上げます! m(_ _)m




プロフィール

Su~chan

Author:Su~chan
私の名前は「Su~」です。”Su~chan”と呼んでください。
相模原市在住。

最新記事
最新コメント
カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR