FC2ブログ

イスカ Again!(その2) 初冬の山林にて

イスカ Again!(その2 ) 初冬の山林にて
逆光に映える男子・・・・

早朝に松の🌲にびっしりついた樹氷も、お昼近くになるとギラギラ光る太陽にほぼ消えて・・・・ そのテッペンに男子のイスカが一人寛いでいました。 

あっという間に飛んで、近場に来てくれました。 が、真逆光に個体はほぼ真っ黒・・・ 補正を調整し、なんとかカメラしてみましたが・・・果たして? ・・・らしく撮れたでしょうか。。。。。
==>(その3・最終章)へ続く 

 
(2017/01/07撮) NikonD4s NK200--500mm
最新ブログは「カテゴリ」の最下段から順次上方に!

早朝の松の🌲には樹氷がびっしり。。 こんなところにイスカが来てくれれば・・・
DSC212_9925.jpg

願い虚しく・・・ お昼近くになると、照り返す太陽にほぼ解けてしまって・・・
DSC212_9926 (2)

そのテッペンに男子が寛いでいたのですが。。。 カメラを向けると同時に飛んでしまいました。。
DSC212_1435 (3)

幸いなことに、かなり近いところに留まってくれたのですが・・・・
DSC212_1442 (2)

真逆光で。。。。   👀が全く出ない。。。
DSC212_1452 (2)

急きょ、補正を大幅に+(プラス)調整してみたのですが・・・・。。。。
DSC212_1455 (2)

目がほとんど見えません。。。。
DSC212_1456 (2)

男子の芭蕉(と名付けました)。
DSC212_1457 (2)

新芽の蕾を啄んで・・・
DSC212_1459 (2)

この精悍な・・・
DSC212_1463 (2)

クチバシ!
DSC212_1472 (2)

ボタンの掛け違いの・・・
DSC212_1503 (2)

どう見ても・・・
DSC212_1504 (2)

不揃いの・・
DSC212_1507 (2)

クチバシ!       ==>(その3・最終章)へ続く
DSC212_1515 (2)

【野鳥】ランキングに参加してます! 好かったらポチッとご協力お願い申し上げます! m(_ _)m



イスカ Again!(その1)初冬の山林にて

イスカ Again!(その1)初冬の山林にて
目の前にふらっと!

初冬の雪降る時季というのに山には松の🌲の伐採工事が始まっていた。どうやら公園の見晴らし台を広げるらしい。。。 二週間前に子育てのイスカを撮った林道・山側の松の木が伐採され、山の様子がすっかり変わってしまっていた。 折角のイスカのポイントが無くなってしまった。。。 ここはイスカの楽園なのに。。。 どうして? 

意気消沈のうちに・・・ それでも林道にカメラを立て、当てもなく待ち続けると・・、鳴き声もなくふらっと一羽の鳥が目の前に留まった。 シメ?・・ には興味なし。 あまりに長く留まっているので時間つぶしに… とファインダーを覗くと、なんと“イスカ”の女史ではありませんか!  
==>(その2)へ続く 


(2017/01/07撮) NikonD4s NK200--500mm
最新ブログは「カテゴリ」の最下段から順次上方に!

鳴き声もなく、ふらっとやってきた鳥はシメではなくて・・・
DSC211_1384 (2)

イスカの女子でした!
DSC211_1385 (2)

市子(と名付けました)
DSC211_1389 (2)

松の🌲伐採で・・・ 意気消沈していた我らを・・
DSC211_1392 (2)

慰めてくれるかのように・・・   優しいまなざし
DSC211_1393 (2)

下方に飛んで・・・
DSC211_1395 (2)

いつもなら・・・
DSC211_1405 (2)

家族ぐるみでくるのに・・・
DSC211_1409 (2)

ッたった一人で。。。
DSC211_1414 (2)

束の間の休息?
DSC211_1418 (2)

反りの合わないクチバシが面白い!
DSC211_1428 (2)

感激の ”イスカ Again!” でした。     ==>(その2)へ続く
DSC211_1430 (2)

【野鳥】ランキングに参加してます! 好かったらポチッとご協力お願い申し上げます! m(_ _)m

オオマシコ 樹氷に遊ぶ (その10・最終章) 初冬の山林にて

オオマシコ 樹氷に遊ぶ (その10・最終章) 初冬の山林にて
猿子の魅力をもう一度!

大好物の実は樹氷を戴いた條々に鈴なりに・・・・ 猿子がファインダーに収まり切れない近さで食事を始めました。こうして近くで観ると、猿子の魅力が一層引き立って! 華麗なる赤猿顔の深紅色が際立つ・・・ 

浸み入る冷たさに、シャッターを押す指もかじかんで感覚を失うほど。。。手に押し付けるカイロさえ熱が伝わってこない。。-10℃・・ そんな極寒の空気さえも吹き飛ばすほどの充実感に満ちつつ、初冬の山を後にすることが出来ました。 (完)


(2017/01/07撮) NikonD4s NK200--500mm
最新ブログは「カテゴリ」の最下段から順次上方に!

男子・猿吉(となづけました)が目の前にやってきました。
DSC111_1228 (3)

樹氷の枝には萩の実がびっしりと!・・・
DSC111_1230 (3)

早速、食事にひと口・・・
DSC111_1238 (3)

🐎かァ!  至福のひと時
DSC111_1239 (4)

ひたすら・・・
DSC111_1260 (3)

好物の実を啄む!
DSC111_1274 (3)

まん丸のアタマ・・・
DSC111_1277 (3)

カッワイイ! としか言葉が浮かばない・・・
DSC111_1279 (3)

魅力満載の猿顔!
DSC111_1282 (3)

しきりに・・・
DSC111_1294 (3)

朝食を楽しんで!
DSC111_1295 (3)

アタマがこんなに大きいとは・・・  知らなんだ!
DSC111_1302 (3)

深紅の体・・
DSC111_1316 (3)

これぞ猿子の・・・
DSC111_1318 (3)

魅力なり!
DSC111_1319 (3)

この冬は・・・
DSC111_1320 (3)

この山で越冬するのでしょうか?  この冬、君たちにもう一度会いに来ることを誓って!   (完)
DSC111_1324 (3)

【野鳥】ランキングに参加してます! 好かったらポチッとご協力お願い申し上げます! m(_ _)m


オオマシコ 樹氷に遊ぶ (その9) 初冬の山林にて

オオマシコ 樹氷に遊ぶ (その9) 初冬の山林にて
大好物の実は霜げずに・・・

猿子が萩の実にやってきました。ホントに不思議なことに〝実”だけは霜げることなく枝にびっしりと。 驚き!雪深いこんな山奥の山林に、神様は鳥たちの食料をちゃんと備えてくれているのでした。 実を美味しそうに食む猿子。名前とは正反対に可愛いものです。

彼らの食事風景をこんなに近くで観れるなんて! 初冬の山林に心から感謝! 寒さと時間の経つのを忘れそうです。  ==>(その10・最終章)へ続く


(2017/01/07撮) NikonD4s NK200--500mm
最新ブログは「カテゴリ」の最下段から順次上方に!

男子の翔平が・・ 
DSC91_1102 (3)

しきりに・・・
DSC91_1103 (3)

萩の実を食んでます。
DSC91_1109 (2)

近くには女子の萩子も!
DSC91_1127 (3)

不思議なことに・・・
DSC91_1131 (3)

すっかり樹氷に覆われた・・・
DSC91_1141 (2)

枝に着く実だけには・・・
DSC91_1155 (2)

霧氷が着きません。
DSC91_1162 (2)

翔平は、難なく・・・
DSC91_1171 (3)

好物の実を・・
DSC91_1172 (3)

見つけることが出来るのです!
DSC91_1182 (3)

邪魔をする天敵もゼロ!
DSC91_1187 (3)

食料も全く心配なし!
DSC91_1191 (3)

一心不乱に・・・
DSC91_1195 (3)

食事を・・・
DSC91_1198 (3)

楽しんで!
DSC91_1200 (3)

正に、ここは猿子の楽園なり!     ==>(その10・最終章)へ続く
DSC91_1206 (2)

【野鳥】ランキングに参加してます! 好かったらポチッとご協力お願い申し上げます! m(_ _)m



オオマシコ 樹氷に遊ぶ (その8) 初冬の山林にて

オオマシコ 樹氷に遊ぶ (その8) 初冬の山林にて
雪の上に戯れて・・・

猿子の名前の由来は、ニホンザルの赤ら顔と様相もそっくりなところからきているそうですが、正月のオトソ気分の赤ら顔にもたとえられ新年早々から猿子に逢えるととても縁起がいィ! とされています。 今年も良い年になりそうな予感!?

雪の上にい舞い、萩の実を咥える猿子の“赤ら顔”は見れば見るほどニホンザルの赤顔を彷彿させます。 ==>(その9)へ続く


(2017/01/07撮) NikonD4s NK200--500mm
最新ブログは「カテゴリ」の最下段から順次上方に!

白い絨毯に佇む夕起夫。。
DSC81_0333 (3)

そして・・  ホップ!
DSC81_0340 (2)

ステップ!
DSC81_0345 (3)

ジャンプッ!
DSC81_0349 (3)

軽やかなステップで・・・   み~~つけた!
DSC81_0369 (3)

女子の記理子も一緒・・
DSC81_0123 (3)

🐎旨かァ!
DSC81_0371 (3)

口に咥えて軽やかに・・・
DSC81_0376 (3)

夕起夫のステップは止まりませんs。。
DSC81_0387 (3)

それにしても、ニホンザルの赤顔に・・・
DSC81_0389 (4)

そっくり!
DSC81_0390 (4)

とても、べニマシコ、ギンザンマシコの赤の比ではない。。
DSC81_0397 (3)

そして、ノーブルな顎鬚!
DSC81_0409 (3)

やや? 仲間がやってきた!
DSC81_0411 (3)

どうやら、沢山実がありそうな気配?
DSC81_0412 (3)

仲間に入れてェwェ!
DSC81_0418 (3)

いいよ、ついといでェ!   気のいィ夕起夫でした。   ==>(その9)へ続く
DSC81_0427 (2)

【野鳥】ランキングに参加してます! 好かったらポチッとご協力お願い申し上げます! m(_ _)m



オオマシコ 樹氷に遊ぶ (その7) 初冬の山林にて

オオマシコ 樹氷に遊ぶ (その7) 初冬の山林にて
雪の上に戯れて・・・

猿子が、またまた雪の上にい舞い降りて・・・ 山林沿いにたわわに実る萩の実が風に煽られパラパラと林道に散る。。 真っ白な雪の上に、それを目敏く見つけてみんなでやってくる。。 雪の上をひょいひょいと千鳥足・・ そのステップが滑稽で面白くて・・・・ いかにも楽しそう! ==>(その8)へ続く

(2017/01/07撮) NikonD4s NK200--500mm
最新ブログは「カテゴリ」の最下段から順次上方に!

男子の夕起夫(と名付けました)が仲間と雪の上にやってきました。
DSC71_0257 (3)

降ったばかりの雪の上に…・
DSC71_0258 (3)

風の吹くまま、チラリホラリと萩の実がこぼれる。。
DSC71_0263 (3)

首を竦め・・・
DSC71_0267 (3)

前かがみになって・・・
DSC71_0269 (3)

美味しい実を探す・・・・
DSC71_0270 (4)

首を長くして・・
DSC71_0275 (3)

見つけたァ!
DSC71_0278 (3)

ヒョイッ!
DSC71_0286 (3)

ここでゆっくり戴くことに・・・!
DSC71_0296 (3)

また、雪上に戻って・・・
DSC71_0303 (3)

軽やかジャンプ!
DSC71_0309 (3)

ホップ・・・
DSC71_0314 (3)

ステップ・・
DSC71_0315 (3)

ジャンプ!
DSC71_0320 (3)

千鳥足で・・・
DSC71_0325 (4)

猿子ダンス!   まだまだ続きます。    ==>(その8)へ続く
DSC71_0326 (3)

【野鳥】ランキングに参加してます! 好かったらポチッとご協力お願い申し上げます! m(_ _)m


オオマシコ 樹氷に遊ぶ (その6) 初冬の山林にて

オオマシコ 樹氷に遊ぶ (その6) 初冬の山林にて
銀の枝に舞い、踊り・・・

赤毛のの猿子が銀の枝に舞い、踊る姿が何とも言えません。 普段、闇雲に猿子を包みこむうっとうしい枝々が銀色に変わるとき、それらは猿子を銀幕の世界に招き入れる最高の演出となり!・・・  思わず、うっとり。 ==>(その7)へ続く

(2017/01/07撮) NikonD4s NK200--500mm
最新ブログは「カテゴリ」の最下段から順次上方に!

ハンサム銀次郎(と名付けました)がやってきました。
DSC61_1004 (2)

この辺は・・・
DSC61_1015 (2)

好物の実が・・・
DSC61_1021 (2)

あんまり・・・・
DSC61_1030 (2)

ないでやァ・・・
DSC61_1036 (2)

銀次郎、萩の実を探がして。。。。
DSC61_1046 (2)

枝から・・・
DSC61_1050 (2)

枝に・・・
DSC61_1053 (2)

舞い・・ 
DSC61_1054 (2)

踊り・・
DSC61_1057 (2)

萩の実は~~~
DSC61_1058 (2)

何処だァァァあ~~
DSC61_1071 (2)

どうやら・・・
DSC61_1088 (2)

留まった枝が良くなかったようだ。。。。
DSC61_1089 (2)

ならば・・・ チョット・・
DSC61_1091 (2)

場所を変えてェェえ・・・ ッと
DSC61_1092 (2)

銀粉を散らして、近くに枝へ!  こちらも朝食に余念がないようです。   ==>(その7)へ続く
DSC61_1093 (2)

【野鳥】ランキングに参加してます! 好かったらポチッとご協力お願い申し上げます! m(_ _)m


オオマシコ 樹氷に遊ぶ (その5) 初冬の山林にて

オオマシコ 樹氷に遊ぶ (その5) 初冬の山林にて
オオマシコの魅力は・・・

オオマシコの魅力は・・・ 何と言っても、男子の“真っ赤な体”と“顎に生える白いエプロン”!ダーウインの“髭爺”を思い起こす。どんなに見ていても飽きることが無い。 

真っ白にお化粧をした萩の美しさが猿子の魅力を幾重にも引き出してくれて! どんなに見ていても飽きることが無い。 ==>(その6)へ続く


(2017/01/07撮) NikonD4s NK200--500mm
最新ブログは「カテゴリ」の最下段から順次上方に!

猿子の魅力は・・・  この赤!
DSC51_0927 (2)

そして、顎に掛けた白いエプロン!
DSC51_0942 (2)

その白いエプロンも・・
DSC51_0944 (2)

樹氷が付いたみたいにけばけばしい。。。
DSC51_0947 (2)

萩の実をたべるにも・・・

DSC51_0949 (2)

上品な利!
DSC51_0950 (2)

それにしても・・・
DSC51_0951 (2)

この白髭・・・・
DSC51_0952 (2)

髭剃りで・・・
DSC51_0954 (2)

反り落としてみたい! ・・
DSC51_0976 (2)

懸命に実を採る益次郎(となづけました)。
DSC51_0977 (2)

真っ白な・・・
DSC51_0979 (2)

DSC51_0980 (2)

猿子の魅力を・・・
DSC51_0981 (2)

一層、引き立たせてくれる。。
DSC51_0990 (2)

どこまでも・・ 
DSC51_0997 (2)

美しくって!       ==>(その6)へ続く
DSC51_1001 (2)

【野鳥】ランキングに参加してます! 好かったらポチッとご協力お願い申し上げます! m(_ _)m




オオマシコ 樹氷に遊ぶ (その4) 初冬の山林にて

オオマシコ 樹氷に遊ぶ (その4) 初冬の山林にて
朝食に勤しむマシコ・・・

白銀の樹氷に咲く赤い花! 赤猿が樹氷に舞い、踊る・・正に“幻想の世界”! 霧氷がびっしりついた萩の枝々・・・不思議なことに実だけには霧氷が着かず裸のまま残って・・

お蔭で、猿子も難なく実を見つけることが出来るのです。楽しそうな朝食のひととき。この時季にしか見られない自然界の贈り物! 希少な猿子と樹氷のコラボをじっくり楽しませてもらうことに。 ==>(その5)へ続く  


(2017/01/07撮) NikonD4s NK200--500mm
最新ブログは「カテゴリ」の最下段から順次上方に!

男子の万寿夫が朝食に勤しんでいる・・・
DSC41_0861 (2)

摩訶不思議!
DSC41_0862 (2)

枝枝にびっしりついた霧氷でも・・・
DSC41_0864 (2)

萩の実だけにはついてない!
DSC41_0865 (2)

ヨッコラショット! ・・・
DSC41_0867 (2)

そして、この睨み! 
DSC41_0868 (2)

こちらは女史の羽木子。   仕草が可愛らしいィィい
DSC41_0872 (3)

口に一杯咥えて・・・
DSC41_0873 (2)

🐎(旨)か!
DSC41_0874 (2)

銀嶺に舞い・・・
DSC41_0887 (2)

遊び・・
DSC41_0890 (2)

踊る・・・
DSC41_0899 (2)

この塊の中も・・・
DSC41_0900 (2)

食べられるかナァ?
DSC41_0908 (2)

( ゚д゚)ウムゥ!
DSC41_0909 (2)

羽木子の朝食・・
DSC41_0917 (2)

至福のひと時です!  ==>(その5)へ続く
DSC41_0920 (2)

【野鳥】ランキングに参加してます! 好かったらポチッとご協力お願い申し上げます! m(_ _)m



オオマシコ 樹氷に遊ぶ (その3) 初冬の山林にて

オオマシコ 樹氷に遊ぶ (その3) 初冬の山林にて
銀嶺に踊る!・・・

網の目のように細かく空間を埋める萩の枝枝・・・ その中に入る猿子。 もし枝枝に樹氷がついていなかったら、猿子は単に枝被り・・・ 絵にもならない。。 が、樹氷は決して枝被りではなく猿子の表情を一層美しく塗り替えてくれる。 

本章では、そんな樹氷の中に戯れる猿子の表情をガッツリと楽しんでください! 
 ==>(その4)へ続く


(2017/01/07撮) NikonD4s NK200--500mm
最新ブログは「カテゴリ」の最下段から順次上方に!

樹氷の林の中に猿子がポツンねんと・・・
DSC31_0778 (3)

樹氷の猿子に・・・
DSC31_0790 (2)

枝被りは氷霜の・・・
DSC31_0791 (2)

模様となって・・・・
DSC31_0792 (2)

猿子を・・・
DSC31_0809 (2)

飾ってくれる。。
DSC31_0814 (2)

まるで・・・
DSC31_0816 (2)

白頭巾を・・・・
DSC31_0828 (2)

被っているかのよう・・・
DSC31_0829 (2)

樹氷が枝についていなかったら・・・
DSC31_0847 (2)

単なる・・・
DSC31_0848 (2)

枝被り。。。
DSC31_0852 (2)

の猿子。。 になってしまう。
DSC31_0853 (2)

不思議なことに・・・
DSC31_0856 (2)

凍てつく萩の実には・・・
DSC31_0859 (2)

氷霜もついていないのです ・・・    ==>(その4)へ続く
DSC31_0860 (2)

【野鳥】ランキングに参加してます! 好かったらポチッとご協力お願い申し上げます! m(_ _)m





プロフィール

Su~chan

Author:Su~chan
私の名前は「Su~」です。”Su~chan”と呼んでください。
相模原市在住。

最新記事
最新コメント
カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR