FC2ブログ

アオサギの漁 日本一の干潟にて  

アオサギの漁 日本一の干潟にて  
干潟の住人もいるでよ・・・

渡りの鳥あれば、干潟の住人もいる。 ミサゴが獲物に格闘しているすぐ近くにアオサギがやってきた。アオサを、のそ~~と覗き込み・・・ 何かを狙っている気配。  水面はアオサがギッシリ敷き詰められ水面も見えない。

そんなところに何気なくカメラを向けていると、 突然、アオサの中に 顔を突っ込んで。。 
持ち上げた口の先にはアオサに紛れた魚が! どうしてこんな芸が出来るんだろう?・・・
アオサギの漁に感動! これこそ、鳥たちの生きる力! (完) 


(2016/11/10撮) NikonD300s NK200--500mm
最新ブログは「カテゴリ」の最下段から順次上方に!

アオサギ金蔵(と名付けました)がアオサの上を・・・   のそり~~
DSC21_9767 (2)

ノソリ・・・・  足の運びを見てください。。
DSC21_9769 (2)

と、いきなり顔をアオサの中に!
DSC21_9770 (2)

アオサの中に顔を埋めたまま・・・
DSC21_9771 (2)

暫く出てこない。
DSC21_9772 (2)

漸く挙げた口先には ・・・
DSC21_9773 (2)

アオサ?
DSC21_9774 (2)

いや、アオサの他に魚の尾が・・・
DSC21_9776 (2)

なんと、こんなに大きな魚が!
DSC21_9780 (2)

アオサの陰に潜んでいた魚を見事に捕らえて・・・
DSC21_9784 (2)

正に、感動するばかり!    (完)
DSC21_9786 (2)

【野鳥】ランキングに参加してます! 好かったらポチッとご協力お願い申し上げます! m(_ _)m



ミサゴのでっかい獲物 日本一の干潟にて  

ミサゴのでっかい獲物 日本一の干潟にて  
食事処はここでした!・・・

海から干潟の一番先端にミサゴらしき鳥がパタパタと翼を震わせ飛んできた。よく見ると、鮭?と思うほどの大魚を掴んで重そうに干潟を旋回し始めたのです。あまりにも大きい魚!大魚を抱えてどこに?シャッターを押してみたもののあまりの遠さに米粒のようにしか写らない。

暫く周辺を旋回すると、干潟の中央付近に立つ杭に着地。 そう、ここ干潟は海での獲物を食べる食事処だったのです!徐に杭の上に載せ、頭から ”ガブリッ”❣ 美味しそうにクチバシを動かし始めた。。 暫くシャッターを押し続けてみましたが、とても短時間では終わりそうにない。。  途中でギヴアップ、移動することに・・・  

帰りがけに見てみると、日が暮れる4時半を回るというのに、まだ杭の上でクチバシを動かしておりました。 いつもなら、途中でカラスに横取りされるのですが、今日はカラスもいない。 このままでは今夜一杯はかかるのでは? カメラ的には全滅でしたが。。 大魚を料理するミサゴの食事風景! ということで。。  (完)


(2016/11/10撮) NikonD300s NK200--500mm
最新ブログは「カテゴリ」の最下段から順次上方に!

干潟の先端にミサゴが・・・・
DSC11_9056 (2)

大きな獲物を掴んで・・・
DSC11_9058 (2)

海から戻ってきたァ?
DSC11_9059 (2)

それにしても大きな魚!
DSC11_9061 (2)

それを見るサギもビックリ!・・・・

DSC11_9063 (2)

次第に干潟に降りてきた・・・
DSC11_9065 (2)

どうやら子の杭に・・・
DSC11_9066 (2)

着地!
DSC11_9071 (3)

ここが・・・
DSC11_9074 (2)

彼の食事どころ!
DSC11_9088 (2)

それにしても大きな魚をとったもんだ!
DSC11_9091 (2)


食べ方が面白い・・・  
DSC11_9418 (2)

まず、頭を平らげて・・・
DSC11_9428 (2)

そこから中へ掘り下げて・・・・
DSC11_9429 (2)

一体、尻尾までたどり着くにはいつまでかかるのでしょうか。。。 とても付き合うことが出来ません。   
DSC11_9460 (2)

ミサゴの下に広がる・・・
DSC12_9802 (2)

アオサにはウミネコが・・・       ミサゴの獲物があまりに大きくて・・・・   (完)
DSC12_9819 (2)

【野鳥】ランキングに参加してます! 好かったらポチッとご協力お願い申し上げます! m(_ _)m


キアシシギの寛ぎ (その2) 日本一の干潟にて  

キアシシギの寛ぎ (その2) 日本一の干潟にて  
ボクの好物は蟹!・・・

海に囲まれた日本の国。 干潟は全国に余多ありますが、この干拓は特に多くの渡鳥🐦に人気のようです。  正に、渡り鳥の楽園! 季節ごとに楽しませてくれます・・ 

どうやら麟太郎が漁を始めたようです。。 生憎、咥えた蟹をはっきりカメラすることが出来ませんでしたが、オオソリハシと同じように、捕らえた獲物はちゃんと洗って食べるのでした。 人間に近いところが見え・・ どことなく親しみが湧いてきます。   (完) 


(2016/11/10撮) NikonD300s NK200--500mm
最新ブログは「カテゴリ」の最下段から順次上方に!

水面を見つめる・・・
DSC51_0623 (2)

麟太郎の👀が・・・
DSC51_0627 (2)

一段と鋭くなったかと思ったら・・・
DSC51_0631 (2)

もう、口には蟹が!・・
DSC51_0633 (2)

川で言えば沢蟹でほうか?・・・
DSC51_0646 (2)

さてっと・・・
DSC51_0649 (2)

早速いただくことに。。。。
DSC51_0650 (2)

その前に・・・
DSC51_0652 (2)

こうして洗って・・・
DSC51_0653 (2)

綺麗にしてから、ぱっくり!
DSC51_0655 (2)

🐎旨か!  
DSC51_0656 (2)

引き潮に・・・
DSC51_0657 (2)

アオサの残る・・・
DSC51_0660 (2)

浅瀬には・・
DSC51_0665 (2)

沢山の子蟹が・・・
DSC51_0668 (2)

集まるようです。。
DSC51_0669 (2)

ん?  又見つけたかナ!   麟太郎の👀が輝きます。     (完)
DSC51_0670 (2)

【野鳥】ランキングに参加してます! 好かったらポチッとご協力お願い申し上げます! m(_ _)m


キアシシギの寛ぎ (その1) 日本一の干潟にて  

キアシシギの寛ぎ (その1) 日本一の干潟にて  
飾らない冬羽・・・・

干拓に遊ぶオオソリハシシギを撮っていると、すぐそばにキアシシギがやってきました。 冬羽とあって全身が灰褐色に覆われ、地味な中に可愛さいっぱい。

その魅力は・・・ 水面に浮かぶ黄色い👣足! でも、あまり長くはありません。  
好物は蟹!のようです。==>(その2)へ続く


(2016/11/10撮) NikonD300s NK200--500mm
最新ブログは「カテゴリ」の最下段から順次上方に!

キアシシギの麟太郎です!
DSC41_0405 (2)

冬羽の地味な色ですが・・・
DSC41_0412 (2)

干拓では・・・
DSC41_0422 (2)

お馴染みの仲間です。
DSC41_0439 (2)

でも、筆者さんには、初めてお目にかかります!
DSC41_0441 (2)

自分の仲間もいまっす。
DSC41_0452 (2)

多くの渡りの仲間の中にも・・・
DSC41_0492 (2)

やっぱり、おんなじ仲間がいつも一緒に!
DSC41_0519 (2)

寛ぎの散歩の中にも・・
DSC41_0566 (2)

餌を求めて・・・
DSC41_0572 (2)

👀👀はいつも水中に!
DSC41_0587 (2)

短い👣足が漸く見えました。。。
DSC41_0591 (2)

黄色い👣が・・・
DSC41_0600 (2)

僕の名前の由来です。。
DSC41_0602 (2)

青澤の浅瀬にやってきて…
DSC41_0605 (2)

この辺に・・・
DSC41_0612 (2)

好物の蟹がいるのでは・・・・     ==>(その2)へ続く
DSC41_0615 (2)

【野鳥】ランキングに参加してます! 好かったらポチッとご協力お願い申し上げます! m(_ _)m


オオソリハシシギの寛ぎ (その3・最終章) 日本一の干潟にて 

オオソリハシシギの寛ぎ (その3・最終章) 日本一の干潟にて 
美しきオオソリハシの飛翔!

仲良し二人は、ひたすら水中にクチバシを入れ、前を・・上を向くことが無い。。 このまま飛んでくれないの?・・・ ひとり呟きカメラしていると、 なんと、我が気持ちが通じたのか!?  啓介が突然飛び立ちました。

よく見ると、飛んだ先には他の仲間が長閑な干潟水を楽しんでいるのでした。 
美しい干潟の風景に溶け込んで寛ぐシギは正に、晩秋の干潟に咲く風物詩!  (完)


(2016/11/10撮) NikonD300s NK200--500mm
最新ブログは「カテゴリ」の最下段から順次上方に!

ついさっきまで餌を啄んでいた啓介が・・ 突然翼を広げた!
DSC31_0322 (2)

両翼を高々と上げて・・
DSC31_0323 (2)

啓介が飛んだ!
DSC31_0324 (2)

豪快!
DSC31_0325 (2)

華麗なり!
DSC31_0326 (2)

飛翔の瞬間に・・・
DSC31_0327 (2)

出逢える時こそ・・・
DSC31_0328 (2)

CM冥利に・・
DSC31_0329 (2)

尽きることはありません!
DSC31_0331 (2)

広げた翼の・・
DSC31_0332 (2)

動きの・・・
DSC31_0333 (2)

ひとつひとつが・・・・
DSC31_0334 (2)

美しさにあぶれ・・・
DSC31_0335 (2)

その鳥の習慣を学べた・・・
DSC31_0337 (2)

ような気がします!  し・あ・わ・せ
DSC31_0341 (2)

静かな干潟に溶け込む・・・
DSC31_0349 (2)

オオソリハシ・・・    これぞ、秋の風物詩!   (完)
DSC31_0359 (2)

【野鳥】ランキングに参加してます! 好かったらポチッとご協力お願い申し上げます! m(_ _)m


オオソリハシシギの寛ぎ (その2) 日本一の干潟にて 

オオソリハシシギの寛ぎ (その2) 日本一の干潟にて 
クチバシが上に反ってる!

仲良し二人がひたすら餌を求めて水面を歩く。 クチバシの先は柔軟性があって触覚に優れているのだそうです。地中深くクチバシ入れ、触れるものがあれば即座に掴み取る! 
寛ぎの中に繰り広げる二人の漁が面白い。 

飛んでくれないかなァ・・・・ と、思っているところに気持ちが通じたのでしょうか! 
突然、飛び出しました。。最終章をお楽しみに! ==>(その3・最終章)へ続く


(2016/11/10撮) NikonD300s NK200--500mm
最新ブログは「カテゴリ」の最下段から順次上方に!

干潟に寛ぐ・・・
DSC21_0134 (2)

仲良し啓介と賢太。
DSC21_0141 (2)

優れた触覚を持つクチバシ・・・
DSC21_0162 (2)

獲物を獲ると・・・
DSC21_0166 (2)

水面で洗い泥を落としてから戴く!
DSC21_0169 (2)

長いクチバシに比べ・・・
DSC21_0177 (2)

足は短足で。。
DSC21_0210 (2)

水中にほぼ・・・
DSC21_0228 (2)

埋もれてしまう。。
DSC21_0230 (2)

水鏡に・・・
DSC21_0236 (2)

写る容姿も・・・
DSC21_0267 (2)

生憎の曇天。。。
DSC21_0276 (2)

晴れていれば・・
DSC21_0280 (3)

キット・・
DSC21_0294 (2)

美しいオオソリハシが・・
DSC21_0299 (2)

撮れたのに・・・・。。
DSC21_0312 (2)

ひたすら水中にクチバシ向け・・・  なかなか飛んでくれそうもない。。。  ==>(その3・最終章)
DSC21_0321 (3)

【野鳥】ランキングに参加してます! 好かったらポチッとご協力お願い申し上げます! m(_ _)m


オオソリハシシギの寛ぎ (その1) 日本一の干潟にて 

オオソリハシシギの寛ぎ (その1) 日本一の干潟にて 
クチバシが上に反ってる!

オオソリハシ。初見です。その名の通り、クチバシが上側に反った🐦シギが浅瀬に寛いで・・・よく見ると2羽~3羽と小さな群れで潮の満ち始めた午後の干拓に勤しんでおりました。  

先日D4sを落下させてしまい、只今修理中。。。代わりにD300sを。。生憎の曇り空。おまけに逆光・・・ ときて、水面も鳥もぼやけてしまい。。。折角の初見鳥が満足に撮れず、悔しい一日となってしまいました。  取りあえず証拠写真程度にアップしてみました。  
==>(その2)へ続く


(2016/11/10撮) NikonD300s NK200--500mm
最新ブログは「カテゴリ」の最下段から順次上方に!

オオソリハシシギの啓介。  夏羽かな?
DSC11_9918 (2)

その名の如く、クチバシが長く、上に反っている。。
DSC11_9919 (2)

啓介の右先には仲間の賢太。
DSC11_0070 (2)

仲良く・・・
DSC11_0071 (2)

餌を啄んでいる。。
DSC11_0073 (2)

何か見つけたァ?
DSC11_0078 (2)

オットー ! カメラの前に邪魔者が・・・
DSC11_0084 (2)

ちょっと・・・
DSC11_0085 (2)

失礼!  二人の前を堂々と横切るサギ・・    少しは気を使ってるかな?
DSC11_0086 (2)

上面が赤褐色で・・・
DSC11_0088 (2)

クチバシの中腹までがピンク色に・・
DSC11_0098 (2)

長いクチバシを・・・
DSC11_0112 (2)

水中深く・・
DSC11_0114 (2)

差し込んで!
DSC11_0118 (2)

ゴカイを掘り出して・・・
DSC11_0126 (2)

呑みこむ前に洗うのだそうです。
DSC11_0128 (2)

長閑なり。。 満ちる始めた午後の干拓に寛ぐ二人。    ==>(その2)へ続く
DSC11_0129 (2)

【野鳥】ランキングに参加してます! 好かったらポチッとご協力お願い申し上げます! m(_ _)m


チョウゲンンボウのホバ! 相模の大河にて

チョウゲンンボウのホバ! 相模の大河にて
チョウゲンの魅力は尾羽の広がり!

相模の大河は川に、花に、そして空に・・・ 野鳥でいっぱい。 お目当ての🐦コウノトリが現れなくても、何かの鳥が現れ、飽きることが無い。。今日の脇役はチョウゲンボウ。
突然、真上でホバが始り・・・ 久しぶりに、美しい尾羽を楽しませてくれました。 

川の中ではサギが漁を。。  コウノトリ・ヒカルもこれくらい漁が上手ならいいのですが。。。 今頃何処に?・・・ (完) 


(2016/11/03撮) NikonD4s NK200--500mm
最新ブログは「カテゴリ」の最下段から順次上方に!

チョウゲンが大河の空にやってきた。
DSC12_2519 (2)

チョウゲンの魅力は・・・
DSC12_2520 (3)

何といっても・・・・
DSC12_2521 (2)

ホバで広げる・・・
DSC12_2522 (2)

尾羽の美しさ!
DSC12_2523 (2)

神様から授かった・・・
DSC12_2524 (2)

芸術。
DSC12_2525 (2)

広げた10枚の尾羽の・・・
DSC12_2526 (2)

先端を黒斑であしらって!
DSC12_2527 (2)

DSC12_2528 (2)

眼下の獲物は・・・
DSC12_2529 (2)

キット・・・
DSC12_2531 (2)

大物に違いない。。
DSC12_2532 (2)

魅力たっぷりのチョウゲン。  ずっと、このままでいて欲しい!
DSC12_2533 (2)

川の中にはシラサギ漁が・・・・
DSC12_2223 (2)

大物を掴み・・・
DSC12_2213 (2)

コウノトリ・ヒカルもこんな漁ができるのでしょうか。。    (完)
DSC12_2211 (3)

【野鳥】ランキングに参加してます! 好かったらポチッとご協力お願い申し上げます! m(_ _)m


ジョウビタキの囀り (その2) 相模の大河にて

ジョウビタキの囀り (その2) 相模の大河にて
口の中の黄色がいい!

ここは我縄張りですョ! とばかり枝の先に泊まり、高らかに鳴き続けるジョウビの時子。
ヨシキリ顔負けの囀りの連射! そんな大河に、カワセミも仲間入り。小さな体で荒波に突っ込み魚を咥え大河を横断。 そんな光景を遠目に見る長閑な秋の一日でした。。  

ちなみに、今日はコウノトリ・ヒカルは姿を見せてくれませんでした。。。 
もう抜けてしまったのでは・・・・ (完) 


(2016/11/03撮) NikonD4s NK200--500mm
最新ブログは「カテゴリ」の最下段から順次上方に!

紺碧の空を背に・・・
DSC51_4207 (2)

黄色い口を開けて!
DSC51_4208 (2)

囀りまくる・・・
DSC51_4209 (2)

時子。
DSC51_4213 (2)

たまには・・
DSC51_4223 (2)

横を向いて・・・
DSC51_4228 (2)

やっぱり鳴き続ける・・・
DSC51_4231 (2)

今の時季、パートナーを探すでもなく。。
DSC51_4237 (2)

独りだけの・・・
DSC51_4256 (2)

寛ぎ! です。
DSC51_4264 (2)

ふと、大河に目👀をやると・・
DSC51_4269 (2)

カワセミが魚を咥え・・・
DSC51_4270 (2)

勇ましく横断!   長閑な秋空の下に・・ 静かに流れる川が紅く染まって・・・    (完)
DSC51_4271 (2)

【野鳥】ランキングに参加してます! 好かったらポチッとご協力お願い申し上げます! m(_ _)m


ジョウビタキの囀り (その1) 相模の大河にて

ジョウビタキの囀り (その1) 相模の大河にて
口の中は黄色!

大河の畔にコウノトリのヒカル君を待っていると、ジョウビタキ(雌)がしきりに鳴いている。   ”ピ^~ピ~ ピ~ッー” まるで、ヨシキリが鳴いているかのようにやかましい・・・
ジョウビがこれほどまでに声高らかに絶え間なく囀るのはあまり見たことが無い。。

思わず気をそそられ声の主を探してみると、近くの🌲の枝にとまり盛んに美声を発していた。今日は脇役の君だけど、折角の囀りを見過ごす訳にもいかない。。。しばし、彼女の美声に耳を傾けてやってください。  ==>(その2)へ続く


(2016/11/03撮) NikonD4s NK200--500mm
最新ブログは「カテゴリ」の最下段から順次上方に!

引っ切り無しに ”ピ~ピ~”囀る声の主は・・・  こんなところに!
DSC41_1109 (2)

心地よさそうに・・・  ”ピ~ピ~ピ~~~” 
DSC11_1120 (3)


時子と名付けました。
DSC41_1131 (2)

絶え間なく囀る!  口の中は黄色・・・
DSC41_1137 (2)

DSC41_1143 (2)

まるで、ヨシキリのような忙しさ!
DSC41_1146 (3)

隣の枝に飛び移り・・・・
DSC41_4186 (2)

口を開けたかと思ったら・・
DSC41_4187 (2)

消化しなかった・・・
DSC41_4188 (2)

種をもどして・・・
DSC41_4189 (2)

ポイッ と!
DSC41_4191 (2)

時子。  しきりに囀って・・・
DSC41_1069 (2)

囀って!
DSC41_1073 (3)

チョット休んだかと思ったら・・・・
DSC41_1074 (2)

また囀って!
DSC41_1081 (2)

何がそんなに楽しいのゥゥ?~~
DSC41_1090 (2)

ん? 其れは ヒ・ミ・ツ・ゥ!         ==>(その2)へ続く 
DSC41_1092 (3)

【野鳥】ランキングに参加してます! 好かったらポチッとご協力お願い申し上げます! m(_ _)m


プロフィール

Su~chan

Author:Su~chan
私の名前は「Su~」です。”Su~chan”と呼んでください。
相模原市在住。

最新記事
最新コメント
カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR