FC2ブログ

ホウロクシギの漁 (その3) 干潮の干潟にて

ホウロクシギの漁 (その3) 干潮の干潟にて
華麗なる干潟の舞い姫・・・  着水!

干潟の舞姫・・・ 飛んでくれたのは良いけれど。。 果たしてどこへ行ってしまうのゥ? 心中安からぬ中、シャッターを押し続けて。。 が、幸いなことに100m圏内に飛翔・旋回を繰り返し漸くカメラの届く距離に着水してくれました。   安堵!


こんなチャンスに巡り逢えるなんて! ホウロクシギの表・裏・・ 美しさの全てをカメラすることが出来たような! と、思わず神に手を合わす。 深謝!

華麗なる烙子(ろくこ)の百景はまだまだ続きます。 面白いですョ! 
==>(その4)へ続く  


2016/04/20撮) NikonD4s NK200--500mm
画像上をワンクリック! 150%に拡大してご覧ください。
最新ブログは「カテゴリ」の最下段から順次上方に!

干潟の舞姫!、、、、 前章からの続きです。。
DSC31_7083 (2)

飛んでくれたのはいいけれど。。。 果たしてどこへ行ってしまうのか・・・
DSC31_7084 (2)

君が近くに来てくれるのを半日以上も待っていたのに・・・
DSC31_7088 (2)

遠くに行かないでェェえ・・・・
DSC31_7089 (2)

と、願うばかり。。。  
DSC31_7090 (2)

心の中で秘かに手を合わせる中・・  烙子が旋回してくれた!
DSC31_7096 (2)

両翼と尾羽を一杯に広げ・・・
DSC31_7101 (2)

どうやら着水体制に? ・・・              大好きなショット!
DSC31_7103 (2)

上から見る背羽模様が美しすぎるゥ!
DSC31_7108 (2)

着水!  おっとゥ・・・お股開きすぎィ・・・   烙子、女子にあるまじき行儀の悪さ。。。。 
DSC31_7112 (2)

そう、これでいィ!   百年の恋も覚めるようなことはしないで㋧・・・
DSC31_7113 (2)

華麗なる着水!
DSC31_7115 (2)

オッとゥ・・・  またァあ? チョット大股すぎるよゥ・・・  も一度やり直しいィ!
DSC31_7116 (2)

これで良し! 華麗なる・・・
DSC31_7117 (2)

着水完了!
DSC31_7122 (3)

私の舞い姿、楽しんでいただけました? ・烙子のつぶやき。。。
そして、何事もなかったように・・ 再び漁の探索に・・・  ==>(その4)へ続く
DSC31_6628 (2)

【野鳥】ランキングに参加してます! 好かったらポチッとご協力お願い申し上げます! m(_ _)m


ホウロクシギの漁 (その2) 干潮の干潟にて

ホウロクシギの漁 (その2) 干潮の干潟にて
華麗なる干潟の舞い姫!・・・

普段は広い干潟に餌を漁って徘徊するばかり、塒に帰るとき以外に飛ぶことはない・・とされていた烙子が、前章の羽繕いを終えた直後、何を想ったのか忽然と飛び立ったのです!

偶然、構えていた我がファインダーにしっか烙子の ”舞い姿” が入ってきました!  正に、”干潟の舞い姫”! 鳥の飛翔が大好きな自分にも、このホウロクだは ”長いクチバシ”
あるが故に格別で魅力あり・あり!・・・  感激! 一挙手一動が絵になります。 

あまりにも華麗なる舞い!  次章の ”着水” までお付き合いください。   
==>(その3)へ続く


(2016/04/20撮) NikonD4s NK200--500mm
画像上をワンクリック! 150%に拡大してご覧ください。
最新ブログは「カテゴリ」の最下段から順次上方に!

烙子(ロクこ)。 羽ばたきを終えて、アオサの上にまたエサ探し・・・・
DSC21_7051 (3)

と思う間もなく、何を想うか? 忽然と飛び立ったのですッ!
DSC21_7054 (3)

理由なんてどうでもいィ~~・・・
DSC21_7056 (2)

この飛び立ち、誰が想像できたたことでしょう・・・
DSC21_7057 (2)

引き潮のアオサの上を・・・ 
DSC21_7058 (3)

どこまでも美しく・・・・・
DSC21_7059 (3)

華麗に・・・
DSC21_7060 (3)

海風に爽やかに波立つ水面を ・・・
DSC21_7066 (2)

滑るように・・・
DSC21_7067 (3)

舐めるように ・・・・
DSC21_7068 (3)

腹から翼の先端まで広がる黒茶斑の美しさ!
DSC21_7069 (3)

そして、何といっ👋もこの ”長いクチバシ” が・・・・   大好きなショット! (その1)
DSC21_7070 (3)

絵になります!                    大好きなショット!(その2) 
DSC21_7071 (3)

絵葉書にしたい・・・・
DSC21_7072 (2)

”干潟の舞姫” 悠々と水面を ・・・
DSC21_7080 (2)

どこまでも・・・・・
DSC21_7081 (2)

行きつくところまで・・ ついてい・き・ま・す! 
             大好きなショット!(その3)         ==>(その3)へ続く
DSC21_7082 (2)

【野鳥】ランキングに参加してます! 好かったらポチッとご協力お願い申し上げます! m(_ _)m


ホウロクシギの漁 (その1)干潮の干潟にて

ホウロクシギの漁 (その1) 干潮の干潟にて
なんとなも長~いク・チ・バ・シ ・・・!

ホウロクシギ! 初めてお目にかかる珍鳥・・・ 干潮の干潟に見つけました。 面白い名前!身体から翼の表裏まで褐色味の強い羽色が焙烙(ほうろく・素焼きの土鍋)で炒ったように見えることからその名前が来たそうです。褐色の地肌に白と黒茶斑が翼の端まで散りばめられて・・・ その飛翔は目の覚めるような優雅さ! (これは次章で・・)

漁をするのもこの長いクチバシを存分に駆使し、干潮の土中に差し込み深く隠れている蟹を掴み取る・・・ というよりはカニが驚いてクチバシを挟むのでしょうか。それを一気に釣り上げる・・・といった漁法でしょうか。

カニ類を捕食するとクチバシに挟んで振り回し脚をもぎ取って、カニの胴体だけを飲み込む!見ていて見事! 面白い! と言うしかありません。

他のシギ類がおこぼれに預かろうと周囲に集まるそうですが、それは今回見ることが出来ませんでしたが、頭を使ったホウロクの漁に只々感心させられ、楽しませてもらいました。 
その様子を特とお楽しみください! ==>(その2)へ続く


(2016/04/20撮) NikonD4s NK200--500mm
画像上をワンクリック! 150%に拡大してご覧ください。
最新ブログは「カテゴリ」の最下段から順次上方に!

ホウロクシギの烙子(ロクコと名付けました)。 ♂♀の区別つかず・・・ 優しい鳥なので”女子”としました。。。
DSC11_6413 (2)

烙子が潮の引いた干潟にやってきました・・・・
DSC11_6416 (2)

長~~~~いクチバシ!  こんなの見たことがありません!・・・
DSC11_6419 (2)

この長いクチバシを全部地中に突っ込んで漁をするのです。・・・・・
DSC11_6440 (2)

でも、水面を歩いていて・・  どうして地中に獲物の蟹が潜んでいる・・と解るのでしょうか? 不思議・・・
DSC11_6540 (2)

烙子の漁は・・・干潮の広大な干潟を・・
DSC11_6545 (2)

一日中歩き回って・・・
DSC11_6591 (2)

万歩計があったら何歩を数えるのでしょうか。。。。
DSC11_6598 (2)

烙子がアオサの上にやってきました。。。
DSC11_7031 (2)

飛ぶのかな?
DSC11_7035 (2)

獲物を・・・
DSC11_7036 (2)

見つけたァ?
DSC11_7038 (2)

広げた翼がなんとも・・・・ 
DSC11_7040 (2)

美しい!
DSC11_7042 (2)

寛ぎのひととき ・・・
DSC11_7045 (2)

このあと、華麗な烙子の舞いが始まるのです!   ==>(その2)へ続く
DSC11_7048 (2)




【野鳥】ランキングに参加してます! 好かったらポチッとご協力お願い申し上げます! m(_ _)m

ヒバリとキャベツ畑 (その2) 郊外の畑にて

ヒバリとキャベツ畑 (その1)郊外の畑にて
ヒバリのコ-ラスが止まらない・・・・

わたしにとって”鳴き声が耳障り”・・・ と言えそうな鳥はヒヨドリとヒバリ・・かも知れません。 でも、晴天の青空高くホバをしつつ囀る声だけは爽やかに聞こえます。 そこから「日晴」と呼ばれたのが名前の由来だそうです。 

キャベツ畑に降りてきた仲間たち・・・ 隣に邪魔ものが!? 仲の良い彼らがこんなバトルをするとはっ! 虫の居所が悪かったのでしょうか・・・・

まるでなわばりあらそいのように・・・ かなり激しく!でも立ち去った方は攻撃を加えた方でした。 収穫を迎えたキャベツのはに戯れる ”日晴” がとて愛おしく👀目に写りました。 (完)


(2016/04/13撮) NikonD4s NK200--500mm
画像上をワンクリック! 150%に拡大してご覧ください。
最新ブログは「カテゴリ」の最下段から順次上方に!

幸助、冠羽をたてきりりとキャベツに!
DSC52_0020 (2)

と、即座に飛び立つ・・・・
DSC52_0025 (2)

どうやら我縄張り?に侵入者あり!?
DSC52_0026 (3)

たちまち追っかけが勃発・・・
DSC52_0029 (2)

幸助、どうしてェェェ? 
DSC52_0033 (2)

二人の尾羽が綺麗に開いて・・・・  まるでオジロビタキの尾を想いだす!
DSC52_0034 (2)

ここは俺の縄張りなんだよう!・・・       どうしてェ?
DSC52_0035 (2)

僕もここにいたいんだよう!  真上から攻められ懸命に抵抗・・・・
DSC52_0036 (2)

寛大な幸助・・ 可哀想になって。。 自分から・・・
DSC52_0040 (2)

身を引くことに!
DSC52_0043 (2)

あそこは弟分に任せて・・・・
DSC52_0046 (2)

じぶんはもっといいところに・・・・
DSC52_0049 (2)

DSC52_0052 (2)

キャベツ畑を悠々と飛んで・・・
DSC52_0053 (3)

この辺は・・・・
DSC52_0058 (2)

好物の青虫も多いでよッ!
DSC52_0064 (2)

キャベツン上に座って泰平の寛ぎ!    
ツバチドと撮る合間に・・キャベツ畑に遊ぶヒバリを楽しませてもらいました。 (完)47

DSC52_0067 (2)

【野鳥】ランキングに参加してます! 好かったらポチッとご協力お願い申し上げます! m(_ _)m


ヒバリとキャベツ畑 (その1) 郊外の畑にて

ヒバリとキャベツ畑 (その1)郊外の畑にて
ヒバリのコ-ラスが止まらない・・・・

ツバメチドリの畑の隣はキャベツ畑・・・・ 頭上にはひばりが囀って・・・・ピーチクパーチク・・・時には騒音にさえにも聞こえる。。。。 急降下してキャベツ畑に降りてきたかと思うとキャベツの葉に止まり、また囀り始める。 ヒバリは空に舞っても地上に降りても口を閉じることがない。。。。  ホントにうるさいッ$###$$#・・・ と思わず怒鳴りたくなる。。。

それにしても、四六時中囀っているのは何故なのでしょうか。。。。

いつもは刈り入れの終わった田んぼや畑に降り、そのまま枯草に隠れてしまい声だけしか聞こえてこない・・・ が、キャベツ畑では大きな葉っぱの上に留まってくれる。空高く・・・にしか見たことのなかったヒバリを地上でこれほどゆったり撮れるなんて! これも初めての経験! 近くでみると可愛いものですね!     ==>(その2)へ続く


(2016/04/13撮) NikonD4s NK200--500mm
画像上をワンクリック! 150%に拡大してご覧ください。
最新ブログは「カテゴリ」の最下段から順次上方に!

大空で声高らかに囀っているのは ・・・  ヒバリの幸助(と名付けました)。
DSC51_0068 (2)

ピーチク・パチク ~~~ 🎶 ♬ (^^♪
DSC51_0072 (3)

口を・・・
DSC51_0073 (2)

閉じることが無い・・・・
DSC51_0074 (2)

ヒバリは・・・
DSC51_0076 (2)

ホントに・・・
DSC51_0089 (2)

歌が好きなんですね!
DSC51_0092 (2)

幸助がキャベツ畑に降りてきた・・・
DSC51_0101 (2)

チョコンと・・・
DSC51_0125 (2)

キャベツ葉はに乗って・・・
DSC51_0132 (2)

ピーチ久パーチク… +*+*+*xzxzzxz$##
DSC51_0145 (2)

居眠りもするでョ ・・・・ 
DSC51_0148 (2)

冠羽を高らかに立てて・・・
DSC51_0155 (2)

君はどうして・・・
DSC51_0161 (2)

キャベツが好きなのゥゥゥう?  
DSC51_0165 (2)

キャベツにつく青虫を食べに来るんだよね”!  キット・・・・     ==>(その2)へ続く
DSC52_0052 (2)

【野鳥】ランキングに参加してます! 好かったらポチッとご協力お願い申し上げます! m(_ _)m


イソヒヨドリの恋人探し (その2) 湘南の海岸にて

イソヒヨドリの恋人探し (その2) 湘南の海岸にて
目の覚めるような”イソブルー”!

イソブルーの養之助、テトラの間を飛び廻ってはパートナーに呼びかけている。 その囀りがいじらしく耳に響いてくる・・・・ イソブルーが最も美しく映える恋の季節! 漸く、女子がテトラポットの陰に姿を現しました。・・・ 

彼の絶え間なく呼びかける美声。 彼女に届けェェぇ!と願いつつ、家路につきました。(完)


(2016/04/13撮) NikonD4s NK200--500mm
画像上をワンクリック! 150%に拡大してご覧ください。
最新ブログは「カテゴリ」の最下段から順次上方に!

エメラルドブルーに淡い黒を帯びた背羽が美しい!
DSC11_0375 (2)

テトラポットから口を一杯に開けて囀り・・・・
DSC11_0377 (2)

パートナーはまだ現れない。。。。。
DSC11_0383 (2)

それでも、囀りを止めない養之助。
DSC11_0385 (2)

陸の方はどうかな?・・・・
DSC21_0392 (2)

養之助が飛んだ!   全開の翼が美しい!    大好きなショット!
DSC21_0400 (2)

飛んで・・・
DSC21_0401 (2)

飛んで・・
DSC21_0402 (2)

どこまでも・・・・・
DSC21_0403 (2)

遂に現れた!  恥じらいの女子。。。
DSC21_0406 (3)

声は魅力あるけど・・・   もう一歩入り込めない佐和子・・・・
DSC21_0408 (2)

佐和子をみて ”ソワ・ソワ・ソわ ・・・” 
DSC21_0412 (2)

静かに・・・ そっと・・
DSC21_0413 (2)

様子を見る養之助・・・・
DSC21_0420.jpg

あっ・・・  行っちゃたあァァァァァあ・・・・・
DSC21_0422.jpg

追いかけるゥゥう~~    養之助に幸あれ!   (完)
DSC21_0427.jpg

【野鳥】ランキングに参加してます! 好かったらポチッとご協力お願い申し上げます! m(_ _)m




イソヒヨドリの恋人探し (その1) 湘南の海岸にて

イソヒヨドリの恋人探し (その1)湘南の海岸にて
目の覚めるような”イソブルー”!

イソヒヨドリ。 これまで何度か出逢ったことがあったのですが、時季が合わなかったのか・・・ いつもくすんだブルーで。。。 あの目の覚めるような ”イソブルー” に出逢ったことがありませんでした。ので、お目当ての鳥撮の帰りに海岸沿いを走り、イソヒヨの居そうな磯に立ち寄ってみました。 時間も既に3時を回り海風も強くどうかな?・・・・ と心配少し。。。

海岸をしばらく歩いていると、漸く綺麗に澄んだなイソヒヨの囀りが聞こえてきました。 敷き詰められたテトラポットの上に留まり、海に向かい、陸に向かって鳴き声が止みません。 

そう、今は子作りの時季・・・ パートナーを魅惑せんがための美声を響かせる恋の季節。 ミソサザイほどのソプラのの美声ではありませんが、 磯一面に響き渡る! これほどの美しい声を持っているとは知りませんでした。  頭から上半身のイソブルーと体の茶褐色が鮮明に二分され、美しさも一入!

果たして、恋人は見つかるのでしょうか…・  ==>(その2)へ続く


(2016/04/13撮) NikonD4s NK200--500mm
画像上をワンクリック! 150%に拡大してご覧ください。
最新ブログは「カテゴリ」の最下段から順次上方に!

念願の ”イソブル-”!   テトラポットに・・・・・
DSC11_0287 (2)

ヤット会えました!
DSC11_0290 (2)

イソブルーの養之助(と名付けました)。
DSC11_0300 (2)

ホイピーチョイチョイツツピーコ-~~~
DSC11_0312 (2)

磯の隅々まで響き渡るソプラノ・・・・
DSC11_0335 (2)

鳴いて・・・ 鳴いて・・
DSC11_0336 (2)

鳴き渡る・・・・
DSC11_0337 (2)

そう、今は磯ヒヨの恋の季節・・・   鮮やかなライトブルーでおしゃれは完璧!
DSC11_0341 (2)

恋人は何処に?・・・・
DSC11_0352 (2)

陸がダメなら・・・
DSC11_0356 (2)

海に向かって・・・ 🎶 ♬ 🎶
DSC11_0358 (2)

養之助、果たして恋人はみつかるのでしょうか・・・・・       ==>(その2)へ続く
DSC11_0360 (2)

【野鳥】ランキングに参加してます! 好かったらポチッとご協力お願い申し上げます! m(_ _)m


珍鳥ツバメチドリの散歩 (その5・最終章) 郊外の畑にて

珍鳥ツバメチドリの散歩 (その5・最終章) 郊外の畑にて
果てしなきツバチドの魅力!

旅人ツバチド・菊五郎の散歩は春野菜の収穫終わったばかりの畑の中・・掘り起こされた土中の虫が動きだし、ツバチドにとっても他の鳥仲間にも格好の餌場になるのでしょうか。
春の客人、真のツバメ連も盛んに地表の餌を啄んでは巣材運びに・・・ 子育ての準備を始めておりました。。  

それにしても、旅人菊五郎、南の国からよくぞこの地に唯一人やってきたものです。おもてなしの国〝日本” は君を迎へ入れる準備が充分出来ていたようです。 出来るだけ長く逗留して、多くの野鳥ファンを楽しませてほしいものです。 (完)


(2016/04/13撮) NikonD4s NK200--500mm
画像上をワンクリック! 150%に拡大してご覧ください。
最新ブログは「カテゴリ」の最下段から順次上方に!

菊五郎が畑の真ん中に・・・   
DSC211_9360.jpg

刈り残された菜の花が一輪 ・・・・
DSC211_9406 (2)

虫を咥えて・・・
DSC211_9416 (2)

食べながらの低飛行! 
DSC211_9418 (2)

飛びながら・・・
DSC211_9420 (2)

地表を這う・・
DSC211_9423 (2)

獲物を・・・
DSC211_9424 (2)

探して・・
DSC211_9425 (2)

舞い降りたところに・・・
DSC211_9427 (2)

春の客人・ツバメがやってきた。
DSC211_9457 (2)

忙しそうに・・・
DSC211_9458 (2)

低空飛行・・・・
DSC211_9490 (2)

そろそろ・・
DSC211_9492 (2)

彼らも巣作りの準備を始めているようです。  
初めてお逢い出来た旅人・菊五郎に深謝! 旅の無事を祈って・・・ (完)
DSC211_9483 (2)

【野鳥】ランキングに参加してます! 好かったらポチッとクリックお願い申し上げます! m(_ _)m



珍鳥ツバメチドリの散歩 (その4) 郊外の畑にて

珍鳥ツバメチドリの散歩 (その4) 郊外の畑にて
果てしなきツバチドの魅力!

ツバチドの魅力は・・両目を巡る”黒帯のリング” と ”つぶらに輝く瞳”・・まだまだあります!三つ目の魅力は・・ そう、喉から胸腹にかけて広がる”淡いベージュ色” 思わず、レンジャクのお腹を思い浮かべましたが、それよりも”淡くて”!

パステルカラーでは表せない優しい色合い。 本章では、そんな菊五郎を正面から見て
”淡いベージュ色のお腹” にフォーカスしてい見たいと!   ==>(その5・最終章)へ続く



(2016/04/13撮) NikonD4s NK200--500mm
画像上をワンクリック! 150%に拡大してご覧ください。
最新ブログは「カテゴリ」の最下段から順次上方に!

菊五郎の ・・・
DSC51_9753 (2)

三つ目の魅力・・・
DSC51_9763 (2)

それはですねェェェえ~~絵
DSC51_9793 (2)

喉から胸・・ そしてお腹にひろがる ”淡いベージュの色合い” !
DSC51_9842 (2)

この淡い色合い・・・
DSC51_9854 (2)

絵の具を混ぜ合わせても・・・ 中々出てきません。。。。
DSC51_9855 (2)

正面からのポーズ、如何ですか?
DSC51_9860 (2)

チョト待てっ 。。。。   やり直し!!
DSC51_9865 (2)

これで如何ですか! お腹のベーッジュがいいィィィ!!
DSC51_9868 (2)

横からのツバメ羽も・・・・
DSC51_9932 (2)

シャン! として・・・  
DSC51_9959 (2)

この眼力! 顔を丸く包む黒帯の輪。 そして 淡いベージュのお腹!   魅力満載!
DSC51_9969 (2)

おやァ?  菊五郎、空を見上げて・・・
DSC51_9979 (2)

何か気になることが?
DSC51_9980 (2)

う~~ん、 どうやら天敵のカラスが飛んできたようです。。。
DSC51_9987 (2)

これはひとまず退散することに!   菊五郎、翼を広げて・・・・
DSC51_9988 (2)

そそくさと・・ キャベツ畑に退散。   用心深さも人一倍です。   ==>(その5・最終章)へ続く
DSC51_9446 (2)

【野鳥】ランキングに参加してます! 好かったらポチッとご協力お願い申し上げます! m(_ _)m


珍鳥ツバメチドリの散歩 (その3) 郊外の畑にて

珍鳥ツバメチドリの散歩 (その3) 郊外の畑にて
ツバチドのもう一つの魅力は ・・・

ツバチド・菊五郎のもう一つの魅力は・・・ つぶらに輝くヒトミ👀の睨み! 地表の虫を漁るのか、警戒心からか・・・ 地を這うように視線を注ぐ瞳。黒帯のリングの中に爛々と輝く瞳👀をみていると ”生きる力が湧いてくる!” そんな勇気をもらえる気がしてきました。

本章では、そんな菊五郎の ”魅力的なヒトミ👀” と ”睨み” にフォーカスしてみたいと思います。 ==>(その4)へ続く


(2016/04/13撮) NikonD4s NK200--500mm
画像上をワンクリック! 150%に拡大してご覧ください。
最新ブログは「カテゴリ」の最下段から順次上方に!

ツバチド・菊五郎のもう一つの魅力は・・・・
DSC41_9581 (2)

つぶらに輝く瞳👀!
DSC41_9583 (2)

ウインクもするでよゥ~~ 
DSC41_9670 (2)

ど良い大きさのまん丸のヒトミ👀・・・  魅力ありあり!
DSC41_9678 (2)

チョト待てぇ! 鼻が・・・
DSC41_9699 (2)

鼻が・・ むず痒くなって・・・
DSC41_9701 (2)

きました。。。。。
DSC41_9702 (2)

う~ん・・ 手が届かないィィィィィ $#$#$#$zxzxzxzxzz
DSC41_9706 (2)

カイカイのあとは・・・
DSC41_9713 (2)

シャキッとして・・
DSC41_9725 (2)

これが菊五郎の睨み!  そろり・・ ソロリ・・
DSC41_9736 (2)

目を爛々と輝かせ👋・・・ そして、ソロリ・・
DSC41_9737 (2)

そろそろㇼ・・・・  見逃せません! 菊五郎の・・
DSC41_9738 (2)

ソロリ・・ 足👣さばき!
DSC41_9739 (2)

ツバチド・菊ちゃんのヒトミ👀をみていると・・・・
DSC41_9741 (2)

”生きる力”をもらえるような気がしてきました。明日に希望あり!!!! ==>(その4)へ続く 
DSC41_9742 (2)

【野鳥】ランキングに参加してます! 好かったらポチッとご協力お願い申し上げます! m(_ _)m


プロフィール

Su~chan

Author:Su~chan
私の名前は「Su~」です。”Su~chan”と呼んでください。
相模原市在住。

最新記事
最新コメント
カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR