FC2ブログ

コガラの水浴び (その1) 天空の杜にて

コガラの水浴び (その1) 天空の杜にて
ヒガラに混じってコガラも ・・・

コガラが・・・ 他の杜の仲間に混じって水場にやってきました。 首にリボンをチョコンと遠慮がちに付けたお洒落もの。  首下のリボンを除けば、水浴びの仕草もコガラと瓜二つ・・・ 大きさも1cmほどしか違わず。 ヒガラの居るところ、コガラあり。。 行動までも一緒に! 

そんなコガラの水浴びをチョット覗いてみることに・・・   ==>(その2)へ続く


(2015/09/28撮) Nikon300s TM150-600mm
画像上をワンクリック! 150%に拡大してご覧ください。

コガラの勇人が水場にやってきた。
DSC97_8755 (2)

首の下のリボンが・・・
DSC97_8758 (2)

垣間見えて・・・
DSC97_4640 (2)

この辺が・・・
DSC97_4642 (2)

よさそうだ・・・・・
DSC97_4644 (2)

何度も首を傾げては・・
DSC97_4651 (2)

まだ決めかねて。。
DSC97_4654 (2)

ぶぶぶぶるるるう #$##$#$# ・・・
DSC97_4662 (2)

勇人の横顔が凛々しく見える・・・
DSC97_4663 (2)

水鏡。
DSC97_4666 (2)

水に入るまで・・・
DSC97_4667 (2)

かくも時間のかかるもの。。。。
DSC97_4673 (2)

勇人の水浴びが・・・
DSC97_4675 (2)

漸く始まった!
DSC97_4676 (2)

あっという間に・・
DSC97_4677 (2)

濡れ鼠。。。                                            ==>(その2)へ続く
DSC97_4678 (2)




【野鳥】ランキングに参加してます! 好かったらポチッとご協力お願い申し上げます! m(_ _)m





ヒガラの水浴び (その2) 天空の杜にて

ヒガラの水浴び (その2) 天空の杜にて
これぞ水浴び! 羽根が凍りついてしまうゥ ・・

山椒は小粒で辛い・・・・ という言葉がありますが、 この小さな体でこれほどまでに全身全霊を使っての水浴びは見たことがありません。水を被った翼が、まるで、氷のしっかりまつわりついた解凍のカニの足・・・・ のように見えてきて。。。。 一瞬、このまま凍り付いてしまうのでは・・・・・ と心配してしまう。。。

水場に降りてくるまでには、🌲の枝に留まっては考え・・・ 考えてはまた飛んで・・・・ 緊張しているのか、冠羽を立てて。。。用心に用心を重ね、漸く水場に辿り着く。。  が、そのあとが豪快なのです! 百聞は一見に如かずデス。  (完)


(2015/09/28撮) Nikon300s TM150-600mm
画像上をワンクリック! 150%に拡大してご覧ください。

少し前に水浴びした智(さとし)。 もう一度! と・・・
DSC99_8374 (2)

ハイマツの🌲にやってきた。 
DSC99_8431 (2)

緊張しているのか?
DSC99_8436 (2)

黒の冠羽をピョコンと立てて・・・・
DSC99_8437 (2)

こんなに平和な水場でも・・
DSC99_8654 (2)

細心の注意を払って・・・・・
DSC99_8657 (2)

漸く定まったのか!
DSC99_8414 (3)

ここに降りてくるまで、かなりの時間がかかったのでス ・・・・
DSC99_8659 (2)

この辺がよさそうだ・・・・・
DSC99_8664 (2)

智、最高のポイントを選んだようだ!
DSC99_8666 (2)

ここまで来ればもう怖いものは無い。
DSC99_8394 (2)

智の水浴びが始まった!
DSC99_8395 (2)

ェェええㇾㇾ?? こんな水浴びってありィィィ?? 冷凍カニの足? 氷が羽根に纏わりつているゥ!
DSC99_8396 (2)

気持ち余暇ァ!
DSC99_8398 (2)

小さな体で、この大胆さ!
DSC99_8400 (2)

野鳥にとって水浴びは・・ ”団らん” ”寛ぎの” のひと時!  私は鳥の水浴びを見るのが大好きです!
DSC99_8401 (2)

こんなにずぶ濡れになって・・・・  智、飛べるのかナ?   ==>(その3)へ続く
DSC99_8399 (2)

【野鳥】ランキングに参加してます! 好かったらポチッとご協力お願い申し上げます! m(_ _)m





ヒガラの水浴び (その1) 天空の杜にて

ヒガラの水浴び (その1) 天空の杜にて
ガラ系では最小の11cm・・ なのに豪快な水浴び!

チョウネクタイのおしゃれなヒガラ。 名前の由来は? と言えば・・・ ツーピーツピー・・ ヒン・ヒン・・・ と鳴き、最後の”ヒン”が目立つことから「ヒガラ」と呼ばれるようになったとか。。 
ガラ系では、ヒガラコガラシジュウカラの順で少しずつ大きくなっていく由。

11cmとホントに小さく、一番控えめ・・・ かと思ったら沙にあらず、その水浴びは驚きの豪快そのもの!全身を水中に突っ込んで、”これぞ水浴び!”濡れ鼠の最たるもの! いつもすばしこくて満足に撮らせてもらえないダイナミックな小悪魔。 水浴びばかりはゆっくりと! ==>(その2)へ続く


(2015/09/28撮) Nikon300s TM150-600mm
画像上をワンクリック! 150%に拡大してご覧ください。

ヒガラの智(さとし)がハイマツの🌲にやってきた。
DSC98_8264 (2)

よく見ないとシジュウカラと間違えてしまう。。。
DSC98_8269 (2)

でも、このよだれかけを見れば、ヒガラに間違いなし!
DSC98_8278 (2)

智がハイマツの針葉から何かを捕った?
DSC98_8279 (2)

こんなに大きな虫をゲット!
DSC98_8280 (2)

思わぬ朝食にありついて・・・・
DSC98_8299 (2)

ひと風呂・・・
DSC98_8310 (2)

浴びるかナァ・・・・・
DSC98_8320 (2)

水場に降りると ・・・
DSC98_8324 (2)

たちまち・・・
DSC98_8326 (2)

全身を震わせて・・
DSC98_8327 (2)

安全を確かめると ・・・
DSC98_8329 (2)

バッシャ・バシャ・バシャー $#$$##
DSC98_8333 (2)

ダイナミックに水を掻け・・・
DSC98_8335 (2)

周りの様子を探って・・・   智の水浴びはこれからが凄いのです!   ==>(その2)へ続く
DSC98_8337 (2)




【野鳥】ランキングに参加してます! 好かったらポチッとご協力お願い申し上げます! m(_ _)m



カヤクグリの水浴び (その3・最終章) 天空の杜にて

カヤクグリの水浴び (その3・最終章) 天空の杜にて
水浴びのあとは ・・・

面白いことに一度水浴びを始めると,何度も戻ってきてはまた水に浸る。。。まだ濡れていない部分が歯がゆいのか? それとも、一度にびっしょりになることは危険に思うのか。。途中で何度も顔をあげる。。ともあれ、彼等にとって水浴びは毎日水を飲むのと同じ生活の糧! 

水浴びのあとは・・・・ 安全な暗い🌲蔭を選んでの羽繕い!どの鳥仲間にとってもこれが一番の寛ぎのひととき・・・ あくまでも紳士的で、控えめの静かな鳥・カヤクグリに巡り逢えたことに感謝!  (完)


(2015/09/28撮) Nikon300s TM150-600mm
画像上をワンクリック! 150%に拡大してご覧ください。

博が続けて三度もやってきた。
DSC90_9207.jpg

三度目と言うのに・・・・    
DSC90_9208.jpg

スマートなり! 体は殆ど濡れてない・・・・
DSC90_9236.jpg

水鏡に写る博・・・・
DSC90_9237.jpg

快感なり!
DSC90_9239.jpg

しばし余韻に浸る・・
DSC90_9240.jpg

仕上げに尾羽を浸して・・・・
DSC90_9243.jpg

これで余暇!
DSC90_9251.jpg

岩場に戻って、 カイカイカイアイ~~~
DSC90_9255.jpg

水浴びのあとと言うのに・・・ それを感じさせないほどに整って・・・
DSC90_9257.jpg

さて!
DSC90_9260.jpg

暗い🌲陰にやってきた。
DSC90_9303.jpg

誰にも邪魔されないところで・・・
DSC90_9325.jpg

ゆっくり羽繕い!
DSC90_9328.jpg

濡れていないようでも、しっかり水がいきわたっている
DSC90_9343.jpg

🌲の枝に寛ぐ博。 羽繕いのあとはどこへ?                              (完)
DSC90_9333.jpg

【野鳥】ランキングに参加してます! 好かったらポチッとご協力お願い申し上げます! m(_ _)m





 

カヤクグリの水浴び (その2) 天空の杜にて

カヤクグリの水浴び (その2)天空の杜にて
心地よき水浴び ・・・

カヤクグリの水浴びを見ていると、他の鳥仲間の水浴びと何処か違う・・・・ トップリ水に浸かっても、どこか清々しが伝わってくる ・・・ 水をかぶって体は充分濡れているのに。。。

何故か濡れ鼠のような惨めさがなく、どことなくスッキリしていいて・・体の線が崩れない。。。
心地よき水浴びはいよいよ佳境に!  ==>(その3・最終章)へ続く


(2015/09/28撮) Nikon300s TM150-600mm
画像上をワンクリック! 150%に拡大してご覧ください。

博が水場に戻ってきました。  どうやら・・・・
DSC85_9350 (2)

本格的に水浴びがはじまるようです。。
DSC85_9353 (2)

羽根を派手にあげて・・・
DSC85_9356 (2)

バサバサと水を弾く・・・・
DSC85_9359 (2)

赤いまん丸のヒトミが凛々しい!   顔は水につけないのかナァ?
DSC85_9365 (2)

と思ったら・・・  ザッブ~~ン!
DSC85_9367 (2)

チョット一息・・・・
DSC85_9374 (2)

ざぶざぶザブっっ・・・ teithixyxyxyxyxy !#!#!#!#!#
DSC85_9375 (2)

気持ち余暇ァ!
DSC85_9376 (2)

あんなに水をかぶっているのに・・・  スッキリ!
DSC85_9380 (2)

博のみず浴びは・・・
DSC85_9385 (2)

いよいよ佳境に!
DSC85_9386 (2)

この・・・・
DSC85_9387 (2)

精悍な顔つき!
DSC85_9390 (2)

そして・・・  水から上がると、この顔!                   ==>(その3・最終章)へ続く
DSC85_9399 (2)

【野鳥】ランキングに参加してます! 好かったらポチッとご協力お願い申し上げます! m(_ _)m




 


カヤクグリの水浴び (その1) 天空の杜にて

カヤクグリの水浴び (その1) 天空の杜にて
茅の合間を潜り抜け・・・

カヤクグリ。 初見! 天空の杜に再びやってきました。 初めて訪れた先日、逢いたかったのにがチョイ見で終わってしまい心残りの再チャレンジ! 今日こそ逢えるかな? 

その一陣を切ってやってきてくれた杜の仲間・ カヤクグリが草むらから現れた。  
名前の通り、”茅の草むらを潜る” ように飛び廻り、隠れている虫や木の芽、草の芽を食む。  
ご多分に漏れず、片時もじっとしてくれない。唯、水浴びをする時ばかりはこの限りではない。 心行くまでのシャッターチャンス! 初めてお目にかかるカヤクグリの水浴びを存分に楽しませてくれました。 ==>(その2)へ続く 


(2015/09/28撮) Nikon300s TM150-600mm
画像上をワンクリック! 150%に拡大してご覧ください。

音もなく、草むらから顔を出したのは・・・・
DSC81_5342 (2)

カヤクグリの博(ひろし)。
DSC81_5332 (3)

水鏡に顔を写して・・・
DSC81_5345 (2)

さて・・・
DSC81_5351 (2)

ワシも・・・・・
DSC81_5355 (2)

ひと風呂浴びるか!
DSC81_5362 (2)

14cmの小さな体🐦。 茶色の紳士・・・v ちいさなクチバシ。 
DSC81_5367 (2)

クリクリのオレンジの目の奥に・・・
DSC81_5369 (2)

黒い瞳が輝く!
DSC81_5372 (2)

DSC81_5934 (2)

深い森の奥に・・・
DSC81_5937 (2)

ポッカリあいた唯一の湧き水を・・・
DSC81_5940 (2)

心地よく弾いて・・・
DSC81_5941 (2)

小気味のいい・・・
DSC81_5948 (2)

博流の水浴び!
DSC81_5950 (2)

今は一人だけの時間。
DSC81_5953 (2)

博の水浴びはこれから佳境に!   ==>(その2)へ続く
DSC81_5966 (2)

【野鳥】ランキングに参加してます! 好かったらポチッとご協力お願い申し上げます! m(_ _)m



コチドリの幼鳥 平塚の休耕田にて

コチドリの幼鳥 平塚の休耕田にて
シロチドリと間違えそう ・・・ 

アメリカウズラシギを撮っていると一見珍しい水鳥がやってきた。 コチドリにしてはアイリングがないし・・・・  もしやシロチドリ? 。。。。  早速野鳥学習センターに問い合わせてみると・・・・ コチドリの幼鳥であることが解かりました。 

まだ幼いためアイリングははっきり出てはいないが、専門家の目には”うっすらと確実に出ている”!ということで納得しました。 幼鳥も初見でしたので、証拠写真としてアップさせていただくことに。   (完)


(2015/08/07撮) Nikon300s TM150-600mm
画像上をワンクリック! 150%に拡大してご覧ください。

ボク、コチドリの幼鳥・啓太です。。。  あの親からはとても似つかわない。。。
DSC52_3117 (2)

親にはぐれて・・・・
DSC52_3118 (2)

こんなところに・・・
DSC52_3120 (2)

やってきてしまいました。。。。  言われてみれば、目の周りにうっすらとアイリングの走りが・・・・・
DSC52_3121 (2)

でも、食べ物がありそうなので・・・・
DSC52_3124 (2)

もう少し休んでいくことに。。。。束の間の休息。  
啓太は10分~もしないうちに飛び去って行きました。 (完)

DSC52_3125 (2)

【野鳥】ランキングに参加してます! 好かったらポチッとご協力お願い申し上げます! m(_ _)m



アメリカウズラシギの散歩 (その5・最終章) 平塚の休耕田にて

アメリカウズラシギの散歩 (その5・最終章)平塚の休耕田にて
鏡の中の渦太郎 ・・・ 

水の張られた休耕田は周りの緑稲が水面に映え、美しい緑の鏡を創り上げてくれる。
そんな緑の水鏡に写る水鳥はどんな鳥でも美しく輝いて見える!

逆さ鏡に映る渦太郎も例外ではありません。 近くに寄って心行くまで堪能してみたいと!
(完)


(2015/08/07撮) Nikon300s TM150-600mm
画像上をワンクリック! 150%に拡大してご覧ください。

渦(ウズ)太郎が朝食を・・・
DSC51_3689 (2)

楽しんでいる。。。。
DSC51_3690 (2)

DSC51_3694 (2)

緑の水鏡に ・・・・
DSC51_3714 (2)

逆さ渦太郎が・・・
DSC51_3725 (2)

クッキリと浮かび上がる。
DSC51_3736 (2)

凪いだ風に・・・
DSC51_3754 (2)

水が・・
DSC51_3790 (2)

静止して・・  全く動かない。・・・
DSC51_3794 (2)

美しい緑鏡さえあれば・・・
DSC51_3800 (2)

目立たないウズラ君でも・・・
DSC51_3802 (2)

そのうつくしさは・・・
DSC51_3811 (2)

他の鳥に全く引けを取らない!
DSC51_3825 (2)

そんな水鏡の中で・・・
DSC51_3873 (2)

漁を楽しむ渦太郎・・・・    世界一し・あ・わ・せ・も・の!   (完)
DSC51_3879 (2)

【野鳥】ランキングに参加してます! 好かったらポチッとご協力お願い申し上げます! m(_ _)m



プロフィール

Su~chan

Author:Su~chan
私の名前は「Su~」です。”Su~chan”と呼んでください。
相模原市在住。

最新記事
最新コメント
カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR