FC2ブログ

ミソサザイの巣作り (その4・最終章)日向の渓谷にて

ミソサザイの巣作り (その4・最終章)日向の渓谷にて
岩苔にアクロバティックに飛びついて!

岩に生える苔を採るのはいとも簡単に見えますが、実はそんなもんではない。 苔も水に流されまいと、必至に岩肌にしがみついている。根を張って人間の手でもそう容易には摘みとれない。。。 それをあの小さなクチバシで何度も何度も岩苔に取りついて・・・ 垂直にぶら下がっては垂れている苔に飛びついて。。。右に左に。。。上に下に・・・ ちょろろちょろろと動き回り苔を選んでいる。 

キットや巣作りに適する柔らかいところ。。。硬いところ・・ を選んでは摘みとるのだろうか・・ 雄のミソ君は時として中途半端な怠け者・・・と観られていますが、巣材を集めるときほど真剣になることはない。 

それは、雄のキット半完成品を完全な巣に創り上げる雌へのせめてもの思いやりだろうか・・・岩肌に張り付き、クチバシに苔が一杯になるまでを次から次へと咥える亮太の健気な表情が忘れられない。

今年は、そんなミソの巣作りの素材運びを日向の里に満喫することが出来ました。 
今度は雛の子育てを楽しみに再来を帰して山を後に・・・・ (完) 



2015/04/12撮) Nikon300s TM150-600mm
画像上をワンクリック! 150%に拡大してご覧ください。

亮太の輝く瞳。 緑濃い苔にやってきた。
DSC61_5072 (2)

枝に飛び移って・・・・
DSC61_5082 (2)

そして、苔を!          大好きなショット!
DSC61_5529 (2)

亮太はこの二枚の葉をもつ草のところが大好き!  輝く瞳!
DSC61_4768 (2)

何度もここにやってきては・・・
DSC61_4799 (2)

苔を摘みとる。。 キット良質の苔に違いない・・・・
DSC61_4909 (2)

亮太の苔採集は決して楽ではない。。。
DSC61_4589 (2)

岩肌に垂直にぶら下がっては・・・
DSC61_4710 (2)

苔を選ぶ。。
DSC61_4730 (2)

これで満杯! 取りあえず、巣へ戻ろう・・・
DSC61_4618 (2)

亮太が再び岩苔に・・・
DSC61_4938 (2)

これだけある苔の中から・・・
DSC1_4936 (2)

懸命に苔を選び抜く!
DSC61_4941 (2)

その秘密を知りたい・・・・
DSC61_4942 (2)

口にした苔は・・・・
DSC61_4946 (2)

きっと、満足のいく巣材!  満足げの亮太。  早くパートナーを見つけて幸せになって欲しい!
日向の里に、ミソの巣作りを楽しむ一日でした。  次回は子育てを!   (完)
DSC61_5011 (2)

【野鳥】ランキングに参加してます! 好かったらポチッとご協力お願い申し上げます! m(_ _)m




ミソサザイの巣作り (その3) 日向の渓谷にて

ミソサザイの巣作り (その3)日向の渓谷にて
忙中の閑! 水浴びのあとは・・・

ミソの亮太が苔生す杭にやってきた。 ここで囀るゥ? と思ったらとたんに岩陰に姿を消してしまった。 落ち着きのないやつ・・・ とカメラに添えた手を休める。。が、⒑っ分ほどすると、杭の下から何か黒い個体がチョロチョロと昇ってきた。 一瞬、カワガラス? と思いつつファインダーを覗いてみると。

なんと、水辺に消えた亮太が水浴びをしていたのだろう・・ぐっしょり濡れた”濡れ🐀🐭” のような姿を現したのでした。水浴び前の綺麗な背羽・・・ 水浴び後の身体を乾かす仕草。。。 いつもは暗い岩陰にへばり付いてばかりで、中々明るいところに出てくれない。  この明るい苔蒸す杭の上では、普段ゆっくり見られないミソの羽模様をじっくり楽しむことが出来ました。

ミソ色一色の中にも、背羽に広がる小さな黒斑、そして僅かな白斑が鮮明に見えて美しい! コマドリのように尾羽を広げ直角に立て、高らかに囀る姿が逞しく見える。 
水浴びあとの身体を乾かす亮太をゆっくり観察することに・・・・  ==>(その4)へ続く 


(2015/04/12撮) Nikon300s TM150-600mm
画像上をワンクリック! 150%に拡大してご覧ください。

陽の当たる苔生す杭に亮太がやってきた。
DSC51_5040 (2)

こうしてゆっくり見ると、背羽が小さな黒斑に飾られてとっても美しい!
DSC51_5042 (2)

水浴び前の亮太のポーズ!  このあと、姿を消してしまった・・・・・
DSC51_5045 (2)

ん? 濡れ鼠🐭🐀?
DSC51_5102 (2)

亮太が消えて、10分ほどすると同じ杭の下からちょろろと上がってきたものが・・・・・
DSC51_5106 (2)

ぐっしょりぬんれ👋・・・・・  亮太が杭の下で、水浴びをしていたのでした。。。
DSC51_5108 (2)

この仕草! 目をつぶってクチバシを研いで ・・・・
DSC51_5110 (2)

カイカイカイッと~~~
DSC51_5113 (2)

そして、この睨み!
DSC51_5116 (2)

何処に顔があるのか解らない・・・・
DSC51_5118 (2)

ぶるるるるr。・・・・
DSC51_5121 (2)

ようやく身体も乾いてきて・・
DSC51_5124 (2)

高らかに水浴び後の第一声!  広げた尾羽が美しい・・・・
DSC51_5128 (2)

水浴びのあと・・・   身体に艶が出て。。。 黒光り・・
DSC51_5129 (2)

春の陽ざしを一杯に浴びて・・・・
DSC51_5131 (2)

高らかに歌う亮太!  忙しく苔を運ぶ巣作りの合間に・・・  忙中の閑とはこのと! ==>(その4)へ続く
DSC51_5132 (2)

【野鳥】ランキングに参加してます! 好かったらポチッとご協力お願い申し上げます! m(_ _)m





ミソサザイの巣作り (その2) 日向の渓谷にて

ミソサザイの巣作り (その2)日向の渓谷にて
ミソが囀りはじめた!     

亮太の巣作りはいよいよ本格的に・・・・ 苔むす岩場にやってきては口いっぱいに苔を咥えては20mほど上流の岩場に消える。。。 2分もしないうちに戻ってきてはまた苔を口いっぱいにして。。咥えては消え、消えてはまた戻る・・・・ の繰り返しが5~6回も続き、そのうちパタッと止まってしまった。

キット、運んだ苔で巣作りをしているのだろう・・・ 想像を膨らむ.。。 一時間もの静寂が流れ、漸く森の方から囀りが川辺に近づいてくる。。巣作りが一段落したのだろうか。。 今度は枝から枝に、岩から木陰に。。 素早い動きを懸命に追っても追いつかない。 
うっかりすると10cmの個体を完全に見失ってしまう。。

味噌色でお世辞にも美しいとは思えない・・ が、細く鋭く小さなクチバシが顔にチョコンとついて、口がこれ以上開かないところまで一杯に開けて思いっきり囀るソプラノは雌の注意を弾かない筈がない。。  果たして出逢いの瞬間は訪れるのでしょうか。。。 
==>(その3)へ続く


(2015/04/12撮) Nikon300s TM150-600mm
画像上をワンクリック! 150%に拡大してご覧ください。


口いっぱいに苔を咥えて岩陰に消えて、一時間も待っただろうか。。。 良太が漸く川辺に現れた。
DSC31_5928 (2)

もう巣は出来上がったのだろうか。。。
DSC31_5933 (2)

苔を啄むでもなく、清々しそうに岩場を飛んで・・・
DSC31_5985 (2)

そして、この薄い苔に覆われた石碑のテッペンにやってきた。
DSC31_6026 (2)

我がパートナーを探すには・・・
DSC31_6042 (2)

ここで歌うのが・・・
DSC1_6046 (3)

森の隅々まで・・・ 
DSC31_6052 (2)

ソプラノが快く響くのです!
DSC31_6068 (3)

小さな口を全開にして囀るのも真剣!
DSC31_6055 (2)

石碑のあとは・・・ 
DSC31_6222 (2)

岩場に戻って・・
DSC31_6322 (2)

再び巣材集めに!
DSC31_6329 (2)

いったい、幾つ巣をつくるのか?・・・
DSC31_6361 (2)

ミソの雄は巣を作りかけにして・・・
DSC31_6378 (2)

最後まで完成することがない・・・
DSC31_6396 (2)

完成させるのは雌の仕事・・・・・ 良太は別の巣を造り始める。。
DSC31_6498 (2)

そうとも知らず、雌は亮太の美声に引き寄せられてやってくるのです・・  ==>(その3)へ続く・
DSC31_6510 (2)

【野鳥】ランキングに参加してます! 好かったらポチッとご協力お願い申し上げます! m(_ _)m






ミソサザイの巣作り (その1)日向の渓谷にて

ミソサザイの巣造り (その1)日向の渓谷にて
雄は働き者?・・・・

日向の里に春の訪れを告げるのは、やはり深森に甲高く響くミソサザイの囀りかも知れない・・・・ ほど良い頃?に訪れてみると、そのミソの囀りが聞こえてこない。。。

 今年はまだ早いのかナ? カメラマンの数も予想以上に少ない。。静かな森に聞こえてくるのは山合いを流れる渓流の音だけ・・ 取りあえず三脚をセットしてカメラを構えることに。。30分も経ったころ、漸くミソの声が谷間に響き、渓流の苔むす岩場に姿を現した。 

すると、いきなり苔むす岩に取りついて苔をしきりに突き回し・・・ ひとしきり苔の周りを飛び廻ると、口には顔が見えなくなるほど苔を咥えて・・・・雄のソプラノが聞こえない。。と思っていたら、なんと巣作りに精を出しているようでした。それもそのはず・・ パートナーを美声で呼び寄せるにも、先ずは巣作りが先決!

これまで、二度ほどミソを撮る機会に恵まれましたが、巣作りの苔材を集めるところは初めて。 じっくり観察させていただくことに!  ==>(その2)へ続く 


(2015/04/12撮) Nikon300s TM150-600mm
画像上をワンクリック! 150%に拡大してご覧ください。

ミソの亮太(と名付けました)が声もなく水辺に現れた。
DSC21_5695 (2)

この辺には・・・
DSC21_5696 (2)

良質の苔の巣材が・・・
DSC21_5714 (2)

沢山あるんです!
DSC21_5738 (2)

早速、岩に取りついて・・・
DSC21_5593 (2)

先ず一口ィ!・・・
DSC21_5639 (2)

この小さなクチバシに・・・・
DSC21_5642 (2)

いとも簡単に収めていくもんだ ・・
DSC21_5680 (2)

再び岩に・・・・ 
DSC21_5600 (2)

まだまだ い・け・る~・・
DSC21_5578 (2)

ミソの雄は ”怠け者?” と聞いていましたが。。。
DSC21_5582 (2)

こんなに働き者とは・・・・  でも、これが曲者・・・・
DSC21_5605 (2)

だってェ・・・ 巣を造らなきゃア、パートナーを呼べないんですゥ!
DSC21_5607 (2)

亮太、”これでよし!”   颯爽と飛び立っていく・・・   ==>(その2)へ続く
DSC21_5684 (2)

【野鳥】ランキングに参加してます! 好かったらポチッとご協力お願い申し上げます! m(_ _)m





桜の季節 (その11・最終章)外国からの友を迎えて

桜の季節 (その11・最終章)外国からの友を迎えて
平安の宮で時間が止ってしまいました。。。

平安の宮の枝垂れ桜があまりにも美しくて・・・ 私たちの目はすっかり釘づけ。 時間も止まり、👣も止まり・・・ 醍醐寺までの予定は大幅に遅れ。。 南禅寺に歩を向けたのは既に3時をまわっていた。。。

南禅寺の染井吉野はまだ待っていてくれるだろうか。。。 寺までの川沿いは期待通りの美しい桜並木を魅せてくれた。が、南禅寺に入ると、どうしたことか染井吉野はスッカリ花びらを落として見る影もなし。。。 哲学の道も既に葉桜・・・急きょ地下鉄で醍醐寺に向かうも、醍醐駅に着いた時にはもう5時を指していた・・・・・ お寺は5時に閉門。。。
結局、京のお花見は嵐山に始り平安神宮でピリオドを打つことになりました。

が、遠方からの珍客を伴っての京の旅は私たちにとって最高の想い出となりました。
キット東京の桜、京の枝垂れに春ならではの”日本の美”を心に焼き付けたことでしょう。 翌日、客人は更に、日本の美を求めて安芸の宮島へ・・・・・  10日間の日本の旅、
 ”感動!” のお土産を満載して成田空港を飛び立っていきました。 次回は紅葉のシズンに! と思いを馳せて・・・・ 
       (完)

(2015/04/07撮) Nikon300s TM150-600mm
画像上をワンクリック! 150%に拡大してご覧ください。

神苑の緑が枝垂れに彩られ・・・
DSC81_4054 (2)

ピンクと緑の調和・・・
DSC81_4056 (2)

優しく松の針葉に寄りかかる枝垂れ・・・
DSC81_4058 (2)

そして、美しき松の🌲の芸術・・・
DSC81_4059 (3)

夜のライトアップには・・・
DSC81_4063 (2)

この枝垂れ桜が御池に浮き上がる・・・・  見れなかったのが無念・・
DSC81_4064 (2)

でも、
DSC81_4066 (2)

これだけ美しい枝垂れを観ることが出来て。。。
DSC81_4069 (2)

これ以上の幸せはない!
DSC81_4075 (2)

感動に目をはらして平安の宮を出る。。。
DSC81_4077 (2)

DSC81_4078 (2)

和服姿が美しい!
61P1070648.jpg

こんなに爽やかニコニコ顔の旅人も!  和服が似合いますゥ!
DSC91 05852 (2)

平安神宮を後にして・・・
DSC81_4079 (2)

大鳥居をくぐって・・・
DSC81_4087 (2)

南禅寺までの桜並木・・・ 染井吉野がまだ残っている。。がたった1Km先の南禅寺はスッカリ花びらを落として。。
が、 最高の京のお花見に、遠路からの客人はキット”幸せ”を噛みしめてくれたことでしょう・・  (完) 
DSC81_4093 (2)

【野鳥】ランキングに参加してます! 好かったらポチッとご協力お願い申し上げます! m(_ _)m



桜の季節 (その10)外国からの友を迎えて

桜の季節 (その10) 外国からの友を迎えて
平安の宮はしだれ桜の宝庫!

平安の宮・・・ 神苑を更に進むとパット開けた御池に出る。 御池の水は琵琶湖流水路から引かれているそうな。。。池の畔に沿って枝垂れ桜と緑の松が美しく調和して人々の目を楽しませてくれる。。。 夜には御池に写る桜がライトアップされるという。

是非! と早めに夕食後を済ませ、颯爽と出かけてみると・・・ なんと、事前予約がないとダメ。。。
ということで門前払いを喰らってしまう。。。うっかり・調査不足?・・・ 
に、何とも恨めしき限り。 友よ、ゴ・メ・ン。。。

ともあれ、20,000坪もある平安神宮の神苑に咲き乱れる桜を心行くまで愛でつつの散策は楽しい限り。 遠路からの客人との気持ちもひとつになって・・・・ 国境を超えた心の友と一緒に京都に来れて仕・合・わ・せ! ==>(その11・最終章)へ続く


(2015/04/07撮) Nikon300s SG12-200mm
画像上をワンクリック! 150%に拡大してご覧ください。

広大な神苑に咲き誇る枝垂れ・・・・
DSC81_3994 (2)

この美しさを・・・
DSC81_3996 (2)

どう表現したらいいのか・・・・
DSC81_3997 (2)

語彙の少ない自分が。。。。
DSC81_4005 (2)

恨めしい ・・・・
DSC81_4007 (2)

そのすぐ脇には苔むす深緑が・・・
DSC81_4008 (2)

名残の染井吉野・・・
DSC81_4011 (2)

天に向け誇らしげに咲き・・・・・
DSC81_4018 (2)

地に向けて優雅に枝垂れる・・・
DSC81_4019 (2)

DSC81_4022 (2)

DSC81_4023 (2)

御池の周りには・・・
DSC81_4027 (2)

更に、美しさを増して・・
DSC81_4028 (2)

水面に枝垂れる・・・・
DSC81_4030 (2)

枝垂れの向こうには御池を渡す回廊が美しく水に写って・・・
DSC81_4039 (2)

松の合間に咲く枝垂れ・・・  素晴らしき調和!    ==>(その12・最終章)へ続く
DSC81_4047 (2)

【野鳥】ランキングに参加してます! 好かったらポチッとご協力お願い申し上げます! m(_ _)m

桜の季節 (その9) 外国からの友を迎えて

桜の季節 (その9)外国からの友を迎えて
平安の杜はしだれ桜の宝庫!

平安神宮の入口を入るや、目の前の庭園には所狭しと枝垂れが咲き誇り、巨木のしだれが屋根を覆うほどに垂れ下がる・・・・ 圧巻の一言。

庭園を降りていくと、そこにはしだれの枝が藤棚に支えられ庭一面が枝垂れの花びらで包まれる。 まるで、枝垂れの創り上げる芸術作品。 角度を少し変えて観ると全く違った枝垂れの形・・・・・   もう言葉が見つかりません。 呼吸を整えて、ご自由に言葉を探してみてください! ==>(その10)へ続<


(2015/04/07撮) Nikon300s SG12-200mm
画像上をワンクリック! 150%に拡大してご覧ください。

京の今は枝垂れ桜が満開。  屋根よりも高い枝垂れの巨木から・・・
DSC81_3961 (2)

しなやかに ・・・・
DSC81_3963 (2)

どこまでも優しく・・垂れ下がる。
DSC81_3964 (2)

庭園には、ところ狭ましと咲き乱れ・・・
DSC81_3965 (2)

花びらに、そっと話しかけたくなる…
DSC81_3966 (2)

空から花びらが降ってくるような・・・・
DSC81_3967 (2)

中庭に進むと・・・・
DSC81_3971 (2)

この美しさ!
DSC81_3972 (2)

平安の宮にこれほど枝垂れ桜が咲き誇っているとは・・・
DSC81_3973 (2)

知る由もなかった・・・・    感激!
DSC81_3976 (2)

遠路からの客人も、無心にシャッターを押し続け・・・
DSC81_3979 (2)

遂には離れ離れに ・・・・ 
DSC81_3980 (2)

自分だけでは支えきれないほどに重そうに垂れ下がり・・・
DSC81_3984 (3)

藤棚ならぬ、 桜の棚に支えられパノラマのように咲き乱れ・・・
DSC81_3985 (2)

庭園の緑と調和してピンク色が一層映える ・・・
DSC81_3989 (2)

これほどまでに美しく咲き誇る枝垂れは初めて!
DSC81_3990 (2)

遠路からの客人は何処に? ・・・  そろそろ探さねば・・・               ==>(その10)へ続く
DSC81_3993 (2)

【野鳥】ランキングに参加してます! 好かったらポチッとご協力お願い申し上げます! m(_ _)m




桜の季節 (その8)外国からの友を迎えて

桜の季節 (その8)外国からの友を迎えて
祇園から鴨川へ・・・ そして、究極の枝垂れ桜・平安神宮へ!

美味しい昼食を終えると、先ずは平安神宮へ・・・・ その前に、祇園を南に少し下りると鴨川に突き当たる。その川沿いに展開する桜並木。 ここの桜がまた圧巻! しばし、鴨川の散歩! と洒落込むことに・・・

そして、憧れの平安神宮へ! 修学旅行の想い出は、あの純色のオレンジに塗られた建物。正門前の広~い砂利道。  それ以外の記憶がない。。。この機会にもう一度ゆっくり行ってみたい! と、独断で計画・・・ 遠路の客人には、このあと桜の名所・南禅寺。 そして、枝垂れ桜の醍醐寺へ・・・ そこで埋め合わせをすればいい。。。。

枝垂れ桜がオレンジの柱にブルーの屋根から ”いらっしゃい!” とばかり零れ落ちそうに迎えてくれた。が、気軽に立ち寄り気分で、桜には格段の期待なきまま入り口の門に足を踏み入れた途端。三人の前にはオレンジの柱から滴り落ちる枝垂れ桜の乱舞が! 
そこから内庭に入るに従って枝垂れ桜の乱舞は、更に形を変え、姿を変え・・・庭園に植えられた松に合いまみれて・・・遂には出口付近の御池に至るまで自分と客人の ”👀 と 👣” をくぎ付けにしてしまった・・3人の時間は完全に平安の杜で止まってしまいました。。。 御池に這う美しく緑濃い松と枝垂れ桜の饗宴・・・ 蚊が血を吸い過ぎて飛べずに畳を這うほどに、一同時間を忘れてお腹いっぱいのお花見に満喫!

感動に感動を呼び👀が点になる!とはこのことでしょうか。 この上は、本章から最終章に至るまで平安神宮の枝垂れをとっぷりと楽しませていただきつつ、客人との京の旅を締めくくらせて戴くことに!==>(その9)へ続く


(2015/04/07撮) Nikon300s SG12-200mm
画像上をワンクリック! 150%に拡大してご覧ください。

鴨川沿いの散歩道。
DSC82_3917 (3)

あまりに美しくて・・・・
P81 1070624 (3)

時間を忘れて・・
DSC81 05893 (2)

寄り道してしまいました。。。。
DSC81 05894 (2)

可憐にピンクの花びらが・・・
DSC81 05898 (2)

川沿いにそそりかかる・・・・  鴨川の優雅な桜の季節!
DSC81_3923 (2)

そして、 もう一度来たかった・想い出の平安神宮!
DSC81_3933 (2)

あの日から今も燦然と輝く純白のオレンジの正門!
DSC81_3938 (2)

この広々とした空間が見たかった!  客人を忘れて悦に入る。。。。
DSC81_3940 (2)

入口の蒼い瓦屋根に枝垂れが零れ落ちそうに・・・・
DSC81_3941 (3)

客人を出迎えてくれているよう・・
DSC81_3945 (3)

入口を一歩踏み入れると、、、
DSC81_3946 (3)

そこは別世界!
DSC81_3948 (2)

雄大に・・・・
DSC81_3954 (2)

華麗に枝垂れ天から舞い降りて・・・
DSC81_3958 (2)

なんと美しいことか!
DSC81_3953 (2)

入口に👣を踏み入れた途端に・・・ 👀が点になってしまいました。。。。  ==>(その9)へ続く
DSC81_3960 (2)

【野鳥】ランキングに参加してます! 好かったらポチッとご協力お願い申し上げます! m(_ _)m



桜の季節 (その7)外国からの友を迎えて

桜の季節 (その7)外国からの友を迎えて
そして祇園・ 舞妓さんの一日の始りは・・・

八坂神社から南に少し下ると、祇園の街。 花街に入ると、夜の祇園とはまた趣の違った華やかさ。古風な家並に沿って流れる白川に桜がこぼれて・・・  
舞妓さんの一日の始りはこの川沿いにある「辰巳大明神」へのお参り。

毎日ここで手を合わせてから花街に入っていくのだそうです。。。 嵐山でも、清水寺でもそうでしたが、京の寺町には女性が着物姿で歩く姿が多くみられる。着物姿で京の神社仏閣を優雅に歩くのがいまの流行りのようです。若いカップルが着物と羽織袴で桜を愛で・・ 記念写真に収まる! 正に、京の風物詩。  

白川に沿って真っ直ぐ下りると鴨川にぶつかる…・ 鴨川沿いの枝垂れ桜が色濃く咲き乱れ散策の人々の目を楽しませてくれる。 その前に、花街で洒落たお昼をすることに!
==>(その8)へ続く 


2015/04/07撮) Nikon300s SG12-200mm
画像上をワンクリック! 150%に拡大してご覧ください。

祇園の街にやってきました。。
DSC61_3864 (2)

ここは花町への入口・・・・
DSC61_3866 (2)

桜並木に沿って・・・
DSC61_3873 (3)

小川が花町と散策道を分けて流れる・・・   旅人は着物姿で想い出創り!
DSC61 05854 (2)

舞妓さん! 一日の始りは必ずこの「辰巳大明神」にお参りをしてから・・・・・
DSC61_3876 (2)

白川にかかる・・ この橋を渡って花町に入っていくのだそうです。
DSC61 05855 (2)

舞妓さんの一日を愛でるように枝垂れが白川に垂れて・・・・
DSC61_3880 (2)

どこまでも美しく・・・
DSC61_3881 (2)

花町を下ると・・・
DSC61_3886 (3)

桜並木が更に広がって・・・
DSC61_3893 (3)

花びらの絨毯を踏み分けて・・・ 和服の大和撫子がより美しく!
DSC61_3887 (2)

ほぼ花びらを落とした染井吉野に満開の名残り・・・・
DSC61_3894 (2)

すぐ脇に京風のレストランを見つけました。。
DSC61_3889 (2)

お昼は少し奮発して!
P61 1070616 61 (2)

お洒落のランチを!  遠路からの客人は日本食が大好き!
P61 05887

箸が進む!ゆったりとした個室から外を眺めながら~  桜の花びらがまたチラリホラリ・・・・
DSC61 05885 (2)

完食!  し・あ・わ・せ~~     ==>(その8)へ続く
P61 1070620 61

【野鳥】ランキングに参加してます! 好かったらポチッとご協力お願い申し上げます! m(_ _)m





桜の季節 (その6)外国からの友を迎えて

桜の季節 (その6)外国からの友を迎えて
そして清水寺から八坂神社へ・・・・


二日目の始りは清水寺から・・・・ 遠路からの客人を案内しての京都は、自分にとって正に修学旅行の再現かのように思えてくる。 でも、修学旅行はオフシーズン。なので桜の季節でも紅葉の季節でもない。 

よって、桜の季節に自分が京に在ることは、遠路の客人と気分は全く同じ! 共に、神社仏閣に咲き乱れる桜に酔いしれる一日でした。

コースは、清水寺から・・その参道を産寧坂~二年坂に歩を向けて寧寧の眠る高台寺へ・・ そこから円山公園~八坂神社~祇園の街へ。。更に平安神宮まで歩き、すぐ隣の南禅寺へ。 さらに、時間が許せば地下鉄を乗り継いで、枝垂れ桜で知られる醍醐寺へ・・
一日のプランをじっくり創ってはみたものの、果たしてどこまで辿り着けることか。。。

先ずは、清水寺から八坂神社までの桜を!  そして・・・祇園でお昼を! 
==>(その7)へ続く 


(2015/04/07撮) Nikon300s SG12-200mm
画像上をワンクリック! 150%に拡大してご覧ください。

バスを降りて、昇り坂の清水寺参道を登りきったところに・・・・
DSC61_3754 (2)

可憐に咲き乱れる枝垂れが参拝者を迎えてくれる。。
DSC61_3756 (2)

三重塔も、正面に美しい容姿を魅せてくれた。。
DSC61_3793 (2)

そして、本堂の清水舞台。  芽吹いたばかりの若葉に包まれて・・・・   昔も、今も変わらない
DSC61_3782 (2)

染井吉野も美しさを残してくれている・・・
DSC61_3781 (3)

荘厳なり、清水舞台! ”清水から飛び降りるつもりで・・・・・ ” と言う言葉にあるように・・・ 高~い!
これだけの柱に支えられ、何百年も建ち続けている・・・・
DSC61 05813 1(3)

御池の水面も、そろそろ花びらで覆われそう。。。
DSC61_3801 (2)

清水寺をあとに二年坂を歩いて高台寺へ・・・・・   お土産やが左右に立ち並び楽しさ百倍!
DSC61 05826 61 1(2)

高台から見る屋根が美しい・・・
DSC61_3818 (2)

そして・・・ 高台寺を護るようにどっかりと座る観音様。
DSC61_3819 (2)

枝垂れ桜を愛でつつ、15分ほど歩くと~
DSC61_3820 (2)

かの八坂神社に…・
DSC61_3862 (2)

静寂に満ちた境内が美しい…・
DSC61_3852 (2)

遠路からの客人は最高の週に恵まれて! これ以上の・・・
DSC61_3822 (3)

幸せはない!   振り返れば昨年の11月にこの週を選んだのでした。。。
DSC61_3849 (3)

この前の週でも、後の週でもない。 いまでショッ!  ==>(その7)へ続く
DSC61_3850 (3)

【野鳥】ランキングに参加してます! 好かったらポチッとご協力お願い申し上げます! m(_ _)m






プロフィール

Su~chan

Author:Su~chan
私の名前は「Su~」です。”Su~chan”と呼んでください。
相模原市在住。

最新記事
最新コメント
カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR