FC2ブログ

カワセミの晩秋【11月】 (その15・最終章) 薬師の森にて 

カワセミの晩秋【11月】 (その15・最終章) 薬師の森にて 
鳥類は色の識別が出来るのだそうです。。。 しかも紫外線領域までも!


薬師の杜炎上! 鮮やかな紅葉を楽しむことの出来るのは人間だけでなく、カワセミも楽しめたんだ! とたった今、知って心が和みました。 実は、前章をアップしているうちに、鮮やかな紅葉の前にジッと佇む宗司郎。 ”君にもこの美しい紅葉が判るの?” と考え始めると夜も眠れず、とうとう昨夜は極度の寝不足になってしまいました。。。。

そこで、本日、朝いちにインターネットを立ち上げ知恵袋を紐解いてみると、お蔭さまで、すっきりとした解答に辿り着き、冷たい雨も心の中はスッカリ晴天!

さっそく、権威ある知恵袋博士から愚拝の理解を確認!・・・・ 
結論として、鳥類は明らかに色を識別できる。 赤・緑・青の他に紫外線領域も感じ取れる4種類の視細胞があるのだそうです。この4種類の視細胞をつかって色を感じ取るのが鳥類の視覚なのだそうです。

そういえば、鳥類には色の鮮やかなものが多く、天敵に目立つリスクよりも、仲間に目立つために様々な色の羽毛を持っている。。。 そういえば、一般的に美しい色彩を持つ方が雄。 その鮮やかな色彩を持って雌に猛烈にアピールする・・・・・ 意味が良く解りました。(人間の男性もおなじ・・・) 色を識別できなければ、この生態も変わっていたのかもしれません。

同じ色の識別でも、人と全く同じ色が見えるのではなく、鳥類は紫外線を通した色彩感覚になるのだそうです。

カラスは”黄色が嫌い” が通説となっており、「カラスは黄色が見えない」・・・ ことから、ゴミ袋やゴミ置き場のネットもカラス除けとして、黄色が使われているのを目にしますが、この概念は誤り。。。

カラスは臭い(他鳥類もおなじ)でなく、視覚で食べ物を探し、食べられるか否かは視覚の色情報などを判断基準にしていると考えられる。人間は角膜が紫外線をカットするので、紫外線の色を感じることが出来ないのですが、カラス(鳥類)は紫外線を感じることが出来る視細胞を持っているのだそうです。

ひとつの実験として、 人から見て全く区別のつかない「サンプル肉」と「本物の肉」をカラスに与えると、カラスはサンプル肉には見向きもせず、本物の肉を食べるそうです。 つまり、カラスは紫外線領域の光線も使って色を作り出しているので、サンプルと本物では反射が違うため、すぐ食べられるものが解るのだそうです。

先ほどの黄色いごみ袋も、紫外線をカットする特殊な顔料を入れると、ゴミ袋の中身が普通見ている色情報とは異なってしまい、中身が食べ物かどうか、解らなくなってしまうのだそうです。  従って、紫外線をカットするごみ袋でなければカラス除けには全く通じない。ということになります。

ちなみに、今でも「黄色いごみ袋」が普及しているのは、紫外線をカットする特殊顔料がいちばん効果を発揮するのが黄色なのだそうです。

晩秋の ”モミジ・カワセミ”。 お蔭さまで朝から大変素晴らしい勉強が出来、最終章を快く締めくくることが出来そうです! 知恵袋博士に深謝。     (完)


(2014/12/02撮) Nikon300s TM150-600mm
画像上をワンクリック! 150%に拡大してご覧ください。

宗司郎のお花見・・・・
DSC60_8013 (2)

しっとりと・・・・・
DSC60_8025 (2)

カワセミがこんなにお花見が好きだとは…・
DSC60_8034 (2)

水辺の石垣にやってきて・・・・
DSC60_7956 (2)

お花見する・・・・
DSC60_7962 (2)

ポイントも・・・
DSC60_7968 (2)

良く心得ている ・・・・
DSC60_7980 (2)

ここから真っ赤に染まった水面を眺めるのが一番!
DSC60_7985 (2)

チョット移動すると・・・・
DSC60_8002 (2)

ここが宗司郎の漁場!  ロープにつかまって浮き上がってくる白エビを捕まえる・・・
DSC60_7748 (2)

そして、お立ち台に!
DSC60_8256 (2)

ここが一番のお気に入り!
DSC60_8280 (2)

真っ赤に燃え上がる ・・・・
DSC60_8271 (2)

薬師の杜の・・・・
DSC60_8259 (2)

真ん中で。。。。 最高のお花見日和! 
でも、こんな日ももうしばらく見られないかもしれない・…・ と、思うと一抹の寂しさが。。。 
噂では、来年はこの池の水を干し、大々的な工事が行われるという・・・・    
そんな晩秋のカワセミを紅葉と共に締めくくるれたのも何かの偶然かも知れません (完)

DSC60_7872 (2)

【野鳥】ランキングに参加してます! 好かったらポチッとご協力お願い申し上げます! m(_ _)m





カワセミの晩秋【11月】 (その14) 薬師の森にて

カワセミの晩秋【11月】 (その14) 薬師の森にて 
薬師の杜 炎上!・・・・・・・ 

晴天の下、池の畔を彩る紅葉(モミジ)に常緑樹の緑葉がコラボして水面を虹色に染めている。。。 その様は、あたかも座礁した船から流れ出た油に火がついてたちまち水面を火の海に・・・・

まるで 薬師の杜が炎上! しているかのような ・・・・  
本章では、炎上・真っ只中の火の海を自由闊達に飛び廻るカワセミの美しさをハイライトして見たいと。。。。   ==>(その15・最終章)へ続く


(2014/12/02撮) Nikon300s TM150-600mm
画像上をワンクリック! 150%に拡大してご覧ください。

薬師の杜・炎上!  水鏡に写る赤が・・・ 緑が水に溶け込んで。。。。
DSC54_8960 (3)

宗司郎、杜の炎上を涼しげに眺めて・・・・・
DSC54_8444 (2)

”紅葉”の二文字の解らない青年・宗司郎には・・・ この色はどう映っているのでしょうか。。。
DSC54_8445 (2)

世にも不思議な水の色・・・・・
DSC54_8288 (2)

流れ出た油が引火して・・・・  (水面にフォーカス!)
DSC54_8326 (2)

一気に炎となって・・・・・ (宗司郎にフォーカス)
DSC54_8327 (2)

水面を火の海に・・・・・  まるで、水から火が噴きだしてるよう・・・・・DSC54_8365 (2)

水面に燃え盛る炎が・・・・・
DSC54_8413 (3)

一面を・・・・・
DSC54_8415 (2)

赤く塗りつぶして…・
DSC54_8423 (2)

不思議な色した水面に・・・・・ 
DSC54_7630 (2)

よくぞ魚が見つかったもんだ!
DSC54_7647 (2)

杜の池に降り注ぐ陽の光が動くごとに・・・・・
DSC54_7668 (2)

水面の色が変わって・・・・
DSC54_7677 (2)

ついにはこんな色に ・・・・・・
DSC54_7875 (2)

戸惑いを隠せない宗司郎。。。。。。 教えてください・・・・  野鳥は色の識別がつくのでしょうか。。。。。。 
=>(その15・最終章)へ続く
DSC54_7878 (2)

【野鳥】ランキングに参加してます! 好かったらポチッとご協力お願い申し上げます! m(_ _)m



カワセミの晩秋【11月】 (その13) 薬師の森にて

カワセミの晩秋【11月】 (その13) 薬師の森にて 
宗司郎のお花見! 虹色の背景にうっとり・・・・ 

美しい紅葉とカワセミと水鳥がひとつの池にまとまり、これほどまでに散策の人々の目を楽しませてくれる公園・・・   自宅から車で30分余りのところにあるなんて! カワセミを我が人生の友とする自分はホントに ”果報者” !

まだ足の爪がまだらに黒く、濃いオレンジ色に染まりきらない宗司郎ですが、身体の翡翠色はもう親に優るとも劣らない美しさになって・・・・  モミジ葉に映えて!  背景が虹色に染まって ・・・ 全てがうっとり・・・

宗司郎、しばし飛ぶことを忘れモミジ葉の枝に止まり、生まれて初めて見る紅の美しさに酔いしれ👋・・・・・一等席でのお花見! 至福の時を邪魔することなく、遠くから静かに見守ることに。。。。  ==>(その14)へ続く


(2014/12/02撮) Nikon300s TM150-600mm
画像上をワンクリック! 150%に拡大してご覧ください。

池に沿って走る散歩道。 その上に注ぐ真っ赤紅色・:::
DSC52_7501.jpg

宗司郎、うっとり・・・・  虹(にじ)色の背景が・・・・・
DSC52_8060 (2)

美しすぎて!
DSC52_8077 (3)

しばし、・・・・
DSC52_8500 (3)

飛ぶことを忘れ・・・・
DSC52_8501 (2)

美しい虹(にじ)色の水面に・・・!
DSC52_8517 (2)

思わず👣が枝に氷ついてしまった・・・・
DSC52_8531 (2)

モミジ葉の中に・・・・
DSC52_8567 (2)

何をば・・・
DSC52_8575 (2)

想う ・・・
DSC52_8599.jpg

風情あるお花見! 
DSC52_8696 (2)

初めて迎えるモミジの季節。。。
DSC52_8713 (2)

世の中にはこんなに美しい季節があるなんて・・・  これは人間さまだけのものではないよネェ!・・・ 
DSC52_8715 (2)

そのすぐ下には・・・・ 可憐な花が静かに彩りを添える ・・ ==>(その14)へ続く
DSC52_8861 (2)

【野鳥】ランキングに参加してます! 好かったらポチッとご協力お願い申し上げます! m(_ _)m




カワセミの晩秋【11月】 (その12) 薬師の森にて 

カワセミの晩秋【11月】 (その12) 薬師の森にて 
これぞ 💎・翡翠(ヒスイ)の美しさ!

(途中で、白いセキレイ・・ オオハクチョウの幼鳥・・ で中断しましたがまた続きを復活させていただきます。)
本章では、これぞカワセミ色! 美しき翡翠色した💎(宝石)に焦点を当ててみたいと・・・
背中のヒスイ色だけにご注目ください!

真っ赤に染まった薬師の杜。 二時間余りにも亘って続いた宗司郎と礼子の浮島の戦いは決着のつかないまま宗司郎の退散・・・・ ということでひとまず終結。 

再びそれぞれの縄張りに戻って・・・・
紅葉色に映える水面を愛でる💎・・・ 止まり木で逆光に映える💎。。。
その背羽を、吸い込まれるほどに深く彩る💎・ヒスイ色!  どんなに見ていても飽きることがありません。 美しい! のひとことデス・・・  ==>(その13)へ続く 


(2014/12/02撮) Nikon300s TM150-600mm
画像上をワンクリック! 150%に拡大してご覧ください。

真っ赤に染まった薬師の杜。 この杜がこれほどまでに美しく色づくとは!
DSC34_8906 (2)

宗司郎もうっとり・・・・  でもここでの注目は、宗司郎の翡翠色の背中です!
DSC34_8928 (2)

アングルが変わると、水面が色づいて・・・・  背中の線!にご注目・・・・
DSC34_8929 (3)

DSC34_8932 (2)

水面にしたたり落ちそうなモミジ ・・・・
DSC34_8903 (2)

礼子の食事!  モミジ葉の下で ・・・
DSC34_9028 (2)

薬師の池には大きな魚がいないらしい ・・・・でも、大満足! 
DSC34_9030 (2)

背中にひと筋のヒスイ色!  
DSC34_8317 (2)

日陰に入ると、左右の背羽がこんなに濃いブルーに・・・
DSC34_8318 (2)

青空にモミジ葉が映えて・・・
DSC34_8883 (2)

藍色の礼子の背中が美しい! ・・・・ 
DSC34_8723 (3)

順光に・・・・
DSC34_8738 (3)

光・・・・
DSC34_8744 (2)

輝く翡翠色!
DSC34_8748 (2)

向きを替えると・・・・  この華麗さ!
DSC34_8758 (3)

その💎色が一層輝きを増して・・・
DSC34_8767 (2)

翡翠色💎(宝石)とは、正にこの色!   美しきかな水辺の💎       ==>(その13)へ続く
DSC34_8781 (2)

【野鳥】ランキングに参加してます! 好かったらポチッとご協力お願い申し上げます! m(_ _)m





オオバン 朝の散歩 相模川堰にて

オオバン 朝の散歩 相模川堰にて
オオハクチョウと一緒に・・・・・

オオバン。 初見です。。。 ”バン” の名前の由来とは・・・ いつも田んぼに現れて田んぼの番をしているような鳥・・・・ で ”バン” となったそうな。。
そのバンより大きいところから、単に ”オオバン” と呼ばれるようになったとか。。。。

川岸にオオハクチョウの幼鳥が謙虚に緑葉を啄む中、 オオバン4羽が仲良く緩やかな堰の流れを弄ぶかのように闊達に泳ぎ回っていた。 時には白鳥に朝の挨拶などして・・それにしても仲の良いこの4人、二組の夫婦なのでしょうか。 一人が方向を変えると、他の3人が追従。。。

朝一から幼鳥を追っての4時間あまり・・・ ついに帰るその時まで4人は着かず離れず、どこまでも仲睦まじく何をするにも一緒! 微笑ましい仲間! 白鳥が岸辺の緑葉を食む一方、 オオバンは川の真ん中で盛んに潜っては川底に生える水草の茎根を啄むのでした。

その”潜り”の格好が面白くって! ピョンッ!と勢いをつけて跳びあがっては思いっ切り垂直にザンブと潜る・・・ まるで魚を漁るかのように。幼鳥が長い首を羽根の中に埋めしばし眠っている間、 そんな4人一緒の珍散歩を見せてもらうことに。。。 (完)


(2014/12/06撮) Nikon300s TM150-600mm
画像上をワンクリック! 150%に拡大してご覧ください。

オオバン・4人組が幼鳥のところにやってきた。。。 白鳥は決して小さきを虐めるどころか・・・
Take you under my wing! ( 君たちを護ってあげるよ!) と言っているようです。
DSC22_0081 (2)

オオハクチョウの大きな翼下に護られて・・・・ オオバン4人組は我が世の春!
DSC22_9625 (2)

DSC22_9626 (2)

着かず離れずの4人組 ・・・ 
DSC22_9648 (2)

から少し離れて、男子の辰則(たつのり)・・・・ 
DSC22_9435 (2)

オオバンの売り物は・・・
DSC22_9817 (2)

深い赤色の瞳。
DSC22_9482 (2)

しばし、
DSC22_9493 (2)

その魅力的な・・・
DSC22_9499 (2)

瞳をじっくり楽しむことに。。。
DSC22_9501 (2)

そこに妻なのでしょうか? 女子の依子(よりこ)が追いついてきた。
DSC22_9505 (2)

あなた、そろそろ食事にしない?   うん、そうしようか・・・・・   意気がピッタリ!
DSC22_9528 (2)

夫の辰則が潜ったァ!
DSC22_9808 (2)

そして、妻の依子も ・・・・・  
DSC20_9511 (2)

ダイナミックな素潜り・・・
DSC22_9849 (2)

しっとり潜って・・・・
DSC22_9851 (2)

荒々しい相模川の流れも・・・ このすぐ上にある堰は緩やかな溜池のように・・・ 
そこは幼鳥・オオバン連の楽園です!
 (完)

DSC21_9069 (2)


【野鳥】ランキングに参加してます! 好かったらポチッとご協力お願い申し上げます! m(_ _)m


オオハクチョウの幼鳥 (その5・最終章) 相模川堰にて

オオハクチョウの幼鳥 (その5・最終章)相模川堰にて
水面を滑るように・・・ 優雅なり!

太一が目の前にやってきた。 一対一のご対面! 心の中で、”おはよう!” 
と思わず一礼。 あまりに近すぎてファインダーに入りきれない嬉しい悲鳴・・・・  
自分と二人でカメラしていたバーダーがたった10分前に引き揚げていった・・・

その直後のこと。。。 こんな近くで、静かな水面を滑るように泳ぐ優雅な太一の雄姿! もっと沢山のバーダーと喜びを共有したいと思わずにいられない。

すっかり純白の翼に生え変わる日もうすぐそこまで・・・・相模の楽園で、そんな幼鳥に逢えるのも仕合わせ! 快晴の朝、目の前で水草を食み、水を飲み・・・・ 
川辺に遊ぶ太一の仕草・表情を存分に満喫することが出来ました。    (完)


(2014/12/06撮) Nikon300s TM150-600mm
画像上をワンクリック! 150%に拡大してご覧ください。


太一がこちら側の岸辺にやってきました。   
DSC15_0382 (2)

緩やかな・・・・
DSC15_0387 (3)

川面を滑るように・・・・・
DSC15_0393 (3)

そして、水草の芽を啄んで・・・
DSC15_0394 (3)

でも、このあたりの水草の芽は・・・・
DSC15_0425 (2)

これまでにほとんど食べつくし・・・・・・
DSC15_0426 (2)

緑葉の芽はほとんど坊主・・・・
DSC15_0427 (2)

もう少し、奥の方にあるかな?  長い首を一杯に伸ばして覗き込む・・・
DSC15_0433 (2)

カメラを構える自分との距離 ・・ 僅か2m・・・・
DSC15_0446 (2)

優雅なり、 たった一人の気ままな散歩! 川面に浮く白鳥はそれだけで絵になります!
DSC15_0455 (2)

この葉は美味しそうだ!
DSC15_0470 (2)

ついに、太一との距離 1m!・・・・・
DSC15_0482 (2)

男前! いい表情をしてる~~
DSC15_0485 (2)

次なる緑葉を捜して ・・・・・
DSC15_0497 (2)

水を飲む仕草も・・・・・
DSC15_0501 (2)

また一景!
DSC15_0502 (2)

太一の散歩はまだまだ終わりそうにありません。。 この後、 遂に近すぎて岸辺の草に隠れてしまいました。   
初めて逢えたオオハクチョウの幼鳥。 お蔭で。君との楽しいひと時を過ごすことが出来ました。

早く、真っ白に衣替えした太一に逢いたい!    (完)
DSC15_0506 (2)

【野鳥】ランキングに参加してます! 好かったらポチッとご協力お願い申し上げます! m(_ _)m







オオハクチョウの幼鳥 (その4) 相模川堰にて

オオハクチョウの幼鳥 (その4)相模川堰にて
なんと、太一が僕の方にやってきた!

今にも飛び立たんとする・・・  ダイナミックな羽ばたきは、そのままオオハクチョウのスケールの大きさを実感させてくれました。 その太一。 ストレッチにまだ満足しないのか、またまた大いなる羽ばたきを繰り返し。。。 ようやくエンジンがかかたのでしょうか?

それまで、対岸の河辺りを恥ずかしそうに上り下りしては・・・ 緑葉を食んでいたものが、急に動きが活発になり、川の真ん中に出てきたかと思ったら・・・・

たちまち、対岸からカメラを構えていた自分の方に向かって泳いでくるではありませんか! 25m余りの川幅をあっと言う間に横断。とうとう、我目の前に・・・・ 3mもの近くにやってきては岸辺の緑葉を食み始めました。 

暫くの滞在で、人慣れしてきたのでしょうか? 近くに寄りすぎ? 目が合っても逃げるこもなく、平然とマイペース! 食事と漫遊を楽しむばかり。 こんなに近くまで来て、初見のお披露目をしてくれるなんて! しかもカメラマンは自分一人・・・・・ し・あ・わ・せ・! ==>(その5・最終章)へ続く


(2014/12/06撮) Nikon300s TM150-600mm
画像上をワンクリック! 150%に拡大してご覧ください。

太一の羽繕いが続いていました。。。
DSC14_0198 (3)

翼の内側を・・・・
DSC14_0259 (2)

足でカイカイィィィ~~~ この仕草がなんともユーモラス!
DSC14_0263 (2)

おや? オオバンの家族がやってきました。
DSC15_0077.jpg

太一がどんなに大きいのか! 一目瞭然・・・・
DSC15_0085 (2)

と、突然太一が羽ばたきを!  これまでのストレッチがもの足りなかったのか・・・・
DSC14_0280 (2)

ダイナミックなり!  翼の上半分に薄茶がのこって・・・・
DSC14_0281 (2)

翼の下半分は白さが増して・・・
DSC14_0282 (2)

脇腹の部分はスッカリ白くなって!
DSC14_0287 (2)

羽ばたきを終えると、太一が川の中腹にやってきた・・・・
DSC15_0361 (2)

緩やかな・・・・
DSC15_0362 (2)

川面に自分を写して・・・・
DSC15_0365 (2)

すっかり寛いで・・・
DSC15_0373 (3)

美しきかな!
DSC15_0374 (2)

気品さえ感じられる・・・
DSC15_0378 (3)

優雅なる漫遊。     気がつくくと・・・・
DSC15_0380 (3)

太一は、自分の目の前まで来ていた・・・       ==>(その5・最終章)へ続く
DSC15_0381 (3)

【野鳥】ランキングに参加してます! 好かったらポチッとご協力お願い申し上げます! m(_ _)m






オオハクチョウの幼鳥 (その3) 相模川堰にて

オオハクチョウの幼鳥 (その3) 相模川堰にて
なんとダイナミックな羽ばたき!

幼鳥・太一。軽くストレッチで体制を整えると、今度は本格的にダイナミックな羽ばたきが始まりました。 今にも飛び立ちそうな! 空を飛んだらこんな風に翼を広げるんだァ! 思わず、翼を一杯に広げて大空を舞う太一が目に浮かんできます。

両翼を広げた大きさは3mにも! 幼鳥とは言え、流石オオハクチョウと呼ばれるだけの迫力充分。 大きく羽ばたく翼の中には純白の気配が垣間見えるほどに、脇羽根の白さの一葉一葉にその片鱗を感じさせてくれる。。。

今日は水面での食事タイムを楽しむだけで、空高く飛翔する姿は魅せてくれませんでしたが、 長~い首を姿勢正しく真っ直ぐに立て、水面を静かに流れるように遊泳する姿は如何にも白鳥らしい優雅さと気品を感じさせてくれます。  
一日も早く、成長の仲間がやってきて欲しいものです。。。  ==>(その4)へ続く



(2014/12/06撮) Nikon300s TM150-600mm
画像上をワンクリック! 150%に拡大してご覧ください。

太一が両翼をあげて・・・・
DSC13_9749 (2)

飛び立つのか!
DSC13_9751 (2)

両翼をより高く ・・・・
DSC13_9752 (2)

翼を前に前傾姿勢で・・・
DSC13_9753 (2)

力強く!
DSC13_9754 (2)

両翼を一杯に広げて!
DSC13_9755 (2)

清々しい・・・
DSC13_9756 (2)

ダイナミックな羽ばたき ・・・      大好きなショット!
DSC13_9757 (2)

優雅なり!
DSC13_9758 (2)

前に!
DSC13_9762 (2)

後ろに・・・
DSC13_9763 (2)

大空を舞う時は・・・・
DSC13_9764 (2)

こんな風にして飛ぶんだ!
DSC13_9767 (2)

食事のあとの・・・・
DSC13_9771 (2)

腹ごなし・・・・
DSC13_9773 (2)

大いなる羽ばたき!  貴重なショットを独り占め・・・・・
DSC13_9775 (2)

太一、腹ごなしのあとは何処へ ・・・・   ==>(その4)へ続く
DSC13_9780 (2)

【野鳥】ランキングに参加してます! 好かったらポチッとご協力お願い申し上げます! m(_ _)m





オオハクチョウの幼鳥 (その2) 相模川堰にて

オオハクチョウの幼鳥 (その2)相模川堰にて
華麗なるストレッチのはじまり?!

幼鳥・太一がゆっくりと川を上りながら、緑葉を食んでは水で流し込む・・・・ ここでは彼の主食は陸に生える緑葉なのでしょうか。 よほど美味しいと見える。 水に首を突っ込んで水草を食むということはめったにない。

長い首をこれ以上無理・・・というところまでいっぱいに伸ばして緑葉を食む。 カルガモの兄妹が下ってきて朝のご挨拶 。。。  若いのにずいぶんの社交家?

そして、なにやらそわそわ。。 どうやら翼のストレッチがはじまる気配!? ・・・・   
==>(その3)へ続く



2014/12/06撮) Nikon300s TM150-600mm
画像上をワンクリック! 150%に拡大してご覧ください。

太一が大きな足でゆっくりと上流にひと漕き、ふた漕ぎ・・・  優雅な食事が続きます。
DSC12_9330 (2)

水を口に入れては・・・・
DSC12_9340 (2)

緑葉を食んで・・・
DSC12_9368 (2)

また水を流し込む・・・・
DSC12_9375 (2)

おはようゥゥ~~~ ・・・  今度はカルガモ兄弟と。。 太一の大きな身体が目立ちます。
DSC12_9409 (2)

翼をチョット広げて・・・・・
DSC12_9673 (2)

水飲みと・・・・
DSC12_9699 (2)

緑葉の食事が続く・・・・
DSC12_9703 (2)

おやァ 太一が翼をもたげたて・・・・・
DSC12_9716 (2)

翼のストレッチ?
DSC12_9718 (2)

高く持ち上げた翼の間に、長い首がチョコンと! 
DSC12_9719 (2)

そして、翼を大きく広げんと・・・・・
DSC12_9723 (2)

と思ったら、ストレッチもここまで。。。。。
DSC12_9728 (2)

でも、これは手軽なTEST・・・  本格的なストレッチはこれからでした。。。 ==>(その3)へ続く 
DSC12_9745 (2)

【野鳥】ランキングに参加してます! 好かったらポチッとご協力お願い申し上げます! m(_ _)m



オオハクチョウの幼鳥 (その1) 相模川堰にて

オオハクチョウの幼鳥 (その1) 相模川堰にて
幼鳥は薄茶の保護色だった・・・・

オオハクチョウの幼鳥が独りで大河の相模川にやってきました。 あの流れの激しい相模川にも急に流れの音も消えるほど静かな堰(せき)が・・・  そんな静かなところを良く見つけたもんだ。 しかも、たった一人で・・・・  まだ身体全体に薄茶の幼鳥色を残して、お世辞にも美しいとは言えないが、翼を広げると、あの真っ白な美しさの片鱗が見え・・・・  純白の美しい親鳥になるのは、もう時間の問題。

静かな流れの淵に生える草を盛んに食んでいる。 緑葉を口に入れると、それを流し込むように水を飲む。 白鳥がこんなに緑葉を食むとは七不思議? 水鳥連の遊ぶ静かな堰はそのまま平和な雰囲気を醸し出している。 ここに逗留してもう十日にもなるだろうか。。。 このまま、この相模の川で冬を迎えるのでしょうか。 そのうち、親鳥も群れを組んで飛来してくるかもしれない。。。

初めて見るオオハクチョウの幼鳥 ・・・ 川沿いを上ったり下がったり・・・ ときに、川の反対側に渡り、またそこで草の芽を食んで・・・ 青空の下、独りだけの散歩を楽しんでいる。 身体の大きさはもう一人前。でも、その仕草がとても可愛いくて・・・・・  
==>(その2)へ続く 


2014/126/06撮) Nikon300s TM150-600mm
画像上をワンクリック! 150%に拡大してご覧ください。

深く静かに流れる相模川の堰。  水鳥たちが思い思いに遊んでいる・・・・
DSC11_9079 (2)

川の淵に恥ずかしそうにピッタリと身を寄せるオオ白鳥の幼鳥。 太一と名付けました。
DSC11_9089 (2)

枯草に紛れて・・・ 保護色なので、よ~く見ないと見逃してしまう。。。、
DSC11_9091 (2)

長~い首を・・・・
DSC11_9098 (2)

くねくねと・・・・
DSC11_9099 (2)

ここまで曲げるか・・・・
DSC11_9103 (2)

この仕草は何を意味するのでしょうか・…・
DSC11_9104 (2)

左翼をちょっぴり広げて。。。。
DSC11_9152 (2)

どうやら朝の食事が始まるようです。
DSC11_9171 (2)

いきなり水際に生える笹のような緑葉を・・・・・
DSC11_9173 (2)

長い首を・・・・
DSC11_9233 (2)

器用に伸ばして・・・
DSC11_9250 (2)

美味しそうに食んでは・・・
DSC11_9270 (2)

一呼吸して・・・
DSC11_9277 (2)

また食んで・・・・・
DSC11_9282 (2)

そこに、オオバンが朝のご挨拶に・・・・   のんびり・・・    ==>(その2)へ続く
DSC11_9870 (2)

【野鳥】ランキングに参加してます! 好かったらポチッとご協力お願い申し上げます! m(_ _)m





プロフィール

Su~chan

Author:Su~chan
私の名前は「Su~」です。”Su~chan”と呼んでください。
相模原市在住。

最新記事
最新コメント
カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR