FC2ブログ

ツバメの春 (その3・最終章) 相模の楽園にて

ツバメの春 (その3・最終章) 相模の楽園にて
愛の巣作りの始り! あまりに可愛くて・・・

ツバメの巣作り。 ツバメが家の軒に巣を作り、子育てする光景はよく見る風景ですが、 その巣を造る泥を採集にくるところはあまり目にすることがありません。 楽園の池の畔で巣材を採集にくるツバメの一途な働き詰めの姿は我等人間世界の縮図を見ているようでなりません。

泥を咥え飛び去っては、とんぼ返りに飛来を繰り返し。。。 ここまで来るまでには、ペアを確立しなければなりません。 そして、愛の住処の場所を探して。。。 漸くこのステージに辿り着く。 そして、ようやく人(鳥)生のスタートラインに着く。

そんなことを頭に描くと、彼らの働きぶりが一層尊く思われて・・・・・ もう少し、健気な巣作りを見てみたいと。。。スコップを取り出して手伝ってやりたい。。。  春の風物詩に相応しいツバメ軍団に幸あれ!  【完】 


(2014/05/25撮) Nikon300s SG500mm
画像上をワンクリック! 150%に拡大してご覧ください。

賢治(と名付けました)がやってきました。
DSC33_0448_3578

華麗なるホバリング・・・  背羽が青く艶光りしている!
DSC33_0450_3579

深いブルーが光って、賢治が頼もしく見える!
DSC33_0451_3580

ホバを続けて・・・・
DSC33_0831_3518

良さそうな・・・
DSC33_0832_3519

場所はあるかな?
DSC33_0833_3520 (2)

着地!  千客万来・・・・ 先客が。
DSC33_0469_3586

良質の粘土質を選ぶと・・・
DSC33_0496_3599

休む暇もなく、いざ鎌倉!
DSC33_0923_3539

こちらには女子の洋子がやってきた。  青紺の頭に赤茶のエプロン! 
DSC33_0765_3504

そして、巣材を物色!
DSC33_0780_3508

DSC33_0781_3509

そんなに大きなものを持ってくのゥ~~~
DSC33_0784_3511

そして、Take Off!
DSC33_0767_3505

夫(オット)の待つ愛の巣へ!  建築は旨く行ってるかなァ??
DSC33_0768_3506

ツバメの夫婦も、カワセミと同じく、とても仲がよく働き者!
DSC33_0769_3507

助け合い、励まし合い、愛し合って・・・・・  素晴らしい子育てを祈って!   【完】
DSC33_0809_3517

 【野鳥】ランキングに参加してます! 好かったらポチッとご協力お願い申し上げます! m(_ _)m







ツバメの春 (その2)相模の楽園にて

ツバメの春 (その2)相模の楽園にて
愛の巣作りの始り!

楽園にやってきた南の国からの客人・ツバメ連。彼らも春の訪れを知らせてくれる大切な仲間です。水浴びも大切ですが、本当の目的は巣作りの泥集めにやって来るのでした。

カワセミを待つカメラの目の前に丁度巣作りに良さそうな、水気を吸った泥がありました。時には一人で、時には集団で間断なくやってきては泥を運んでいく。

それにしても、 ツバメがこんなに美しいとは!・・・・あまりの可愛さにカメラすることに! 深青色の頭と背羽は正に、”脂ののった青鯖” のように陽に反射して光輝いている。 

この上は、カワセミと共に楽園の仲間に迎い入れ、春の風物詩に加えさせていただくことに! 彼らの精力的な舞いと巣作りの準備を徳とご覧ください。 やがて生まれる雛たちを連れて水浴びにやってくる日が待ちどうしく感じられます。
 ==>(その3・最終章)へ続く

(2014/05/25撮) Nikon300s SG500mm
画像上をワンクリック! 150%に拡大してご覧ください。

水面に映る新緑のキャンバスに、仙一(と名付けました)が一直線!
十数羽の飛び交うツバメの仲間たちの中から、仙一にフォーカスしてみました。 
DSC21_0940_3541

仙一が池の畔に溜まった泥の塊にやってきました。
DSC21_0724_3491

これが、家の軒下に造る彼らの土の家になるのです・・・・
DSC21_0725_3492

仙一の両翼が力強い!
DSC21_0728_3494

後頭部の深いブルーが美しい!
DSC21_0888_3530

翼を広げて・・・
DSC21_0889_3531

着陸!
DSC21_0890_3532

DSC21_0891_3533

口いっぱいに砲奪って・・・
DSC21_0316_3547 (2)

しっかりと咥えると・・・
DSC21_0378_3559

すぐそばにスズメがみずあびにやってきて・・・  不思議そうに仙一の仕草を見つめてる。。。。 
DSC21_0339_3550

いざ、Take Off!  スズメのちゅん太が一緒にに並んで ・・・・
DSC21_0341_3551

仙一、とどこの家まで行くのでしょうか。。。s
DSC21_0392_3562

華麗なる飛翔!
DSC21_0897_3535

早く子作りをして、楽園の仲間を喜ばせて欲しい!
DSC21_0842_3524

カワセミが来ない間は、こんな美しい楽園の仲間と会話が出来るんです!   
DSC21_0745_3499

平和。 仙一の去った水溜りではちゅん太が居眠りながら水浴びを楽しんでおりました。。。
                                          ==>(その3 最終章)へ続く
DSC21_0356_3557

 【野鳥】ランキングに参加してます! 好かったらポチッとご協力お願い申し上げます! m(_ _)m






ツバメの春 (その1)相模の楽園にて

ツバメの春 (その1)相模の楽園にて
水浴びは飛びながら!

相模・楽園の仲間。 合鴨、カルガモ親子。カワセミの雛が巣立ちを迎える中、遥々ツバメ軍団がやってまいりました。 カワセミの雛の巣立ちを待つ大池にはところ狭しとツバメ連が飛び交い始めました。 

カメラを構えるほんの4~5mの距離にまで近づいてきて。。。巣作り用の泥材を盛んに運ぶ! また働き者がやってきた! 彼らの巣作りの始りです。 普段あまりにも身近で、気にも掛けないツバメですが、 こうして近くで見れば見るほど美しさが伝わってきます。正に、燕尾服に相応しいスマートないでたち。 太陽の光に色鮮やかに深青光りする羽の色。 そして白の腹部に赤茶の頬にアクセント。

大池の水面すれすれに飛んでは僅かに着水。水に触れたかと思う間もなく、瞬時に舞い上がり・・・・ これがツバメの水浴び! 水を飲むのも飛びながら。ここが他の鳥連と唯一異なる点かも知れません。  緑の湖面に浮かぶ何本もの黒線!爽やかな春に勢いを添えてくれます。 

そんな彼らの水浴びを何とかファインダーに! と、何度も試みるのですが、何せあのスピードで飛びまくるのですから並み大抵ではありません。。。。 ネット情報によりますと、繁殖地での生活では平均47㎞/時、渡りの時は55~60km/時、時には200km~を出すこともあるそうです。

そんなスピーディーなツバメ連の水浴びの様子を! 何とか狙ってみた成果?をとくとご覧ください。   ==>(その2)へ続く


(2014/05/25撮) Nikon300s SG500mm
画像上をワンクリック! 150%に拡大してご覧ください。


風も凪いだ緑の水面に突然水しぶきが・・・・
DSC2_6208_3460 (2)


緑の水面にそっと翼を置くように・・・
DSC2_6343_3464 (2)

水面めがけてより低く~~~
DSC2_6351_3468 (2)

時速50kmの速さで・・・・
DSC2_6352_3469 (2)

緑のキャンバスを彩る・・・
DSC2_6394_3473 (2)

華麗なる飛翔!
DSC2_6395_3474 (2)

かくも水面すれすれに~~~~                     大好きなショット 1
DSC2_6396_3488 (2)

水面にタッチダウン!                                     大好きなショット 2
DSC2_6397_3475 (2)

DSC2_6398_3476 (2)
                       大好きなショット 3
DSC2_6410_3478 (2)

DSC2_6411_3479 (2)

DSC2_6437_3481 (2)

DSC2_6453_3482 (2)

水を飲むにも・・・・
DSC2_6478_3483 (2)

水を浴びるにも^・・・・・・ 凄まじい水しぶきをあげて!
DSC2_6479_3484 (2)

水面へのタッチダウンを重ねて~~
DSC2_6480_3485 (2)

喉を潤し、身体を清め・・・    ツバメの水浴びが続きます。 ==>(その2)へ続く
DSC2_6506_3489 (2)

 【野鳥】ランキングに参加してます! 好かったらポチッとご協力お願い申し上げます! m(_ _)m







カルガモの親子 相模の楽園にて

カルガモの親子 相模の楽園にて
春の風物詩・・  ピッカピカの一年生!  

春の風物詩といえば・・・・  カワセミとカルガモの雛! でしょうか?
丁度カワセミの巣立ちに時を一にして、カルガモの雛が産声をあげました。。

ご多分に漏れず子沢山・・・・   ここ楽園の脇を流れる清流に母親に連れられて7羽の雛が! 不思議なことに夫は何処かに頓ズラしてしまい? あたりに姿はありません。でも、 母は強し! 子沢山の雛たちを連れだって独りで育て上げる。こんなに沢山の子供たち。 母親は全員の顔と名前を覚えられるのでしょうか。。。。

それにしても、可愛いいいィ! 正に、ピッカピカの一年生! という表現がピッタリ! 
人間も野鳥も子供の可愛さには全く変わりがありません。

唯一変わりがあるとしたら、 野鳥にはその可愛さとスタイルの良さが一生続く・・・・・  人間と違って ”デブ” ”ブス” ・・・という言葉がありません。 それとも、彼らの中に ”醜いアヒルの子” があるのでしょうか。。。 私たちには全員美男・美女にしか見えません。

春の訪れを彩る清流の風物詩。果たして雛たちは全員無事育ちあがるのでしょうか。。。

全員の無事の旅立ちを祈りつつ、ピッカピカの雛たちの初泳ぎを見せてもらうことに!      (完)  
 
(2014/05/22撮) Nikon300s SG500mm
画像上をワンクリック! 150%に拡大してご覧ください。

母親の翔子(と名付けました)。 その横に生後三日の7羽の雛が重なるように寄り添って・・・・ 
DSC2_4889_3398

ピッカピカの一年生!
DSC2_4877_3394

翔子が朝の散歩に連れ出しました。   きちんと並んで母親のあとに・・・・ 
DSC2_4892_3400

こんなにきちんと並んで泳ぐことはあと一日も続かないかも・・・・
DSC2_4897_3403

女子の陽子。 もう名前がつきました。。。
DSC2_4904_3405

こちらは男子の為生。 ずいぶん難しい名前がつきました。。。
DSC2_4905_3406

こちらは女子のアンちゃん。  たべてしまいたいほど可愛い!
DSC2_4907_3407

そして、男子の六三郎。   実は、この時点で♂♀の区別はつきませんので、気分で・・・・
DSC2_4908_3408

どこまでも澄んだ水の流れに遊ぶ ・・・
DSC2_4923_3411

この世の春です!
DSC2_4928_3413

女子の小百合。 汚れを知らない可愛さ! とはこのこと。 
DSC2_4942_3415
水の中にいるんですよ!
DSC2_4943_3418

母親に連れられて、朝の散歩が続きます。 
どこまでも伸び伸びと!世の中の怖さもしらない純真無垢の雛たち。
DSC2_4967_3441

母親には立てる深さでも、雛たちにはまだ足もとどかない。
DSC2_4995_3448

食事タイム。 水草を啄むのもこうして学んでいくのですね。。。。
DSC2_5003_3449

休憩ですョ! 翔子が子供たちに呼びかける。
DSC2_5020_3452

休憩? なんていらないよね:****  3人の雛たちがゆうことを聞かない。。。
こうして、母親の加護のもと、ピッカピカの一年生は人【鳥】生の第一歩を踏み出していくのでした。。。
隣の大池ではカワセミの親が雛たちに忙しく餌を運んでいる。。。  平和な春の風物詩でした。  (完)
DSC2_5023_3453

 【野鳥】ランキングに参加してます! 好かったらポチッとご協力お願い申し上げます! m(_ _)m







カワセミの春いちばん 2014 (その7)相模の楽園にて

カワセミの春いちばん 2014 (その7)相模の楽園にて
巣立ち、間近か! なんと、太郎も2匹捕えてきました! そして、珍味までv・・・

カワセミが魚を一度に2匹捕えることは耳にしたことはありますが、まさか目の前で花子と太郎夫妻がそれを演じてくれるとは!感激の至りです!!  

でも、獲物を縦に咥えるカワセミにとって、2匹を一度に雛へプレゼントすることは所詮無理なことも解りました。

それにしても、
太郎と花子がひたすら雛へ餌を運ぶ姿は、親が子を想う、正に「愛情物語」。
雛たちの巣立ちが今日か、明日かと待ちどうしい、一日一日を☀と☂のにらめっこ・・・
の日々となりました。   ==>(その8)へ続く


(2014/05/22撮) Nikon300s SG500mm
画像上をワンクリック! 150%に拡大してご覧ください。

太郎の果敢な・・・
DSC27_1550_3003 (2)

ダイビング!
DSC27_1577_3010 (2)

狙いを定めて~~~ッ
DSC27_1551_3004 (2)

なんと、太郎のクチバシニは・・・・
DSC27_1581_2928 (2)

2匹? 3匹? オイカワの塊が!
DSC27_1582_2929 (2)

花子についで・・・
DSC27_1583_2930 (2)

太郎までオイカワの複数獲り!
DSC27_1584_2931 (3)

ここまでは守備万端!
DSC27_1369_2962 (2)

さて・・・
DSC27_1590_2932 (3)

太郎は旨く料理出来るのでしょうか?
DSC27_1596_2935 (3)

やっぱり・・・  だめでした。。。。  カワセミに似合わない捕り物珍事でした。。。。
DSC27_1604_2937.jpg

太郎、気を取り直して再びダイビング!
DSC27_1790_2940 (2)

捕えた獲物は・・・・
DSC27_1792_2942 (2)

ザリガニの子供・・・
DSC27_1816_2948 (2)

こんどこそ、しっかり料理して。
DSC27_1827_2950 (2)

いざ、雛たちのもとへ・・・・   久しぶりの珍事と珍味の太郎と花子でした。。。 
明日は待ちに待った巣立ちでしょうか?                      ==>(その8)へ続く
DSC27_1838_2951 (2)

 【野鳥】ランキングに参加してます! 好かったらポチッとご協力お願い申し上げます! m(_ _)m



カワセミの春いちばん 2014 (その6)相模の楽園にて

カワセミの春いちばん 2014 (その6)相模の楽園にて
子育て盛り! あれ? 口に咥えているのは何匹? ・・・

雛の巣立ちも秒読みとなってきました。 雛への餌運びの頻度が一段と増してきました。
そんな中、親の漁を見ていると、なんと2匹も加えているではありませんか! 

いとてきでしょうか? それとも偶然でしょうか。。。。
2匹咥えてどう料理して雛たちへ運んで行くのでしょうか。。。

カワガラスの親は餌を何匹も平行に加え、巣穴の雛に前の方から順番に与えるようですが、カワセミの場合は 頭を前に咥えることから、そんなことは出来ないはず・・・・・・  
果たして?   ==>(その7)へ続く


(2014/05/22撮) Nikon300s SG500mm
画像上をワンクリック! 150%に拡大してご覧ください。

花子の飛び込み!
DSC24_2090_3206

獲物に向かって・・・
DSC24_2030_3350 (2)

一直線!
DSC24_2031_3179

いざっ!!
DSC24_2127_3209

おや? 花子の口には・・・
DSC26_1516_2998 (2)

魚が・・・・・
DSC24_2130_3211

2匹!
DSC26_1517_2921 (2)

どうやって2匹も掴めたのゥ????
DSC26_1518_2999 (2)

花子のすご技!
DSC26_1519_2920 (2)

こんな技を見たのは初めてですゥ~~~~ 
DSC26_1520_2923 (2)

果たして・・・・・
DSC24_2134_3214

どう料理する?  と、思ったら・・・・・
DSC24_1522_2922

残念! やはり一匹は落としてしまった。。。。
DSC24_2138_3216

悔しいィィィィィィ~~~~~~  2匹とも落としちゃった。。。。  
箸で豆を二粒掴むようなもの。。。 ごまめの歯ぎしり・・・       ==>(その7)へ続く4

DSC24_2146_3217

 【野鳥】ランキングに参加してます! 好かったらポチッとご協力お願い申し上げます! m(_ _)m




カワセミの春いちばん 2014 (その5)相模の楽園にて

カワセミの春いちばん 2014 (その5)相模の楽園にて
子育て盛り! 仲睦まじい太郎と花子 ・・・

二人が揃って漁場に現れた。 太郎から愛の給餌はありませんが、 忙しい子育ての中に忙中の閑。 二人の思い思いの食事タイムが始まりました。

こんな寛ぎのひとときがあるとは! 必至の子育て・・・・ と、息の詰まる思いで見ていた自分もホット胸を撫で下ろすのでした。 そんな仲睦まじき二人をそっと覗いてみま! 
==>(その6)へ続く


(2014/05/22撮) Nikon300s SG500mm
画像上をワンクリック! 150%に拡大してご覧ください。

花子が止まり木にやってきた。
DSC25_2444_3277 (3)

丁度太郎が漁をしているところ! 
DSC25_1435_2971

腹が減っては戦は出来ず…・  今、腹ごしらえをしていたんだ!
DSC25_1420_2968

太郎、花子にあげることなく、舞いペース! 
DSC25_1425_2969

いいなア、 私もお腹が空いた! 花子、たちまち感化され・・・
DSC25_1426_2970

忙中の閑・・・  たちまち飛び込んで! 
DSC25_1453_2974

翼を広げて! 
DSC25_1453_2975

花子の漁が美しい!
DSC25_1454_2977

太郎がじっと見ている・・・
DSC25_1455_2979

それにしても、 花子が美しい!
DSC25_1455_2980

太郎の待つ止まり木に!
DSC25_1456_2976

太郎の優しいまなざし・・・・  二人はホントに仲が好いんだ!
DSC25_1458_2981

こうして、二人の束の間の休息があっという間に過ぎていく。 。。。
太郎: さてっと、 子供たちのところに行ってみるか!  ==>(その6)へ続く
DSC25_1459_2982

 【野鳥】ランキングに参加してます! 好かったらポチッとご協力お願い申し上げます! m(_ _)m




カワセミの春いちばん 2014 (その4)相模の楽園にて

カワセミの春いちばん 2014 (その4)相模の楽園にて
子育て盛り! 太郎の料理 ・・・

働き者・太郎がオイカワをクチバシに引っ掛けてきました。 大きなヘラブナとは違い、これが得意のお👋前料理! オイカワを上に、下に・・・・ それが、とても面白くて、微笑ましくて!

しばし見とれてしまいました。 
平和な楽園の川のほとりで雛への子育ては順調に進んでいるようです!  
==>(その5)へ続く


(2014/05/16撮) Nikon300s SG500mm
画像上をワンクリック! 150%に拡大してご覧ください。

太郎、頭の先端を辛うじて撮む!  これでもオイカワは逃げられない・・・
DSC25_2390_3260 (2)

大きなヘラちゃんの料理から比べれば・・・
DSC25_2391_3261 (2)

これが・・・
DSC25_2393_3262 (2)

理想的な \\\\
DSC25_2394_3265 (2)

サイズです!
DSC25_2396_3264 (2)

包丁さばきも・・・
DSC25_2399_3266 (2)

軽やかに!
DSC25_2401_3267 (2)

DSC25_2402_3268 (2)

も一度上に挙げて・・・・
DSC25_2412_3270 (2)

すっぽり収める!  
DSC25_2432_3272

そして~
DSC25_2438_3274 (3)

雛たちの待つ・・・
DSC25_2369_3252 (2)

巣穴へ・・・
DSC25_2370_3253 (2)

ヒョイっとう!
DSC25_2371_3254 (2)

太郎の翡翠色がどこまでも美しい!   ==>(その5)へ続く
DSC25_2439_3275

 【野鳥】ランキングに参加してます! 好かったらポチッとご協力お願い申し上げます! m(_ _)m



カワセミの春いちばん 2014 (その3)相模の楽園にて

カワセミの春いちばん 2014 (その3)相模の楽園にて
子育て盛り! 美しきかな翡翠の舞い ・・・

自分の縄張りへの侵入者を激しく追い払う、一匹狼のカワセミが一年のうち、子育ての季節ばかりは我が世の春。女性への優しさは一入。 愛の給餌で女子の心を掴み、巧みに我が妻として迎い入れる。 でも、そのあとが素晴らしいですね! 子沢山のカワセミは、一度に4~5羽を育て、一番子が育ちあがる頃には効率よく二番子の仕込みに入る。 そして、やがて三番子へと・・・

二人の愛の子育ては夏の終わりまで続く。 考えてみればほぼ半年は愛する妻との子育ての生活ができる!いつも一人で天涯孤独の淋しい生活と思っていたのはどうやら間違いのようでした。 

そして、男子の妻への奉仕ぶりと働きぶりには頭が下がります。 それぞれのフェーズで雛の巣立ちが迫ってくると、妻は枝に留まり、餌を獲りに行く回数が激減。 ほとんどは男子がせっせと漁に出かける。 其ればかりか、次のフェーズに向け、枝にジッと留まる妻にまで愛の給餌をし、心変わりのないことを確かめ合い、その証として次の子作りに励むのです。。。 妻は優しく何度でも受け入れる。。。。 何ともうらやましいィィィィ~~~

何といっても、漁を求めて飛び交うカワセミの翡翠色が美しすぎる。 カワセミがバーダーのみならず、万人のアイドルであり続ける所以でしょうか。何度撮っても、飽くことがありません。
ここでも、妻の花子の働きぶりが何とも絵になります! ==>(その4)へ続く


(2014/05/16撮) Nikon300s SG500mm
画像上をワンクリック! 150%に拡大してご覧ください。

花子の漁。 オイカワをゲット!
DSC23_2508_3297 (3)

鳥の羽根に藍色の絵の具をぬったような・・・・
DSC23_2510_3298 (2)

翼の藍色が美しい!
DSC23_2531_3303 (2)

ピンクの花が可憐に一輪・・・
DSC23_2532_3304 (2)

花子の着地! オレンジ色の両足が滑走路に車輪を出した飛行機のよう・・・
DSC23_2569_33123 (2)

口に咥えられたオイカワが跳ねる・・・
DSC23_2534_3305 (2)

ほど良い大きさで。。
DSC23_2536_3301 (2)

これなら雛のお腹を満たせそう!
DSC23_2575_3316 (2)

もがき続けるオイカワを・・
DSC23_2544_3306 (2)

何とか静にさせていただくことに。。。。
DSC23_2545_3308 (2)

そして、頭を前にして~
DSC23_2551_3309 (2)

オイカワ、万事休す:::
DSC23_2553_3310 (2)

花子、休むことなく、
DSC23_2554_3311 (2)

いざ、雛たちのもとへ~~~
DSC23_2558_3312 (2)

華麗なる舞い!
DSC23_2559_3313 (2)

頼もしきしきかな、花子! 夫の太郎に負けていません。。  ==>(その4)へ続く
DSC23_2560_3314 (2)

 【野鳥】ランキングに参加してます! 好かったらポチッとご協力お願い申し上げます! m(_ _)m




カワセミの春 2014 (その2)相模の楽園にて

カワセミの春いちばん 2014 (その2)相模の楽園にて
子育て盛り! これが普通の漁・・・

働き者の太郎が漁場にやってきました。 雛が孵って一週間ほど・・・ 何羽孵ったのでしょうか。 二人の子育てが一気に忙しくなったようです。代わる代わるに漁にやってきて、魚を運ぶ姿は夫婦の息がピッタリ。

働き者の夫には、働き者の妻・花子(と名付けました)!  微笑ましい限りです。

でも、獲る魚の大きさは、あの巨大な?ヘラブナではなく、口に咥えてしっかり入るごく普通のサイズ! これで、餌運びも効率的というもの・・・・・  もう多言はいりません。 暫くは、二人の子育てを静かに見守りたいと! ==>(その3)へ続く


(2014/05/16撮) Nikon300s SG500mm
画像上をワンクリック! 150%に拡大してご覧ください。

働き者の太郎がやってきました。 さっきの巨大なヘラブナはどうしたのだろう・・・・  気になって仕方ない。。。
DSC22_2728_3342

止まり木にとまるとゥ・・・・・
DSC22_2729_3343

一気にダイビング!
DSC22_2738_3344

可愛らしいオイカワをゲット! 
DSC22_2310_3231 (2)

サイズも丁度よく、クチバシに治まる!  
DSC22_2327_3232 (2)

そして、 これならば・・・
DSC22_2329_3233 (2)

雛たちの口にもピッタリ!
DSC22_2330_3234 (2)

さっそうと、雛たちの待つ巣穴へ!
DSC22_2331_3235 (2)

DSC22_2332_3236

こちらは妻の花子。 同じ漁場にやってきては・・・・
DSC22_2587_3318 (2)

ともに、励む姿が美しい!
DSC22_2588_3319 (2)

泊まり木に戻る姿も軽やかなり!    ==>(その3)へ続く
DSC22_2590_3320 (2)

 【野鳥】ランキングに参加してます! 好かったらポチッとご協力お願い申し上げます! m(_ _)m


プロフィール

Su~chan

Author:Su~chan
私の名前は「Su~」です。”Su~chan”と呼んでください。
相模原市在住。

最新記事
最新コメント
カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR