FC2ブログ

ソウシチョウ 大菩薩峠にて (その2)

ソウシチョウ 大菩薩峠にて (その2)  
仲良しの二人。。。。

ソウシチョウは見ているだけでもう言葉は要らない。
この慌ただしい現実から離れ、しばし極楽の世界に身を置いてしばらく一緒に遊んでみたい。。。 一羽が古木にいるところにもう一羽がサッとそばに寄ってきた。 ここまでくっつかなくともいいのに。。。と思うほど仲がいい。 

これほど美しいのはきっと雄だと思いますが、ソウシチョウははるばる中国から渡わって来る冬鳥。。。美しいが故に愛鳥として飼われていたものがやがて籠から抜け出し野鳥となって繁殖。どんな小鳥でも自由で外がいい。 小鳥は決して鳥かごの中で飼ってはいけない!とつくづく思いました。。外来種で自分の野鳥図鑑にはありませんが、雌はどんな色合いをしているのだろう。。。いつか逢ってみたい。。。 
今回は ”雄の愛らしい舞い”をじっくりと楽しませてもらうことにしましょう。 ==>その3へ続く



ここもボクの大好きな見晴台です! ”ん~~? 誰か来る。。” 
DSC_0003-01.jpg

と、突然仲間が飛んできた。。まあ、なんと仲の良いこと! ピッタリと寄り添って。。。   
”ふっくら”
 もあるんだ 。。。
DSC_0007_-02.jpg

さて、どこにいこうか。。。。 狙いを定めて! ここまでは心意気ピッタリ!DSC_0009_-02.jpg

 "ヒョイッと!”         ボクで遅れ。。。。DSC_0011_-02.jpg

それじゃァ ボクはこっちへいこう! いつも一緒にいい仲間。。。。
                   誰にも束縛されないのがいいね!
DSC_0014-02.jpg

 朝日がまぶしい~~~~~    静かな山の朝!   平和!  DSC_0026-02.jpg

そろそろ朝の食事でもするか。。。。 腹、へりへり。。。。DSC_0031-01.jpg

地上に降りて。。。  どうやらここにには朝食ナシ か。。。
DSC_0033-01.jpg

やっぱり、いつものとこがいいかも。。。。DSC_0036_-02.jpg

飛んできたのはいつもの見晴台!  うん、ここなら良く見える!!DSC_0040-01.jpg

枝に留まるソウシ君も絵になる!  こんな静かな荘子君を見れるなんて!
 しあわせを絵に描いたよう。。。 
DSC_0042-01.jpg

おやァ?  この辺でなにか動いたぞぅ~~~~   正面からの顔もいいもんだ! DSC_0067_sh01.jpg

それっェ・・・・・ と地面めがけて飛び込んで!朝食はうまくとれたかな?==>その3へ続くDSC_0069_sh01.jpg
blog 気に入っていただけましたら、クリックお願いします!

にほんブログ村



ソウシチョウ 大菩薩峠にて (その1)

ソウシチョウ 大菩薩峠にて (その1)
まるで極楽に来たような。。。


秋も深まる11月も終わりの頃、ソウシチョウが出始めた。 谷戸山公園でもいくつもの群れが公園中を飛び交っている。 紅葉の箱根大涌谷にも。。。。でも、藪の中を飛び回り片時も止まってくれない。。。警戒心が強く、群れに近づくと即座に遠ざかってしまう。止まっているところを撮るのは至難の業。。。でも、ここ大菩薩では、近くから落ち着いた雰囲気のソウシチョウに心行くまで出会うことが出来ました。

初めてソウシチョウがファインダーに飛び込んできたたときの興奮は今でも忘れない。思わず、”ええェ、ナニィ、この鳥は。。。””今、自分は極楽にいるの?” まるで空想の世界にタイムスリップしたような。。”ソウシチョウだよ!” 隣のカメラマンが教えてくれ初めて解かった。。なんと美しい鳥なんだ!!!"うっとり”と云う言葉はこんな時のためにあるのか。。。思わず夢を覚まさねば!と頬(ほほ)を抓ねる思いでした。

とても小さくて、キュウート!可愛い赤いクチバシとオレンジの足。頭から背にかけて薄草色が広がり、なんと言っても翼が赤と黒と草色が交互に入りなんともいえない色あい。黒いまん丸の目。 薄灰色のほほから首にかけて黄色が広がり、胸の薄いピンクがおなかにのびるにしたがって薄い黄色に変わる。。。この小さな体の中に、まるで七色の虹のような。。。カラフルであっても、決して毛羽炊くなく、奥ゆかしさが詰まってる。。
唯々"愛くるしくて美しい”の一言です。==>その2に続く


なんとも可愛らしい!! 思わず言葉を失う。。。DSC_9163-02_sh01.jpg

水場にやって来たソウシチョウ。。。 もう言葉は要らない。。。 DSC_9166-01_sh03.jpg

片時も一箇所に留まらない。。。 枝から枝に。。。 マイペースで楽しさ一杯!DSC_9139_sh01.jpg

どこかに美味しい食べ物はないかなァ。。。。DSC_9142_sh02.jpg

スタイル一流。。。DSC_9156-02_sh01.jpg

どんなポーズも良く似合う!DSC_9170-02_sh01.jpg

ヒョイッと飛んで。。。DSC_9171_sh01.jpg

古株の上に。 こんなとこにも好物の虫がいるの?DSC_9184-01.jpg

うん、陽がさしてくると地面に虫がでてくるのが見えるのさ。。。。DSC_9186-01.jpg

ほら 出てきた! 何かを見つけたようである。。 "平和な一日。。” ==>その2へ続くDSC_9187-01.jpg
blog 気に入っていただけましたら、クリックお願いします!

にほんブログ村






ヤマガラはエゴの実がお好き! 谷戸山公園にて (その4)

ヤマガラはエゴの実がお好き! 谷戸山公園にて
(その4)
 捨てる神あれば、拾う神あり! (完)


ヤマガラの最終章です。 良くもここまでこ食べつくしたものだ。。。殆ど実のなくなったエゴの木。。 それでも、最後の一粒まで!と食べ物の大切さを忘れない。 
もしかしたら、我等人間より、”無駄のない生活”を知っているかもしれない。。。 木に残る一粒は勿論、”上手の手から水”。。。ではないが、彼らも時として採り損ない地に落としてしまうことがある。。。 でも、それをちゃんと覚えていて、あとから拾いに来るのでした。。それを見ていて、思わず胸が熱くなりました。
”食べ物の大切さ”を改めて教えられるのでした。。。
ヤマちゃんの辞書には!”粗末”と言う言葉が載ってません。。。

その日の夕食には、茶碗にこびりついた米粒を最後の一粒まで箸でとり、感謝を込めて戴きました。。。ヤマちゃんありがとう! 深謝! 
こうして、私も益々 ”曲芸師”ヤマガラ君のファンになりました。。。。  (完)


彼は僅かに残っていた一塊を見つけました! ”しめしめ、誰も気付いていないようだ。。。”DSC_1406-01.jpg

さて、ど・こ・か・ら・いくかな。。。  独り占めはいけないよぅ!DSC_1408-01.jpg

わかってますよ~~~ チャンとみんなでわけますよ! と言ってる矢先、、、 DSC_1410-01.jpg

なんと! 口にひとつ。 足にひとつ。欲張りの独り占めではないか!。。。 DSC_1413-01.jpg

こちらは考えごと。。。。 さて、ここで食べようか、食べまいか。。。 DSC_1421-01.jpg

やっぱり貯蔵庫へ持ってこっと! 賢きヤマちゃんョ! 思わずアリとキリギリスを思い出させる。。。DSC_1424-01.jpg

さて、こちらは曲芸技でうまく採ったまでは良かったが。。。。DSC_1552-01.jpg

おっとうぅぅぅ・・・しまったァ 落としてしまった。。(捨てる。。のでなく)落とす神あれば。。。。  DSC_1557-01.jpg

"拾う神あり!”  これは同じヤマちゃんです。ちゃんと覚えていて一旦木から離れ、ころあいを見て、
戻ってくるのでした。  決して一粒も無駄に出来ない! 私達にマネできますか? 
DSC_1584-01.jpg

こちらは究極の曲芸師!   細い枝の先端までいって。。。DSC_1599-01.jpg

みごと、エゴの実ゲット!片足を枝に、もう人酢の足でエゴの実を口に持っていく。お・み・ご・と!DSC_1620-01.jpg

そして、これぞ最大の見せ場! 最高の演技です!
口一杯にエゴの実。左足を上げ、右足で枝を掴む! でも、良く見ると右足が枝にからんでない。。 
DSC_1627-01.jpg

不安は的中。。。 見事?ヤマちゃん、エゴの実を咥えたまままっさかさまに墜落。。。。 
脳震とうを起こさねば良いが。。。  いくら最後とは言え、これはやりすぎですよね。。。。。
思わぬ事態の結末でした。。。 (完)
DSC_1628-01.jpg
blog 気に入っていただけましたら、クリックお願いします!

にほんブログ村




ヤマガラはエゴの実がお好き! 谷戸山公園にて (その3)

ヤマガラはエゴの実がお好き! 谷戸山公園にて
(その3)
 2週間後のエゴの実は。。。


どうやら鳥仲間には”鳥流インターネット”が存在するようです。仲間がまた仲間を呼ぶ。。 ヤマガラの群れはエゴの実求めて膨らむばかり。。
2週間ほど経て様子を見に行くと、エゴの実はもうほぼ丸坊主。。。 それでも、まばらに残る最後の一粒を求めて、次から次へと現れる。それにしても、皆が近くのそれぞれの貯蔵庫に貯食となると、間違えることは無いのだろうか。。。心配になる。。。もうひとつ、これほどのヤマガラが集まると、この公園の一角はヤマガラ村にになってしまいそう。。。 エゴの木はヤマガラに幸せを運ぶ木!

ヤマちゃんをこれほどの至近距離で撮る事のできるのはめったに無い機会! 姿はみんな変わらねど、それぞれのエゴの実ー採集は10人と色! そして、全員が見事な曲芸師! 今度はどんな曲芸? いつまで見ていても飽きることがありません。その彼らの姿をもう少しご紹介させていただきたいと思います。 ==>その4へ続く


エゴの実がすっかり無くなりました。。。 それにしても良く採ったものだ!DSC_1252-01.jpg

得意のポーズで物色。。。。DSC_1254-01.jpg

そして、まだまだ運ぶ。。。 貯蔵タンクは大丈夫なのだろうか。。。 DSC_1258-01.jpg

残り少なくなると、もうこのスタイルしかない! 実にぶら下がってしまった。。。
特技の曲芸スタイルが生きてくる。。。 
DSC_1293-01.jpg

そして口に咥えて。。。 もう慣れたもの!  背翼の濃灰色が美しい! DSC_1305-01.jpg

あらよっと! 寸暇を惜しんで飛び立つ。DSC_1306-01.jpg

また、別のヤマちゃんがきました。  もう廻りの枝にはひと粒もない。。。。  DSC_1459-01.jpg

最後の一粒をみて、 ”これしかない。。。” DSC_1466-01.jpg

慎重にゲット!DSC_1467-01.jpg

おっと~~~ 危ない。。。  落としたら大変。。。DSC_1468-01.jpg

クチバシでつるの先をシッカリ押さえ、左足は枝に、右足で実を押さえる。。 
正に曲芸技! 
DSC_1471-01.jpg

そして、貯蔵庫へ!エゴの木は葉も落とし、実もなくなり丸裸。。。でも幸せなのはヤマガラ一族!
==>その4へ続く
DSC_1473-01.jpg
blog 気に入っていただけましたら、クリックお願いします!

にほんブログ村



ヤマガラはエゴの実がお好き! (その2)

ヤマガラはエゴの実がお好き(その2)
ヤマちゃんは曲芸師! 

神社のお祭りになると、いろいろな的屋が境内に並ぶ。その中に、ヤマガラに芸をさせる叔父さんがいた。50円払うと、飼い主は鳥かごのヤマガラにおみくじを引いてくるよう命じる。するとヤマガラは同じかごの中にあるこ箱の中にクチバシを突っ込み、小さく巻かれたおみくじを一本咥えてきて飼い主に渡す。飼い主はそれをお客に渡す。。籠の中を上に下に身軽に飛び回った後、おみくじの箱に首を突っ込むのである。。。 ホントによく馴れたものだ! 面白くていつまでも見ていた子どもの頃の想いで。。。

エゴの実を求めて枝から枝に忙しく飛び回るヤマガラを見ていると、いつのまにかこの思い出が頭を過ぎる。。。あれ以来、云十年過ぎた今でも自分の中では ”ヤマガラは曲芸師” という観念が抜けないのです。本当に、それを裏付けるように、ヤマちゃんの動きは俊敏で、曲芸を見ているように楽しいものです。。。==>(その3)へ続く。



ヤマちゃんの曲芸がはじまりました! この芸でどんな細い枝からも易々と!DSC_9512-01.jpg

それにしても身軽なもんだ!  もっと近くに易しい枝に沢山あるのに。。。DSC_9522-01.jpg

なんと、一度に2つもゲット! そんなに急がなくても。。。 エゴの実は逃げないョ!DSC_9528-01.jpg

オットぅ。ヤマちゃんの曲芸に見とれていて折角咥えたベストショットを逃してしまった。(失敗) DSC_9529-01.jpg

”腹減った。。ここでたべようかな?” 蓄えるだけでなく自分もたべなきゃ。。しばし考える。。 DSC_9458-01.jpg

う~~ん、やっぱり。。。DSC_9461-01.jpg

やっぱり、貯蔵庫に持っていくか。。。 DSC_9462-01.jpg

邪念を捨て、口に咥えると一目散に飛んでいきました。。 つつましいこと蟻(アリ)のごとし!DSC_9463-01.jpg

しばらくすると、また舞い戻る。。。休む暇(いとま)が無い。。
このたわわに実ったエゴの実を見てはじっとしていられない。。。 
DSC_9494-01.jpg

ヤマちゃんの雄姿! 黒い頭に蝶ネクタイ、薄茶の頬に赤茶の腹羽、濃灰色に染まる翼から背尾にかけて! 小気味よく化粧がいき届いてる。。。    大好きなショット! DSC_9580-01.jpg

そして、またエゴの実を! 数を重ねると要領を得て、サッとつるの元を切る。。 DSC_9598-01.jpg

口に咥えると。。。 DSC_9574-01.jpg

迷うことなく、 DSC_9572-01.jpg

サッと飛び去る。。何処に貯えるのだろうか。。就いて行ってみたい! ==>その3へ続くDSC_9573-01.jpg
blog 気に入っていただけましたら、クリックお願いします!

にほんブログ村


ヤマガラはエゴの実がお好き!谷戸山公園にて(その1)

ヤマガラはエゴの実がお好き!谷戸山公園にて
(その1)待ちに待ったエゴの実が鈴なりになりました! 
 


公園に草木が色づき、木々が実をつける実りの秋がやってきました。まだ暑さの残る初秋の10月、ヤマガラの大好物、エゴの木が例年より早く実をつけました。なんと、鈴なり! とはこのことを言うのでしょうか。。鳥達は確実に何処にいつ頃何がある。。あの小さな頭に年間の食事処ろをインプットしているのでしょうか。今まで殆ど人前に現れなかったヤマガラが大勢でエゴの実に押しかけてきました。 ヤマガラはそれほどまでにこの実が好きなのでしょうか!他の鳥はほとんど寄り付かず、ヤマちゃん(と呼ばせていただきます)独占! と言っても良い。それもそのはず、この実は人間も含め多くの動物には毒なのだそうです。この実の毒性を利用して、水に溶かし川に流して魚を獲るところもあるそうです。。。

でも不思議なことに、ヤマちゃんそれが栄養となっている。。。公園に2~3ヶ所あるエゴの実は、なんと2週間ほどで丸坊主になってしまいました。彼らはこの実を食べつくす、と言うよりは採りつくすまでこの場所を離れません。なんと、全部食べてしまうのではなく、せっせと冬のために「貯食」をするのだそうです。
ここにも、彼らの生きる知恵を見ることが出来ました。 

そういえば、我等人間にもこの知恵を持たない仲間が沢山いる。。。汗水たらして稼いだお金を、酒に、賭け事に、そして。。。家庭を顧みず使ってしまう愚か者。 公園にきて、ヤマちゃんの働き振りを見せたあげたい!私?ヤマちゃんを見ている限り、絶対に大丈夫です。


エゴの実にヤマガラがやってきました!DSC_1653-01.jpg

鈴なりに実ったエゴの実。。。 なんと、2週間もすると丸坊主。。。DSC_9153-01.jpg

いやあ~~・ 多すぎて何処から手をつけていいやら。 嬉しい悲鳴。。。ure。。。DSC_9161-01.jpg

迷ってます。。。。  DSC_9251-01.jpg

そっちの方がいいかな?。。。。 まだ、手のつけどころが わ・か・ら・な・い 。。。。DSC_9290-01.jpg

う~~ん、この辺がよさそうかな?DSC_9257-01.jpg

この実がおいしそう! (どれも同じと思うけど。。) まだ青くて早そうだけど、これで食べごろだそうです。DSC_9262-01.jpg

良いしょっと。。。 心得たもので実のつるを咥えるのでした。。。DSC_9256-01.jpg

見事ゲット!  ヤマちゃんの目がこぼれそう。。。 DSC_9254-01.jpg

枝から枝に飛びながら体制を整える。。。  DSC_9302-01.jpg

そして、口に咥えなをして、いざ!  DSC_9301-01.jpg

何処へ?  秘密の場所へ運ぶのサ!!  お・し・え・な・い!
こうして、実を採るとあっと言う間に飛び去っていく。 ここではめったに食べない・・・・
その殆どが貯食のため。。  でも冬になっての回収率は6割に満たないそうです。。。
DSC_9303-01.jpg
blog 気に入っていただけましたら、クリックお願いします!  

にほんブログ村




ヒガラ 多摩の公園にて

ヒガラ 多摩の公園にて
シジュウカラにそっくり。。。


多摩の公園に午後の日ざしが長く伸び始めたころ、ガビチョウの次に本日のシンガリとして水浴び場に現れたのはヒガラ君でした。いつものシジュウカラ。。。と思いポカンと眺めていると一緒にいたカメラマンが ”ヒガラだよ!” と教えてくれて初めて解かったほど、ホントに、シジュウカラにそっくり! 全身の色もスタイルも、仕草まで!  一見、全く見分けがつきません。。。。

でも云われてよく見ると、シジュウカラの見事なネクタイが腹まで伸びずに首元で止まっている。 蝶ネクタイ! くちばしも、尾もシジュウカラより短く、こじんまりまとまった感じ、とでもいいましょうか。。。大きさもシジュウカラより更に小さく、スズメより小さいことがわかりました。でも、その一番小柄なヒガラが選んだ水浴び場は意外なところでした。

鳥暦の浅い私にとってはヒガラも初めての出会い! 今度は ”ゴジュウカラに会いたい!” と夢が膨らんできました。。。
ここ多摩の公園は野鳥の楽園! 初めて行ったのに、こんなに多くのあこがれていた鳥達に出会えるなんて、正に至福の一日でした。 
また行きたい!


蝶ネクタイでひのき舞台に現れたヒガラ君!午後の日差しが長く伸び歓迎の照明を当てくれました!ここは水飲み場の岩の上!
DSC_5486_sh02.jpg

ポマードでバッチリ髪整え、颯爽と登場! ”さて、これからボクのショーがはじまります!”
と云ってるよう。。。
DSC_5484_sh02.jpg

さてっ!と。。。 ”水浴び場は何処にするかな~~~”DSC_5491_sh01.jpg

おやっ! 目をつけたのは滝の流れ口?  上から見ると、まるでシジュウカラ! DSC_5493_sh02.jpg

そ・れ・と・も 。。。 下流の方を見渡して。。DSC_5489_sh02.jpg

”よしっ、やっぱりここにしよう!”ここはオオルリの水浴び場。キビタキもあきらめたところ。。DSC_5496_sh02.jpg

ホントに大丈夫??  思わず躊躇??? DSC_5495_sh02.jpg

いやいやとんでもないっ! ホレ、この通り! 体の大きさには関係ないんだョ!  
”ボクの強靭な足を見て欲しい!”  よく見るとシッカリと流れの中で岩石を捕まえている。。。
DSC_5505_sh02.jpg

水の流れに逆らわず。。頭は生きているうちに使うもの!DSC_5524_sh02.jpg

そして、颯爽に水浴びをするのでした! この小さな体がよく流れに負けないものだ。。。 
小粒でも辛い! とはこのことを云うのでしょうか。。。
DSC_5512_sh02.jpg

この急な流れをものともしない。。。 絶対の自信! この強力な足さえあれば!DSC_5513 -021

ボクは蝶ネクタイのヒガラ君、 シジュウカラクンとは親戚です。。
でも足の力は僕のほうが強いのです!  どんな急流にも負けません
    (完) DSC_5518_sh02.jpg
blog 気に入っていただけましたら、クリックお願いします!  

にほんブログ村


ガビチョウの水浴び 多摩の公園にて (2の2)

ガビチョウの水浴び 多摩の公園にて (2の2)
ダイナミックを超えて、もうめちゃくちゃ。。。。


ガビチョウの行水がいよいよ佳境に入ってきました。その浴びようはもうダイナミック。。などの言葉を通り越し、”めちゃくちゃ。。。” と表現しても可笑しくないほど、体の皮膚を覆う産毛を通り抜け水が体の芯までしみ込むような、もう濡れていないところが無いといってもいいほどに。。。これほどまでに徹底して水浴びをする鳥仲間はガビチョウを除いて他にいるでしょうか。。。

真夏、部活の帰り道、突然雷とともに大粒の夕立。。 あっと言う間の土砂降りの中、宿り木も、傘も、軒下もなく、雨に打たれるまま。雨はついにY-シャツの中を通り越し、容赦なく肌にピタッと喰い付いて来る。。。頭から下着から靴の先までグショグショ。。。 そして、15分もしないうちにあの土砂降りがピタッと止み、暑い日差しとともスカッとした青空が戻る。 そこに虹のかかった青空を見上げ途方にくれる自分がいた。。。。 

思わず言葉を失うガビちゃんの水浴びを見ているうちに、遠い学生時代の災難を思い出してしまいました。。きっと、これからはガビチョウの水浴びを見るたびに、鳴き声聞くたびに、この想い出が浮かんでくるような気がします。。。。   (完)


ああ、気持ち余暇ァ~~~  もうイッチョいくか!DSC_4697_sh01.jpg

”な、なにィ、これは。。。。” 一体どうなってるの?
あまりに激しくて、前と後ろの写真を見ねば何がなんだかわからない。。。
DSC_4672_sh01.jpg

激しく濡れて、ふっくらと。。。DSC_4674_sh01.jpg

ひょいっと小石に飛んで。。。DSC_4675_sh01.jpg

ひ・と・や・す・み! かと思ったら。。。DSC_4682_sh01.jpg

水浴びは更に激しく! 早くてシャッタースピードが追いつかない。。。。DSC_4689_sh01.jpg

”首筋もよく洗いまショッ!”DSC_4694_sh01.jpg

すっかり濡れネズミとなりました。。。。DSC_4699_sh01.jpg

これで終・わ・り か? と思ったら、Waooooo,,,更に激しく、念入りに!!! DSC_4701_sh01.jpg

これでもかァ! と言わんばかりに。。。 こんなに激しく、長い水浴びはみたことない。。。。DSC_4702_sh01.jpg

水浴びは漸く終了。。。。 もうぐっしょり。。。 でも、大満足!  顔の表情がいい!! DSC_4703_sh02.jpg

漸く岩の上で毛づくろい。。 ”かいかいかい。。。” DSC_4668_sh01.jpg

入念な水浴びからすると、毛づくろいは、いたって ”お・お・ざっ・ぱ。。。”DSC_4669_sh01.jpg

ちょこっと、かいかいをして、ハイ、終・わ・り。。このあと、爽快な気持ちで森に返って行きました。。。 
この豪快な水浴びが、あの美しい声に磨きがかかるのでしょうか。。。
これからもずっとあの鳴声を聞かせて欲しい! (完)
DSC_4670_sh01.jpg
blog 気に入っていただけましたら、クリックお願いします!  

にほんブログ村




ガビチョウの水浴び 多摩の公園にて (1の2)

ガビチョウの水浴び 多摩の公園にて (1の2)
ダイナミックな行水だこと! ヒヨドリの幼鳥も来た! 

メジロの次に水浴び場に現れたのはガビチョウでした。 人間が籠の中で鳴声を競わせていただけあり、その美しい鳴声は山を歩いていると、はるか森の奥から高らかに聞こえてくる。 まるでオペラ歌手のソプラノの音色!なんと美しいこと! 姿こそ見せないけれど鳴声を聞くだけで、自然の中にいる実感が湧いてくる。 決して目の前で落ち着いて出会えることの出来ないガビチョウ。。。でも、この公園の”水浴び場”だけはその限りではない。 鳥達の楽園でダイナミックな行水をたっぷりとカメラに収めることができました。
  
大きさはオオルリの親とほぼ同じぐらい(25cm)。体全体が茶褐色で仕上がり、お世辞にも綺麗な鳥!とは言えませんが、目の淵が白線で目じりに流れ、黄色いくちばしに黄色の足。神様はガビチョウのファッションを決して忘れてはおりませんでした。その上にこの美しい声を与えたのです。。。  

でも、流石に入浴中は鳴声は聞かせてもらえませんでした。。。
ガビ君の行水の隣で、ヒヨドリの幼鳥まで加わってきました。。
みんな仲良し! ==>(2の2)へ続く


初めて近くで見る”美声の持ち主”ガビちゃんの容姿! 均整がとれて、とても姿勢がいい。。DSC_4644_sh01.jpg

黄色のクチバシ、黄色のおみ足、濃淡の茶褐色の体、丸い大きな目の周りくっきりとした白帯が流れる。DSC_4650_sh01.jpg

そろそろ水浴びに行くかナ~~。。。。DSC_4646_sh01.jpg

飛んできたのは、なんとキビタキ、メジロと同じ場所。。。DSC_4655_sh01.jpg

滝の流れる素晴らしい水浴び場があるのに、なぜこの小さな場所が共通して選ばれるのか?
     七不思議デス。。。
DSC_4679_sh01.jpg

さ~てと、この辺にしようかなァ。。。。。 まるで見ていたように、キビタキ・メジロと全く同じ場所。。DSC_4686_sh01.jpg

と、いきなり頭を水に突っ込み。。。。DSC_4666_sh01.jpg

ざぶざぶバシャバシャ。。。。 お風呂に入る前に軽く水をかけるとか、
ガビちゃんには節操と言うものが無いのか。。。 
DSC_4667_sh01.jpg

 ”うっひょううううぅぅウ” 目をつぶり、水しぶきをいっぱいに飛ばし。。。 なんとダイナミックなこと!! DSC_4659_sh01.jpg

 ”あァ、いい気持ち!!!” 早くも全身がびっしょり。。。DSC_4663_sh01.jpg

ちょっと一休み。。。 ガビちゃんの水浴びはこれからが本番!   ==>(2の2)へ続くDSC_4690_sh01.jpg

ちょうど、滝のある水場にはヒヨドリの幼鳥が水浴びにやってきた。。。 
そう、ここが絶好の水浴び場なのです!
 
DSC_4638-01.jpg

美しい澄んだ水に向かって、”この辺でいいかな?” DSC_4640-01.jpg

ざっぶ~~~ん! なんと!!! ヒヨちゃんの行水は、たとえ幼鳥といえどもすさまじい勢い。。。DSC_4641-01.jpg

と、すぐさま飛び立つ。。。 ダイナミックでも、さっぱりと! と言うところだろうか。。。DSC_4642-01.jpg

山でも住宅街でもうるさくて仕方ない。。 人気度最下位。。でも時と場所によっては憎めない。。
体全体もまだ薄灰色、腹部にも白味が残り、親に似ず可愛いものですね。。 
DSC_4643-01.jpg
blog 気に入っていただけましたら、クリックお願いします!  

にほんブログ村



メジロの水浴び 多摩の公園にて

メジロの水浴び  多摩の公園にて
ふたり仲良く!


エナガの次に水場に現れたのは目白の仲間でした。ここ多摩の公園にはいろいろな鳥達が混群している。混群を好む鳥達は群れでいることにより餌が見つけやすいこと、それに何よりも皆でいることにより安全確保ができる、と考えられているようです。ですからお互いとても仲がよく、森の中を移動するにも、餌をとるにも、水浴びをするにも情報伝達がとてもよく行き届いているように見られます。。

その証拠に目白もエナガ・キビタキとおんなじ小さな水場に現れました。まだまだ、この後ガビチョウも、ヒガラも現れたのでした。。。(近々ご紹介します)。これを ”目白押し”。。というのでしょうか。 そういえばこの言葉、巣立ちしたばかりのメジロの雛たちが枝に体を寄せ合って並ぶ習性があるところに由来しているのだそうです。
まだ雛たちの枝並びには出会ったことがありませんが、いつか、そのチャンスに巡り会えることを楽しみにしたいものです。。。

家の庭先にも見られる人間に親しみのある目白。 木の実を獲る目白、梅・桜の花の芽に舞う目白、いろいろな目白に出会いましたが、彼らの水浴びのシーンはこれが初めてでした。
人間に同じく、自分達の知らないところで毎日入浴しているのですね! 



目白の達男(仮称)クンが水浴びにやってきました。。滝の水場のから流れ出した小川の水溜り。DSC_4778_sh01.jpg

周りの雰囲気をみまわして、”ぅぅ~ん、ここならゆっくり出来そうだ!”DSC_4783_sh01.jpg

 ”それでは始めるか!” さっそく達男君の水浴びが始まった。DSC_4785_sh01.jpg

あれェ?これは犬の糞? ではありません。達男君が全身を震わせて水に浸かっているのです。。DSC_4787_sh01.jpg

”Waaao,, 気持ちよかあ~~!” と、上のほうを見て、、、 ”おや? 来たかな?。。。” 
DSC_4790_sh01.jpg

達っちゃん、私も水あびした~い!”突然舞い込んできたのはガールフレンドの花子だった。DSC_4793_sh01.jpg

”遅かったやないか。。。早くこっちにおいで~”優しい達男は花子を水浴びに場に導く!DSC_4801_sh01.jpg

花子(左):”わァ~い、冷たくて気持ちいい!!” ”達っちゃん、いいとこ見つけたわね!”
達男(右):”勿論! これもみんな花子のためや!” 達男の得意がお。。。 
DSC_4803_sh01.jpg

花子(左):”今言ったことホント?だって達っちゃんこの頃冷たいんだもん。。”ひねたそぶり。。
達男(右): ”そんなことあらへんて~~~””ボクの全てはきみのもの!
達男君、大分自信ありそうだけど大丈夫?
DSC_4806_sh01.jpg

ホントかしら。。花子のつぶやき、でも嬉しそう。 達男は照れくさそうに豪快に水をかぶる。。。DSC_4807_sh01.jpg

花子も水浴び! どうやら花子の方が達男のことを好きらしい。。。DSC_4808_sh01.jpg

と、二人が一斉に上のほうに気をとられる。。 ”何か物音がする?””覗き(のぞき)かしら。。”
花子:"私達って裸(はだか)?。。。” 
DSC_4810_sh01.jpg

達男:”気にすることなかァ!”その一言に安心したのか、二人は仲良く楽しそうに水浴び。。DSC_4812_sh01.jpg

それでも、達男はやはり気になり偵察に。。。 花子は達ちゃんに守られて悠々と水浴び続行!
二人の仲が永く続きますように。。。 
 
蛇足:それにしても、目白は雄・雌の見分けがさっぱり分かりません。。達ちゃんも花子も本当はどちらのでしょうか。。。達男&花子の会話は果たして筆者の想像どおりでしょうか。。。  (完)DSC_4813_sh01.jpg
blog 気に入っていただけましたら、クリックお願いします!  

にほんブログ村


プロフィール

Su~chan

Author:Su~chan
私の名前は「Su~」です。”Su~chan”と呼んでください。
相模原市在住。

最新記事
最新コメント
カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR