FC2ブログ

富士山がついに噴火!  (その2)河口湖周辺にて

富士山がついに噴火!(その2) 河口湖周辺にて
御中道の紅葉が美しすぎて ・・・・

富士山頂に噴煙が上がる中、まさかの出来事を見届けようと、スクープ?を求めて遂に5合目まで上がってしまいました。。。。 もしかして噴煙を頭から被るかも。。。 不安半分、赤く染まった紅葉観たさ半分・・・ 知らぬ間に足が御中道の中程に・・・

黄色に色づいたカラマツ真っ赤に染まったタケカンバの道を歩いていると、噴煙はおろか静寂そのもの。鳥のさえずりすらも聞こえてくる。つい今しがたまで、山頂の噴煙に胸を痛めていた興奮はどこへやら・・・ しばし、御中道の紅葉に胸を打たれつつs。。。

登ってみると、富士山の荒々しい溶岩の岩肌に ”富士山は男!” の息吹が聞こえてくるよう。。 美しく彩づいた奥庭の紅葉林を優しく包んでおりました。そこに一羽の鳥が・・・・・・・     ==>(その3)へ続く 


画像上をワンクリック! 150%に拡大してご覧ください。

こ美しすぎる五重雲。 これが本当の噴煙だったら・・・・・
DSC2_8646 (2)

私たちはここにはいられない・・・・・ 夢ロマン。。
DSC2_8696 (3)

そんなロマンチック気分で5合目にやってきました。
DSC2_0633 (2)


そこには山頂からの吹きおろしに美しい紅葉が始まっておりました。
DSC2_0275 (2)

カラマツが黄色に色づいて。。。
DSC2_0276.jpg

御中道の小道には富士山中腹を覆う山林が緑の絨毯を織りなすように広がっている。。。
DSC2_0277 (3)

噴火の爪痕・・・すっかり化石となったカラマツがあちこちに横たわる。。。。
DSC2_0289 (2)

真っ赤に色づくタケカンバの実。
DSC2_0323.jpg

御中道の小道をこれほどまでに染めて、散策の人々を癒してくれる・・・・
DSC2_0345 (2)

DSC2_0356 (2)

タケカンバの林を抜けると、黄色の別世界に・・・・7
DSC2_0368 (2)

花はドライフラワーになって迎えてくれる。。。
DSC2_0369 (2)

夢を膨らませる紅葉のトンネル!
DSC2_0382 (2)

上を見るとうっすらと青空が覗く。。。。
DSC2_0414.jpg

そして、視界がパッと開け、富士山の山頂が! 
遠くから望む日本一の富士の面影は微塵にも感じられない粗々しさ。。。 

DSC2_0549 (2)

富士山の腸(はらわた) ところどころに荒々し噴火の爪痕。 富士山は力強き男性でした!
DSC2_0520 (2)

山頂から吹き降ろす冷たく強い風に🌲🌲の葉は揃って下方向に・・・・
あっ、左端の高い🌲に鳥が止まった!  見えますか?  ==>(その3)へ続く
DSC2_0405 (2)

blog 気に入っていただけましたら、「にほんブログ村」のクリックお願いします!
にほんブログ村


富士山がついに噴火!(その1)河口湖

富士山がついに噴火!(その1)河口湖周辺にて
山頂にすさまじき噴煙・巻き上がる・・・・

11月27日。 快晴の青空に誘われて、ドライブがてら紅葉を愛でに!と河口湖方面に出かけることにしました。途中、足柄インターで食事。。。 と展望台に上がってみると、なんと富士山頂が噴煙を上げているではありませんか! 遂に噴火?! 直感的に、今マグマを吹き上げ成長中の小笠原諸島・西ノ島の噴火が頭をよぎりました。 確か、西ノ島も富士火山帯に繋がっている。。。

展望台からはその規模がまだ小さく見えましたので、急げ!! と引き返すことなく、果敢にも河口湖畔へ急行することにしました。野次馬根性?  東富士縦貫道に差し掛かると、キノコ雲の一団が山頂から離れ、太陽に反射し噴火前兆の不気味な気配を感じさせました。漸く河口湖畔に到着。 富士山頂は益々噴煙が輪を描き、厚い傘雲となり大きく膨れ上がっているではありませんか! これはいよいよ噴火する!

もっと近づいてみよう! 遂に五合目まで上がってしまいました。。。。

意外にも、おひざ元の御中道散策道は噴煙の欠片もなく静そのもの。紅葉が美しく、鳥のさえずりすらも聞こえてくる。。。でも、この山頂の様子を見ると、正しく噴煙そのもの! 噴煙が佳境に入り、黒々と吹き上がるや、 不安は募るばかり。。。不覚にもその麓まで足を踏み込んでしまった愚か者。。。 途中誰も止めてくれなかった。。後悔の念、必至・・・・

呆然と御中道に中腹にたたずんでいると、そこにカラスのような黒い鳥が飛んできて目の前に止まりました。 そのいかにもモノ静な様子を見て、初めて我に返えり山頂を見上げると、あれだけ吹き上げていた雲の傘がすっかり飛んで消えているではありませんか。。。  夢を見ていたのでしょうか。。。

どうやら富士山の噴煙は、傘雲の悪戯。。。 愚か者のそそっかしい早とちり・・・ 驚かせてホントにすみませんでした。。。 心深詫!  それでも、この雲は噴火の前兆? まだ首をかしげる自分でした。。
==>(その2)へ続く
 

画像上をワンクリック! 150%に拡大してご覧ください。

東名足柄インターで昼食。 青空の富士山をカメラに!と展望台に上ったところ、
なんと山頂から噴煙が立ち昇っているではないか。。。 
富士山が噴火してる!!! 

DSC2_8613 (2)

望遠を近づけてみると、確かに山頂から噴煙が・・・・早くNHKに知らせねば。。。 
焦る自分がおりました・・
DSC2_8618 (2)

噴煙は吹き上げては休み、また吹き上げる・・・ その繰り返しでした。
なんとか、河口湖まで行ってみよう! 恐れを忘れ、そのまま車を走らせる。
DSC2_8623 (2)

東富士縦貫道に入ると、山頂からの噴煙は黒い塊となり、太陽の逆光を浴びて不気味に・・・
DSC2_8636 (2)

太陽の下に幾重かに重なった傘雲に。。。。 いよいよ噴火が来るのでは・・・ 
不安はつのるばかり。。。 

DSC2_8637 (2)

河口湖畔に到着。 山頂の噴煙は絵に描いたように、山頂から大きく円を描いて広がっていた。
DSC2_8640 (3)

美しく、何重にも傘雲が重なって! これが噴火活動の前兆だなんて・・・ 
思いたくない。。。

DSC2_8646 (2)

山頂から青空に広がる噴煙。次第に広がりを見せて。。。。
DSC2_8696 (3)

青空が次第に噴煙で隠れていく。。。
DSC2_8702 (2)

逆光の陽を浴びて静まり返った湖畔。 果たして、この傘雲はどこまで。。。
DSC2_8703 (2)

夕日の傾きかけたころになると、噴煙は益々その勢いを増して・・
DSC2_8708 (2)

富士吉田方面に流れ始めた。。。。  いよいよ噴火か!!?
DSC2_8704 (2)

これまで一つに固まっていた傘雲は一気に崩れ、秩序を乱し、暴れはじめた。。。
DSC2_8710 (2)

何ということでしょう。。。  これが本当に噴火につながるとしたら。。。 
危機管理の仕事から離れて早や10年。。。次のアクションが浮かんでこない。。。
==>(その2)へ続く
DSC2_8711 (3)

blog 気に入っていただけましたら、「にほんブログ村」のクリックお願いします!
にほんブログ村


プロフィール

Su~chan

Author:Su~chan
私の名前は「Su~」です。”Su~chan”と呼んでください。
相模原市在住。

最新記事
最新コメント
カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR