FC2ブログ

ノゴマの散歩 (その5・最終章) 埼玉県下の河原にて

ノゴマの散歩 (その5・最終章)埼玉県下の河原にて苔生す古木の上で・・・・・

いつの間にか陽が陰り、河原のススキも風に靡き、周りの景色が変わってきました。風も大分出てきました。広い河原にカラスの大群が舞い、近くの?にはモズが。ノゴマの慎吾はまだ散歩にやってくるのでしょうか。。

嬉しいことに、帰り際の日没間近になって再び姿を現してくれました。すっかり日の陰った慎吾の容姿は、日を浴びた慎吾とは趣きが変わり、落ち着いた美しさを見せてくれました。

時計が4時半を回ったころ、慎吾・お立ち台に立ち、もう僕も根倉に入るから君たちも帰ったら・・・・ と言っているようでした。 初めてのノゴマとの出逢い。 今日は一日、鳥狂にしか解らない幸せを味合うことが出来ました。 慎吾君、今日は有難う! ゆっくり休んで、無事の渡りを果たしてください。    (完)



画像上をワンクリック! 150%に拡大してご覧ください。

慎吾が藪の中から外を覗っている・・・・  陽も大分傾いて周りが急に暗くなってきた。。。
DSC10_4325 (2)

もうイッチョ行くか~\\\\///。。。。DSC10_4167 (2)

陽の明るさを失い、すっかり落ち着いた雰囲気の慎吾。  なかなかいい!  DSC10_4158 (2)

緑の絨毯に上がって、 ハイ、ポーズ!DSC10_4178 (2)

一旦ステージを降りて・・・ どうやらイヴニング・ショーの始まりのようです。DSC10_4183 (2)

改めてステージに!  緑の苔が美しい! DSC10_4193 (2)

僕は左からの向きが一番カッコいいんです!DSC10_4196 (2)

どうですか? このポーズ!             大好きなショットです~  
DSC10_4199 (2)

DSC10_4240 (2)

そして、正面から。 どの向きからも最高のハンサム野郎です!  DSC10_4256 (2)

DSC10_4346 (2)

最後にお立ち台に上がって、 ”もう日が暮れるから早く帰った方がいいよゥ~4”
慎吾に諭され、これを最後に家路につくことに。。 
素晴らしいノゴマとの出逢いに意気弾ませて・・(完)
 
DSC10_4392 (2)


blog 気に入っていただけましたら、「にほんブログ村」のクリックお願いします!

にほんブログ村

ノゴマの散歩 (その4) 埼玉県下の河原にて

ノゴマの散歩 (その4)埼玉県下の河原にて
苔むす古木の上で・・・・・

ノゴマの慎吾が苔むす古木にやってきました。 緑の絨毯に遊ぶ慎吾が一層輝いて見える。。。 こんなところにも好物の獲物がいるのかナ? お腹も空いたことだし、もうすぐ食事タイムとするか!

といった感じで、朝の散歩を楽しんでいます。 でも、チョットでも異変を察知すると、たちまち藪の根倉に隠れてしまう。本当に用心深い慎吾。 これも生き抜く術でしょうか。 それもそのはず、天敵の百舌鳥が近くで鳴いておりました。 どんな動物にとっても生き抜くということは大変なことですね。 ==>(その5)へ続く


画像上をワンクリック! 150%に拡大してご覧ください。

慎吾が藪から飛んで出てきました。DSC10_4086 (2)

緑の苔を吹いた古木の上に・・・DSC10_4091 (2)

慎吾の得意のポーズ! 尾羽をピンと立てて・・・DSC10_4099 (2)

喉もとの赤いエプロンが映える!DSC10_4100 (2)

小枝に戻ると、DSC10_4113 (2)

この睨み! どうやら獲物をみつけたらしい。。。DSC10_4119 (2)

緑の古木に戻ると・・・・DSC10_4131 (2)

こんなところに獲物が!DSC10_4132 (2)

あっという間にゲット! いい目をしてる。。。DSC10_4133 (2)

ホッとする間もなく、何か異変を察知・・・・、DSC10_4136 (2)

近くのススキの先に止まった天敵の百舌鳥が鳴いているのでした・・・DSC10_4141 (2)

慎吾、間髪を入れず根倉の中へ・・・・  逃げるが勝ち!  ==>(その5・最終章)へ続く
DSC10_4103 (2)

blog 気に入っていただけましたら、「にほんブログ村」のクリックお願いします!

にほんブログ村

ノゴマの散歩 (その3)埼玉県下の河原にて

ノゴマの散歩 (その3)埼玉県下の河原にて
しばしその仕草に見とれておりました・・・

初めて見るノゴマのルビー色の喉。 その鮮やかな赤が、動きによって伸びたり縮んだり、太陽の光線によっては赤色が浅く見える。。。。

そんなノゴマの散歩をじっくりと噛みしめる至福のひと時! 
もう言葉はいりません。 ==>(その4)へ続く


画像上をワンクリック! 150%に拡大してご覧ください。

慎吾が藪から出てきました。
二人で旅をしているようですが、もう一人はまだお目見えなし。。。
DSC6_3980 (2)

見てください。 慎吾の得意なポーズ!DSC6_3987 (2)

おや? 何か見つけたァ・・・   DSC6_3988 (2)

横からのポーズも最高!DSC6_3999 (2)

そして、正面から!DSC6_4000 (2)
DSC6_4006 (2)

翼を広げても、藪に戻ること以外、決して遠くへ飛んでいくことはありません。DSC6_4009 (2)

このポーズ! 何とも言えません。 
DSC6_4010 (2)

ピンと張った尾羽。 細く、長く伸びる灰色の足。 オリーブ色の身体。 
全てが美しい!  
 
DSC6_4013 (2)

翼を広げてどこへ行く?・・・・・DSC6_4071 (2)

そして、この睨み! ここで十分栄養を付け、羽根を休めて・・・  ==>(その4)へ続く
DSC6_4072 (2)


blog 気に入っていただけましたら、「にほんブログ村」のクリックお願いします!

にほんブログ村


ノゴマの散歩 (その2)埼玉県下の河原にて

ノゴマの散歩 (その2)埼玉県下の河原にて
華麗なるショーが佳境に・・・・

陽が高くなるにつれて、だいぶ活発に藪の中から登場してくれるようになりました。どうやら、この界隈の河原をしばしの根倉と決めたのでしょうか?用心深さは抜群で、藪から出てきても、30秒もしないうちに藪の中に消えてしまいます。 暗いところが好きなようです。。。

一旦入ってしまうと、一時間待つことは当たり前。。。。 美しい鳥との待ち合わせ! 遠~い青春時代のテート・長いこと待ちぼうけを食わされた。。。辛かった忍耐を想い出します。。。それでも、その寸暇のうちに繰り広げるショーは圧巻そのものです。

野原に生息するとはいえ、渡りの途中にもやはり、同じような場所を選ぶのでしょうか。。。。 また、広大な河原のこの場所をどのようにして選んだのでしょうか。。。考えると、また落ち着かなくなります。・・・ 
==>(その3)へ続く


画像上をワンクリック! 150%に拡大してご覧ください。

大分時間を経て、慎吾が藪から出てきました。DSC5_3827 (2)
早速、何か見つけたのかナァ?DSC5_3832 (2)

大声で鳴き始めました・・・・ でも、周りに仲間がいるわけでもなく。。。 DSC5_3843 (2)

そっと様子をうかがう・・・   この横顔が何とも言えません・・・ DSC5_3846 (2)

すると、突然横っ飛び~~~ッDSC5_3748 (2)
なんか獲物を見つけた模様・・・・・DSC5_3749 (2)
着地失敗・・・・  慌てるとろくなことはない。 DSC5_3750 (2)

どうやら、獲物は逃げてしまったようです。。。DSC5_3900 (2)

それでも、何か朝食になりそうなものは?・・・  喉もとに輝くルビー色! DSC5_3908 (2)
おっとゥ、 鋭い眼力! 自分と目線が合ってしまったようデス・・DSC5_3962 (2)

慎吾の決めスタイル。朝の散歩をに華やかなショー!! ==>(その3)へ続く DSC5_3976 (2)

blog 気に入っていただけましたら、「にほんブログ村」のクリックお願いします!

にほんブログ村



ノゴマの散歩 (その1)埼玉県下の河原にて

ノゴマの散歩 (その1)埼玉県下の河原にて
なんとダンディなノゴマ君!


ノゴマ。 感激のうちに初めて逢う鳥でした。 
英名は、”Siberian Rubythroat" = シベリアからやってきた ”ルビー色の喉を持つ鳥”と、とても美しい名前になっておりますが、和名では、野原に生息し、美しく大声で囀ることから、 ”野に住むコマドリ”からノゴマと呼ばれるようになったとか。 

北はロシア、北海道の寒いところで繁殖し、越冬のために南下、渡りの途中に寄ってくれたそうですが、地の人によりますと、ちょうど2羽が抜けたばかり、新しい個体が渡ってきたばかりなので、藪から出てくるかどうか解らない。。。 と心細い話。 じっと待つこと1時間半・・・ すると、朝日が昇るころなって、河原の藪の中に何かが動く気配。 ついに藪の中から顔をのぞかせました。

”アッ” と驚くほどの ”綺麗な赤い喉元”! に興奮と感激の渦の中で夢中でシャッターを押し続けました。 漸く会えたノゴマ君! ようこそこの河原を選んでくれた! あまりの嬉しさと楽しさにに、日の暮れる夕方まで三脚をたたむことがありませんでした。   ==>(その2)へ続く


画像上をワンクリック! 150%に拡大してご覧ください。

待って、待って、待ちわびたノゴマ君。 漸く藪の中からお目見え! 慎吾と名付けました。 DSC4_3536 (2)

喉もとのルビー色のポイント。 尾羽をピントあげて! DSC4_3541 (2)

慎吾の睨みも凄い!DSC1_3547 (2)

と、朝食の獲物を・・・・ 慎吾の大好物!DSC4_3560 (2)

一石二鳥! 朝の散歩ついでに朝食も! DSC4_3563 (2)

何かこの辺でも動くものが・・・・ 獲物の収穫に味を占めまた狩りを?DSC4_3591 (2)

羽根を伸ばして、朝の散歩をのびのびと! DSC4_3599 (2)

慎吾、得意のポーズ!? 横からの赤のポイントがいい~~~ DSC4_3613 (2)

そして、古木の上でのファッション・ショーの始まり?DSC4_3637 (2)

前面からのポーズ! 赤のポイントが実に鮮やか!  美しいいいィィィィ*****DSC4_3646 (2)

片脚で!DSC4_3653 (2)

なんとこのポーズ! 顔を上にあげて・・・・  喉もとのルビー色が! DSC4_3683 (2)

翼を一杯に広げて~~~  何よりも、寛いでいるのがいい!DSC4_3697 (3)

素敵なポーズ! いうことがありません・・・・ 
DSC4_3767 (3)
慎吾、これは何というポーズ?DSC4_3709 (3)

初めて出逢ったノゴマの慎吾! 君の創るポーズに惚れ惚れと、唯舌鼓するだけ。。。。
==>(その2)へ続く 
DSC4_3718.jpg

blog 気に入っていただけましたら、「にほんブログ村」のクリックお願いします!

にほんブログ村






プロフィール

Su~chan

Author:Su~chan
私の名前は「Su~」です。”Su~chan”と呼んでください。
相模原市在住。

最新記事
最新コメント
カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR