FC2ブログ

ツバメの雛 百景 巣作り 引地川沿いにて

ツバメの雛 百景 巣作り 引地川沿いにて
夏の風物詩はここから始まる! 

野津田のウイ~ン少年合唱団(雛たち)の時期から遡ること一ケ月半。 引地川沿いに野鳥を探し散策していると、川に沿って沼地のような湿地帯の広がる公園にぶつかりました。 カワラヒワが彼方此方でさえづる長閑な初夏の朝でした。 川沿いの湿地帯に入ると、周囲が急にピーチク・パーチク!あわただしい鳥の声・・・・

近づいてみると、なんとツバメの群れ。 2~30羽の一群がが無秩序に、でもいつも集団で沼地を飛び廻わっているであはありませんか! 
さらによく見てみると、皆が一様に土を口いっぱいに啄み、何処かへ運んでいくのです。 漸く、巣作りに必要な土を口に咥えては、夫々の巣にすべき場所との間を日参していることが解りました。

家々の軒下に出来上がった巣とその中の雛たちには馴染み深いのですが、その巣づくりに必要な土をこのようなところで調達しているとは! 新たなる発見でした。キット、引地川に掛かる橋の軒に一斉に巣作りをするのでしょうか。 正に集団作業です! まるで、週末に町内会の人たちが一斉に出て、町内の掃除をするような光景!争い事もなく、賑やかで、仲睦まじく。。。。 巣を作るということは、もうパートナーは全員決まってるのでしょうか。。。 誰と誰? 全く分かりません。。。それとも巣を作った後に相手を探すのでしょうか?・・・いや失礼! 余計な心配でした。。

そういえば、ツバメの名前の由来っって? ご存知ですか。ネットで調べて最も納得のいきそうな説が見つかりました。
それは 「つばみち」 =>(土食)。 「ツバメが巣作りに使う土を口に咥え持っていく」 ところから ”つばみち”。 それがやがて「つばめ」となったのだそうです。。。

そう言われれば、この引地川での光景は、正にこの説を裏付けているように思えます。初めて見るツバメの土運び。。。 卵を育み、雛を孵し、そして巣立ち。。。 ツバメの「夏の風物詩」はこの巣作りの土運びから始まるのでした!
  (完)

画像上をワンクリック! 150%に拡大してご覧ください。

長閑な初夏の日差しのもと、引地川のほとりにカワラヒワが遊んでいるDSC21_5108 (2)

その川沿いに、ついさっきまで水があったような土の柔らかい沼地。
ツバメの大会議が行われていました!
DSC21_5179 (2)

何をしているのだろうゥ。。。 と、一羽が土を咥えて飛び立つDSC21_5250 (2)

このツバメの口にも土が。。。。。
DSC21_5264 (3)

どれもこれも土を咥えて。。。
DSC21_5283 (2)

彼らは、巣作りのための土を運んでいたのでした。。。しかも、みんなで。。。 
DSC21_5299 (2)

すぐ脇の引地川にはおおきな橋が彼方此方にかかってる。
この界隈にツバメ村ができるのでしょうか!
 
DSC21_5304 (2)

土を運ぶ方向は一貫して川の橋方面。。。DSC21_5305 (2)

皆で大きなお城を築く共同作業のように見える。。。DSC21_5317 (2)

お・ど・ろ・き!  これほど一生懸命働く集団は見たことがない。。。。 
DSC21_5367 (2)

しっかりと素材を咥えて! DSC21_5368 (2)

そろそろこの土の運び先を見てみたい・・・・・・・DSC21_5377 (2)

これほどまでに、一団となって一つのことをやり遂げる! ツバメの団結力に脱帽! DSC21_5404 (2)

DSC21_5399 (2)

ツバメが土を掘る。DSC21_5391 (2)

そして、咥えて・・・・
DSC21_5412 (2)

巣へ運ぶ!  果たして、パートナーは決まっているのだろうか。。。。DSC21_5415 (2)

もうすぐ、この洋々たる川の橋々にはツバメの町内会! 
大いなるツバメ村が開村することでしょう! 楽しみです!
(完)
DSC21_5434 (2)

blog 気に入っていただけましたら、「にほんブログ村」のクリックお願いします!

にほんブログ村

ツバメの雛 百景 (その2)野津田にて

ツバメの雛 百景 (その2)野津田にて
ウイーン少年合唱団! 雛たちはお殿様! 

ウイ~ン少年合唱団のコーラスが続く。それにしても、毎回大きな口を開け、精一杯の声を出して餌をねだる雛たちにとっては、”コーラス”?を楽しむどころではない。餌をもらえるかもらえないか、が自分の声にかかっているかと思うと必死である。 弱肉強食の掟は容赦なく存在する。 

でも、親の立場からすると、全員に ”均等に餌をやる術” がきっとあるのでしょう。 その証拠に、全員が同じようにすくすくと育っている。。。
是非一度、父親の忠太郎に聞いてみたいと思うのですが。。。

雛たちの顔をまじまじ見ると、各人各様に口をへの字に曲げ偉そうに踏ん張っている。雛たちは全員がお殿様!何様?かと思えるほど、雛らしくなく、可愛いくない。。。。

でも、親の、休むことなくひたすらに餌を運ぶ姿には、〝子を思う親の愛”! 夏の暑さ以上に熱く胸を打たれます。この季節、日本中、何処に行っても忙しく飛び回るツバメが見れるのは、正に夏の風物詩! 
さわやかさが夏の暑さを忘れさせてくれます!    (完)


画像上をワンクリック! 150%に拡大してご覧ください。

どっかりと座りこみ、親を待つ雛たち。 どれをとっても口をへの字に曲げ可愛いくない。
目付きも悪い・・・・・ ”自分はお殿様”とでも思っているのか。。。

DSC21_4358 (2)

でも、コーラスする雛たちの表情はとってもかわいい! DSC21_4287.jpg

憎さ余って可愛いさ百倍! とはこのことを言うのでしょうか?DSC21_4293 (2)

母親の千鶴子がやってきた。DSC21_4295.jpg

なんと可愛い! 餌をねだる子供たちの姿は一日中見ていても飽きない。。。。DSC21_4302 (2)

でも親の去ったあと、 この口をへの字に曲げた顔はいただけない。。。。DSC21_4308 (2)

今度は父親の忠太郎。 
DSC21_4311 (2)

でも、見ていると親の二人とも左側の雛ばかりに与えているよう。。。
DSC21_4313.jpg

DSC21_4316.jpg

そして盛大なるコーラス! 
DSC21_4321 (2)

母親が蟻んこを運んできた。。。DSC21_4330 (2)

そして、やっぱり左側の雛に。。。。 
DSC21_4332.jpg

右側の二人はどうなっている能ゥゥ~~~  心配になってくる。。。
DSC21_4336 (2)

でも、心配無用。 これも親の計画通りなのでしょう。
それよりも、彼らのコーラスを楽しむことにしましょう。。。

DSC21_4340 (2)

このコ-ラスが日本中に響くほど、力強く、はつらつと!帰る時間を忘れてしまいます。
夏の風物詩・いつ見ても微笑ましいツバメの子育てでした。  (完) 
DSC21_4349 (2)

blog 気に入っていただけましたら、「にほんブログ村」のクリックお願いします!

にほんブログ村

ツバメの雛 百景 (その1)野津田にて

ツバメの雛 百景 (その1)野津田にて
ウイーン少年合唱団! 巣立ち直前の雛たち!  

巣立ちした雛たちから時間を少し遡って、ここは野津田・床屋さんの軒下。 巣の中で5羽の雛がすくすくと育って・・・・・・ そんな巣立ち直前の親子がおりました。

親が小さな虫を咥えてくると、一度に一羽にだけなのに・・・5羽が一斉に口を開ける。 その様はまるで”ウイ~ン少年合唱団”!親の指揮に合わせ声高らかにコ-ラスが始まる・・・・ソプラノから低音まで、とても意気が合っているようです! ここでは、そんな雛たちのコーラスをじっくり聞かせていただきましょう!

と思ったら、雛たちのコーラスが突然ピタッと止まってしまいました。 
何が起こったのでしょうか。。。。 

そういえば、動物達にとって最大の敵は人間。 でも、それを逆手にとって、人間に最も近い民家の軒下を営巣に選んだのは蛇などの天敵から身を守る最良の選択。彼らの長い歴史の繰り返しが生活の知恵を教えてくれたのでしょうか。。 それでも、人間には決して心を許していない。 親はその心得をまだ巣の中にいるうちから雛たちにしっかり教えるのでした。   ~~>(その2)へ続く


画像上をワンクリック! 150%に拡大してご覧ください。

5羽の雛たちが巣の淵に足をかけ、今にも飛び立とうせんばかり。。巣立ち寸前が覗えます。 DSC21_4168 (2)

母親の千鶴子が来ました。 一斉に”ウイ~ン少年合唱団”のコーラスが!! 
DSC21_4183.jpg

母が一羽に餌を与えている間も ”コーラス”は続きます。 ド~はドレミのドゥゥゥ~~~・DSC1_4185 (2)

それにしても、千鶴子は餌を与える順番を覚えているのでしょうか。。。
それとも、子供の声の高さで解るのでしょうか。。。 父親の方は? 謎ばかり・・・・
DSC21_4186 (2)

母が去ろうとしても、コーラスは続きます。
DSC21_4189 (2)

が、突然、全員がコーラスを止め、口を閉じました。DSC21_4198.jpg

次の瞬間、これまで乗り出していた雛たちはスッポリ巣の中に姿を隠してしまいました。DSC21_4210.jpg

床屋の前の電線を見ると、父親がぐずり声で”警戒”の合図を発していたのでした。
実は、床屋からずんぐり太って怖そうなお客が出てきたのです。
軒下の巣からお客の頭までの距離は1.5mほど。お客はどうやら煙草を吸いに出てきた模様。巣の真上でたばこに火をつけて動こうとしません。。
  
親にとっては一大事! いち早く察知して、がたちまち雛たちへ緊急事態の合図を!
DSC21_4217 (2)

一見、怖わそうなお客は5分ほどで煙草を吸い終わり、漸く中へ戻っていきました。
それを見て、父親の忠太郎が早々に雛たちのもとへ
DSC21_4231 (2)

身を挺していた雛たちもおそるおそる顔を出して、父親の指示を待つ。。。DSC21_4232 (2)

漸くのOKサインに、忠太郎・口に含んでいた餌を与える!DSC21_4241 (2)

ウイーン少年合唱団のコーラス再開!DSC21_4242 (2)

母の千鶴子がやってきた。 そして、母の指揮よろしく、コーラスは佳境に!DSC21_4260 (2)
DSC21_4266.jpg

巣立ちを前にして、ツバメ親子の平和な生活が戻りました。
人間も良い人ばかりではないことも学びつつ。。。。 ==>(その2)へ続く
DSC21_4285 (2)

blog 気に入っていただけましたら、「にほんブログ村」のクリックお願いします!


にほんブログ村



ツバメの雛 百景 (その4)綾瀬の公園にて

ツバメの雛 百景 (その4・完)綾瀬の公園
夏の風物詩 究極の空中給餌!  

美しく咲き乱れる蓮田の上で究極の空中給餌が始まった! 
子沢山の雛たちに均等に餌を運ぶ親の心労が目に見えるようである。
苦労して獲物を運んできても、上手の手から水が漏る・・失敗もあり。。。思わぬハプニングでご馳走を逃す雛・。一方、漁夫の利を得る雛も。。。

もう一週間もすると雛たちは独り立ち。。。 夏の風物詩の終演を迎えるころ、親とともに南の国に旅立って行くことでしょう。  (完)

画像上をワンクリック! 150%に拡大してご覧ください。

母親の陽子。 後ろから迫る。 それに気づかない最年少の五郎。。。DSC1_9515.jpg

母: 五郎、これは美味しいバッタよ!  早く口を開けて!DSC1_9517 (2)

不意を突かれて、慌てて口を開けるも。。。
DSC1_9518 (2)

体制悪し。。。。。DSC1_9519 (2)

なんとか体制を整えて、
DSC1_9520 (2)

母・陽子のクチバシが五郎めがけて突入セント・・・・・・DSC1_9521 (2)

母・失敗・・・なんと、母の餌は五郎の口ならず頭を直撃。。。。 
五郎: ィて・テ・テ・テ・テ・ぇぇぇ~~~
DSC1_9522 (2)

すっかり体制を崩してしまった五郎、 いたたまれず電線から落ちてしまった。。。。 
美味しいご馳走を逃した五郎。。。こういうこともあるもんだ。。。 
DSC1_9523 (2)

母・陽子はそのまま空中を飛び、次の子供に・・・・ ちょうど隣に居合わせて・・・DSC1_9524 (2)

漁夫の利を得たのは長男の純一!
DSC1_9527 (2)

でも、流石に、あまりに長く空中給餌体制をつくっていた陽子もつかれてきて・・・・
中々雛の口に焦点が定まらない。。。
DSC1_9528 (2)

陽子、頑張れ!! もう一度、体制を整え直して! DSC1_9530 (2)

大成功! 大きなバッタは無事長男・純一の胃袋に!DSC1_9531 (2)

家宝は寝て待て! とはこのこと?!。。。。 大満足の純一。 DSC1_9547 (2)

純一: 流石に長男の風格! 
こうして、雛たちは親の庇護のもとにすくすくと成長する野でした。
ツバメの雛へ、 究極の空中給餌でした。 
DSC1_9555 (2)

電線の下の蓮田では、彼らの成長を祝うかのように、蓮の花が今が盛りと咲き乱れる。。
DSC1_9565.jpg

blog 気に入っていただけましたら、「にほんブログ村」のクリックお願いします!

にほんブログ村

ツバメの雛 百景 (その3)綾瀬の公園

ツバメの雛 百景 (その3)綾瀬の公園
夏の風物詩 華麗なる空中給餌!  

巣立ちを無事果たした子供たちは蓮池を走る電線に留っては、ツバメ返しの飛翔を一生懸命身体に覚えさせているようでした。
そこに父親と母親がせっせと餌を運んでくる。 その給餌もツバメ返しの飛行で! あっという間の出来事。人の目には雛に餌を与える様子はわかるのですが、何にをどうしたのか、さっぱり解りません。。。

そんな親の一瞬の動きにシャッターを押し続け、後になってファインダーを覗くと、そこには親の華麗な空中給餌が再現されるのでした。 もっとも。シャッターチャンスを見事に捉えての話ですが。。。

この風景、夏の風物詩と呼べるかもしれません!  もう少し彼らの華麗なる夏の風物詩を楽しませてもらうことに!    ==>(その4)へ続く


画像上をワンクリック! 150%に拡大してご覧ください。

次男の賢治:お腹が一杯になったところでチョット散歩に!  佳織:残りものに福?DSC1_9440 (2)

やっぱり! ママ、こっちィィィ~ 佳織が大きな声で口を開けた!   
左隣は三女の奈緒美。
DSC1_9477 (3)

母親の陽子が餌を持ってやってきた!  
三女の奈緒美は自分の番でないのをこころえているよう。。。。DSC1_9480 (2)

お・かあ・さ~~んん!佳織も漸く食事にありつけそうDSC1_9481 (2)

母親・陽子の背中がこんなに美しいブルーとは知らなんだ・・・・
DSC1_9482 (3)

佳織の口をめがけて、”いくよ~~” DSC1_9483 (2)

しっかり受け取る佳織。 DSC1_9484 (2)

陽子の空中給餌、大成功!DSC1_9485 (2)

陽子の美しい舞い姿・・・ これぞ、真夏の風物詩!DSC1_9486 (2)
DSC1_9487 (2)

今度は左隣りにいた三女の奈緒美。。。  どうやら父親の由紀夫がやってきた模様。。。
DSC_9488 (2)

お・とう・さ~~~ん!  大きな黄色い口!DSC1_9500 (2)
懸命に羽ばたいて!DSC1_9502 (2)
DSC1_9508 (2)

三女の奈緒美も漸く朝食にありつく!DSC1_9509 (2)
DSC1_9510 (2)

父親の由紀夫はそのまま旋回、休む暇なく狩りに!
子供たちが自分で餌を捕れるようになる、その日まで! ==>(その4)へ続く

DSC1_9512 (2)

blog 気に入っていただけましたら、「にほんブログ村」のクリックお願いします!

にほんブログ村

プロフィール

Su~chan

Author:Su~chan
私の名前は「Su~」です。”Su~chan”と呼んでください。
相模原市在住。

最新記事
最新コメント
カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR