FC2ブログ

ヒクイナ(その4)公園の沼地にて

ヒクイナ(その4)公園の沼地にて

枯草の中から顔を出し歩き始めると・・ ピンクの👣は意外にごつク・・両足を交互に動かし、首を前へ伸ばすように低めの姿勢。。尻尾をいつもピクピク上げては下げ・・いかにもユーモラスな歩き方! ♂♀同色で区別はつきません。。

日本での繁殖期は5~8月。草薮に粗荒な営巣。4~9個の卵を産む意外と子沢山!♂♀交代で抱卵。。20日で孵化するとのこと。。この公園でも営巣するかも!? いつか子育てのヒクイナに出逢ってみたいものです。。(完)


塁の・・・
DSC41_3736 (2)

散策が・・・・
DSC41_3737 (2)

続きます!
DSC41_3746 (2)

尻尾を・・・
DSC41_3747 (2)

ピクピク・・・・
DSC41_3750 (2)

上下させて・・・・
DSC41_3755 (2)

両足を・・・・

DSC41_3760 (2)

交互に・・・
DSC41_3761 (2)

大股に・・・・
DSC41_3787 (2)

歩を進め…
DSC41_3791 (2)

首を前に低めにして・・・・
DSC41_3792 (2)

ゴッツイ👣爪が・・・
DSC41_3793 (2)

枯草を蹴る!
DSC41_3794 (2)

ユーモラスな歩き方が・・・・
DSC41_3846 (2)

滑稽に見える!!
DSC41_3870 (2)

そんな塁が・・・・
DSC41_3884 (2)

この公園で営巣をしてくれるのを・・・・   楽しみに待つばかりです!    (完)
DSC41_3943 (2)

(2021/01/11撮)NikonD5 NK200--500mm
最新ブログは「カテゴリ」の最下段から順次上方に!
【野鳥】ランキングに参加してます! 好かったらポチッとご協力お願い申し上げます! m(_ _)mにほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
                                         にほんブログ村



ヒクイナ (その3)公園の沼地にて

ヒクイナ (その3)公園の沼地にて

沼地に広がる藪の草むら・・朝は凍り付く寒さで水場は殆ど凍りつき・・・水吞処が見つからず。。午後になり漸く氷が緩んだところに、塁が水飲みにやってきました。。 いつも枯草の上ばかりで、水に入る塁を撮るのはこの日一度だけの貴重な機会となりました。
==>(その4・最終章)へ続く


枯草の上に塁!
DSC31_3163 (2)

左右に流れる小川は・・・・
DSC31_3164 (2)

←の川はまだ凍っていて・・・
DSC31_3170 (3)

入れない。。
DSC31_3171 (3)

右手のお小川は・・・
DSC31_3183 (2)

氷も緩み・・・・
DSC31_3389 (2)

塁が👣を入れて…・
DSC31_3395 (2)

水を飲みながら・・・・
DSC31_3414 (2)

捕食を始めました!
DSC31_3430 (2)

狭い水の中を・・・・
DSC31_3442 (2)

右に左に・・・・
DSC31_3447 (2)

歩を運びながら・・・・
DSC31_3475 (2)

水に・・・
DSC31_3486 (2)

クチバシを・・・・
DSC31_3487 (2)

深く入れて・・・・
DSC31_3489 (2)

何か・・・・ めぼしい・・
DSC31_3501 (2)

獲物をみつけたのでしょうか?・・    ==>(その4・最終章)へ続く
DSC31_3496 (3)

(2021/01/11撮)NikonD5 NK200--500mm
最新ブログは「カテゴリ」の最下段から順次上方に!
【野鳥】ランキングに参加してます! 好かったらポチッとご協力お願い申し上げます! m(_ _)mにほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
                                         にほんブログ村

ヒクイナ(その2)公園の沼地にて 

ヒクイナ(その2)公園の沼地にて 

ヒクイナの塁(るい)と名付けました。かっては夏の渡り鳥でしたが、今では北は北海道から九州まで・・全国各地で繁殖し、沖縄では留鳥となっています。が、急激な都市開発により彼らの沼地が激減し今では絶滅危惧種に指定されるまでに。。  

更に、極端に警戒心が強く、夕方から夜の行動が多い為、昼間は藪から明るみに出るや即座に次の藪に入ってしまい、人目に触れることが滅多にありません。。ので、ヒクイナが出た!の声に大勢のCMが駆けつけるほど魅力の鶏となっております。自分もご多分に漏れずその一人!です。。
 ==>(その3)へ続く

ヒクイナ塁のみりょくは・・・
DSC21_1052 (2)

ワイから―のヒトミと・・・
DSC21_1063 (2)

全身に赤褐色の羽衣を纏った・・・
DSC21_1065 (2)

容姿の美しさ!

DSC21_1066 (2)

全国に点在・繁殖するので…
DSC21_1067 (2)

何処へ行っても逢えそうな鳥!!・・
DSC21_1073 (2)

に思えるのですが。。。
DSC21_1076 (2)

あまりの警戒心の強いことから…・
DSC21_1080 (2)

なかなか・・・
DSC21_1083 (2)

人目に触れるところに出てくれません。。。
DSC21_1087 (2)

今日は・・・
DSC21_1089 (2)

予期に反し・・・
DSC21_1090 (2)

ゴッツイ足👣まで・・・
DSC21_1092 (2)

シッカリ…・
DSC21_1102 (2)

魅せてくれました。。
DSC21_1103 (2)

==>(その3)へ続く
DSC21_1105 (2)

(2021/01/11撮)NikonD5 NK200--500mm
最新ブログは「カテゴリ」の最下段から順次上方に!
【野鳥】ランキングに参加してます! 好かったらポチッとご協力お願い申し上げます! m(_ _)mにほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
                                         にほんブログ村

ヒクイナ (その1)公園の沼地にて  

ヒクイナ (その1)公園の沼地にて

水鶏と書いてクイナ。昼間は鳴かず、夕方から夜にかけて独特の鳴声で・・”コ~こ・コ・コ・クオ~ン・・ココ“! まるで夜の訪問者が戸を叩く音!に似ていることから「戸を叩く水鶏」と呼ばれるようになったそうです。ヒクイナはクイナと大きさ(19~23cm)も食性も一緒でいつも一緒にいることが多いのですが、容姿は夫々の美しさを持って異なり・・・ 

ヒクイナはワインカラーのヒトミに上面が褐色の羽衣に暗緑褐色が入って・・下面の腹部も淡い赤褐色に覆われ、何とも言えない奥床しさの感じられる美しさ!魅力満点!枯草の中は過ってのベトコンの地下壕のように八方迷路となって広がり一度入ったところにカメラを構えていても、決して同じところから顔を出すことがありません。。 CM泣かせ!! ==>(その2)へ続く


ヒクイナの塁(23cm)。  草薮から顔を出しました。
DSC10_0973 (2)

昼間は絶対に鳴かない・・・・
DSC11_0801 (2)

よって、あの独特な鳴き声は・・・・
DSC11_0802 (2)

聞けませんでした。。
DSC11_0805 (2)

尻尾を挙げると・・・  白黒の斑が美しい!
DSC11_0807 (2)

下腹部を始め・・・
DSC11_0992 (2)

全身が赤褐色の色あいが美しい!
DSC11_0997 (2)

背羽の黒緑褐色の淡い色あいが…
DSC11_1001 (2)

なんとも表現しがたい・・・
DSC11_1006 (2)

暖かさ!
DSC11_1014 (2)

一旦、明るみに出ると・・・・
DSC11_1016 (2)

餌を探しながらも・・・・
DSC11_1018 (2)

直ぐ身を隠すことを・・・
DSC11_1021 (2)

考える!
DSC11_1023 (2)

世界一・・・・
DSC11_1024 (2)

用心深い・・・・
DSC11_1025 (2)

ヒクイナ!    ==>(その2)へ続く
DSC11_1027 (2)

(2021/01/11撮)NikonD5 NK200--500mm
最新ブログは「カテゴリ」の最下段から順次上方に!
【野鳥】ランキングに参加してます! 好かったらポチッとご協力お願い申し上げます! m(_ _)mにほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
                                         にほんブログ村





プロフィール

Su~chan

Author:Su~chan
私の名前は「Su~」です。”Su~chan”と呼んでください。
相模原市在住。

最新記事
最新コメント
カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR