FC2ブログ

ホシムクドリ 電線に温もり物語 (その6・最終章)蓮根の里にて

ホシムクドリ電線に絵物語(その6・最終章)蓮根の里にて

初めてお目にかかる★★君。 青空を背に緑紫色の光沢に輝く★★君。感激の出逢い!となりましたが、ムクドリほど、国を違わず騒音・食害を集団で人間の生活に相容れない問題児として捉えらえられている鳥はありません。。 世界の侵略的外来種100選に選ばれるほど嫌われている鳥。。。

夕暮れになると大空高く群がり街中の街路樹を塒としての集団就眠はもはや騒音とフン害のデパート。。。 何か良い人間との共存法はないものでしょうか。。 椋鳥の味方はいないのでしょうか。。。 複雑な気分で電線の温もり物語を閉じることに。。 (完)


こんなに・・・ 綺麗な・・・
DSC61_6987 (2)

★君も・・・・
DSC61_7004 (2)

椋鳥の仲間!!・・・・
DSC61_7133 (2)

君は・・・・
DSC61_7135 (2)

君の仲間が・・・・・
DSC61_7209 (2)

人間さまに・・・・
DSC61_7220 (2)

何処の国へいっても・・・・
DSC61_7221 (2)

嫌われていることを・・・・・
DSC61_7222 (2)

知っているのかい???
DSC61_7224 (2)

正直・・・・
DSC61_7225 (2)

ボクも・・・・
DSC61_7228 (2)

★君は大好きだけど・・・・・
DSC61_7248 (3)

君の仲間が好き
DSC61_7252 (2)

かと聞かれると・・・・・
DSC61_7257 (2)

素直に”Yes!"とは言えなんです。。。。。
DSC61_7315 (2)

でも、一緒に ”YES"と言えるような解決策を考えよう! ね!!!
DSC61_7373 (2)

ムクちゃんも・・・・ 静かにD線にいるときは・・・・  いいんだよね!   (完)
DSC61_7382 (2)

(2020/12/07撮)NikonD5 NK200--500mm
最新ブログは「カテゴリ」の最下段から順次上方に!
【野鳥】ランキングに参加してます! 好かったらポチッとご協力お願い申し上げます! m(_ _)mにほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
                                         にほんブログ村

ホシムクドリ 電線に温もり物語 (その5)蓮根の里にて

ホシムクドリ 電線に温もり物語 (その5)蓮根の里にて

ムクの仲間の思い思いのD線上での寛ぎ。 ★君も尾羽を伸ばしては体を前後に揺さぶり・・ 大きく膨らむと・・散りばめられた星屑が体から零れ落ちそうに・・  

思わず、零れ落ちてくる星屑を下で受け止めてあげたくなる・・ そんな衝動に駆られてきます。 そんな小さなD線上のパフォーマンスにも一喜一憂の瞬間となりました。 
==>(その6・最終章)へ続く


★君の・・・
DSC51_6782 (2)

くつろぎの・・・・・
DSC51_6788 (2)

羽繕い! ・・・
DSC51_6790 (2)

遥々・・・  バイカル湖の果てから・・・・
DSC51_6791 (2)

やってきて・・・・
DSC51_6793 (2)

土地の椋鳥仲間に入って・・・・
DSC51_6801 (2)

まるで・・・ 母国にいるような・・・ 
DSC51_6806 (2)

安堵の寛ぎ! 
DSC51_6810 (2)

そうそう、、★君は男女おんなじスタイルで見分けがつきません。。。
DSC51_6820 (2)

取りあえず、、男子として紹介させていただきます。。
DSC51_6824 (2)

そんなに・・  体を震わさないで絵ええエエエエ!!!
DSC51_6828 (2)

星屑が・・・  零れ落ちてしまうゥ鵜ゥゥ!!!う
DSC51_6832 (2)

囀りながら・・・・
DSC51_6860 (2)

考え事も・・・・
DSC51_6870 (2)

ひとしきり。。。
DSC51_6874 (2)

いつまで・・・・
DSC51_6905 (2)

ここにいようかなァァァ啞!? 
DSC51_6959 (2)

(2020/12/07撮)NikonD5 NK200--500mm
最新ブログは「カテゴリ」の最下段から順次上方に!
【野鳥】ランキングに参加してます! 好かったらポチッとご協力お願い申し上げます! m(_ _)mにほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
                                         にほんブログ村

ホシムクドリ 電線に温もり物語 (その4)蓮根の里にて

ホシムクドリ 電線に温もり物語 (その4)蓮根の里にて

D線上で魅せてくれた唯一のパフォーマンス? ★君らしきエンジェルポーズ! 何もしなくても、ただ電線に留っているだけで絵になる🐦!

最初から最後までD線上一本での撮影となりました。。 ==>(その5)へ続く


★君との・・・・
DSC40_6665 (2)

初めての出逢い!
DSC41_6663 (3)

最初から最後まで・・・・
DSC41_6670 (2)

この電線の上でした!
DSC41_6676 (3)

唯一魅せてくれた・・・
DSC41_6682 (2)

エンジェルポーズ❣
DSC41_6684 (2)

後にも先に藻・・・・
DSC41_6685 (2)

パフォーマンスは・・・
DSC41_6687 (2)

これだけでした。。
DSC41_6690 (2)

でも・・・
DSC41_6694 (2)

こうしてD線に・・・
DSC41_6707 (2)

留っているだけで絵になります!
DSC41_6726 (2)

電線が温もりを持つほどに・・・
DSC41_6741 (2)

しっかりと爪を巻き付けて・・・・
DSC41_6751 (2)

D線上の・・・
DSC41_6762 (2)

温もり物語の ・・・
DSC41_6770 (2)

始まりです!
DSC41_6777 (2)

(2020/12/07撮)NikonD5 NK200--500mm
最新ブログは「カテゴリ」の最下段から順次上方に!
【野鳥】ランキングに参加してます! 好かったらポチッとご協力お願い申し上げます! m(_ _)mにほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
                                         にほんブログ村

ホシムクドリ 電線に温もり物語 (その3)蓮根の里にて

ホシムクドリ 電線に温もり物語 (その3)蓮根の里にて

晴天の空の下、朝陽を浴びて冬羽の魅力、“緑紫色の光沢”をおびてメタリックに輝く胸羽・・ 顎下に膨れる黒いお洒落のネックウオマー!D線上の一挙手一投足が新鮮で眩しい! ♂♀は同色で区別はつきません。。 

ロシアのバイカル湖で繁殖し、冬季は中央アジアに南下。 日本には数少ない冬鳥として飛来! 椋鳥に混じって、一旦電線に留ると誰かが飛び立つまで持して動かず。。 再び飛び立つと大空高くどこかに消えてしまう。。 D線上以外、採餌、🌳どまりの★★君を撮れないのが口惜しい。。。 ==>(その4)へ続く


体全体に・・・
DSC31_6532 (2)

散りばめられた・・・
DSC31_6526 (2)

星屑が・・・・
DSC31_6534 (2)

陽の光に・・・ 
DSC31_6540 (2)

光沢を帯びて・・・
DSC31_6542 (3)

光輝く!
DSC31_6547 (3)

ぶるぶるぶっるうううう~~    体を震わすと。。。
DSC31_6548 (2)

星屑が零れ落ちそう!!!!
DSC31_6549 (2)

隣で… ムクちゃんが心配そうに・・・
DSC31_6561 (2)


DSC31_6568 (2)


DSC31_6578 (2)

メタリックの喉元をアップしてみました
DSC31_6580 (3)


DSC31_6591 (2)


DSC31_6607 (2)


DSC31_6624 (2)


DSC31_6640 (3)

皆、、みんな ★君の仲間です
DSC31_6641 (3)

(2020/12/07撮)NikonD5 NK200--500mm
最新ブログは「カテゴリ」の最下段から順次上方に!
【野鳥】ランキングに参加してます! 好かったらポチッとご協力お願い申し上げます! m(_ _)mにほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
                                         にほんブログ村

ホシムクドリ 電線に温もり物語 (その2)蓮根の里にて

ホシムクドリ 電線に温もり物語 (その2)蓮根の里にて

ムクドリは椋木(ムク)の実が大好物のところから椋鳥と名付けられ・・その中でも一際星屑を散りばめたような美しさを授かったムクドリ鳥が ”星椋鳥“ と命名されました。習性も食生活も全て椋鳥と同じ。。唯一違うところは集団で行動する椋鳥に反し、こうして一羽だけで越冬地に渡ってくること、越冬先で椋鳥に混じって行動することが七不思議。。

電線に群れなすムクドリの中にひときわ輝く★★椋鳥を見つけたときの感激!・・は言葉になりません。唯々、夢中でシャッターを切るばかり! 愛くるしいD線上の羽繕い! 華麗な利! ==>(その3)へ続く 


椋鳥の名前の由来は・・・・
DSC20_6513 (2)

椋の実が大好物” であるところから・・・・
DSC21_6424 (2)

その名がつけられたそうな。…・
DSC21_6442 (2)

そのなかでも・・・・
DSC21_6445 (2)

体全体に・・・・
DSC21_6464 (3)

星屑を散りばめたような・・・・
DSC21_6466 (2)

美しい・・・
DSC21_6477 (2)

椋鳥が!
DSC21_6479 (2)

★椋鳥”と命名されたのです!
DSC21_6484 (2)

余多のムクドリの中に・・・・
DSC21_6490 (2)

★君を・・・・
DSC21_6495 (2)

見つけたときの・・・・
DSC21_6503 (2)

感激は一入も二入も!!!
DSC21_6507 (2)

全身が・・・
DSC21_6517 (2)

緑紫の・・・
DSC21_6518 (2)

メタリック色に輝いて・・・・
DSC21_6521 (2)

美しきかな!!!!
DSC21_6522 (4)

(2020/12/07撮)NikonD5 NK200--500mm
最新ブログは「カテゴリ」の最下段から順次上方に!
【野鳥】ランキングに参加してます! 好かったらポチッとご協力お願い申し上げます! m(_ _)mにほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
                                         にほんブログ村
プロフィール

Su~chan

Author:Su~chan
私の名前は「Su~」です。”Su~chan”と呼んでください。
相模原市在住。

最新記事
最新コメント
カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR