FC2ブログ

チョウセン・チョウゲンボウ(長元坊) (その5・最終章)平塚・岡崎にて

チョウセン・チョウゲンボウ(長元坊)
(その5・最終章)平塚・岡崎にて

畑に降りて。。 飛んで、走って、食べて、飛んで。。。 



長元が畑に降りて散策を始めた。 小走りに歩き、小走りに飛び、走り、そして食べて、また飛んで。。。。その畑の中を飛び廻る様は 正に 可愛いさ余って”華麗なり!” の一言に尽きます。

もう2度と日本では見られないかもしれないチョウゲンボウ。 その生活ぶりを心行くまで見せてくれ、感謝に耐えません。もうすぐ、日本を離れて隣の国に帰ってしまうのでしょう。もしかしたら今度は韓国で会えることを期待して。。。深謝。 (完)
   
画像上をワンクリック! 150%に拡大してご覧ください。

長元が畑に降りた。 つぶらな瞳(ひとみ)の輝き! つぶらな瞳の輝き!  DSC_5506.jpg

そして、飛んで~DSC_5507.jpg

飛んで。。。DSC_5508.jpg

翼が白一色! 美しい!!DSC_5509.jpg

広げた翼と尾羽がなんとも言えない。。。 そして、可憐なひとみの輝き! DSC_5208.jpg

低空飛行で。。。。DSC_5578.jpg

一休み。。。DSC_5577.jpg

ユーモラスなこの歩き。。。。DSC_5515.jpg

何か見つけたのかなァ??DSC_5516.jpg

大またで小走りに。。。DSC_5517.jpg

旨そうなもの見つけたァ!DSC_5490.jpg

足を使わず、くちばしを使って。。。。DSC_5514.jpg

咥えたものは。。。DSC_5518.jpg

芋虫。。。。DSC_5501.jpg

一気に飲み込んで、また飛んで。。。DSC_5488.jpg

畑のあちこちを低空飛行で散策。。。。DSC_5489.jpg

こうして長元は獲物を求めて、耕作前の畑に戯れ飛ぶのでした。 春の陽ざしをいっぱいに浴びて。。。
珍鳥・チョウゲンボウの幸せな日々はいつまで。。。無事に隣国へ帰って欲しい。また会えることを祈って。。 (完)DSC_5487.jpg

blog 気に入っていただけましたら、
下段の{野鳥}(にほんブログ村)をクリックお願いします!


にほんブログ村



チョウセン・チョウゲンボウ(長元坊) (その4)平塚・岡崎にて

チョウセン・チョウゲンボウ(長元坊)(その4)平塚・岡崎にて長元は食欲が旺盛。。。 獲物はゆっくりと定宿で!


空高く飛んでいる長元をカメラで捉えてみると、なんと足にシッカリと獲物を掴んでいるのが見えました。獲物を捕らえると、自分の定宿としている電線に飛んでいき、安全な場所でゆっくりと食する。画像上をワンクリックして、 ”長元の足に掴んでる獲物”を150%に拡大してご覧ください。
 
遥遥朝鮮からやってきて、ここに住みつき、そんな習慣が身についたのでしょうか。たった一人だけの逗留ですが、餌の豊富な平塚の地で快適な生活を過ごす長元。 

地元のカメラマンとも身近な付き合いが始まったようで、いつの間にか人間の与える餌が楽しみのひとつになってきたようです。その為か、食欲が急に旺盛になって! 脂肪をたっぷり貯え母国への旅立ちの準備を始めたのでしょうか。。。。ほぼ3時頃まで、休む間もなく畑と電線の間を行き交うほどに食べ物を物色しておりました。
==>(その5)   
   


長元が何かを掴んで電線に戻ってきました。。。。。   それ何ィ?DSC_5604.jpg

よう~~く見ると。。。DSC_5012.jpg

どうやら大型バッタのようです。。。DSC_5014.jpg

さてと。。 この辺でいただくことに?DSC_5015.jpg

DSC_5017.jpg

片足は電線に、片足を手のように起用に獲物を掴んで。。。。。DSC_5594.jpg

DSC_5595.jpg

世は満足ナリ!DSC_5022.jpg

ォやあ? 長元がまた何かを掴んで飛んできた。。DSC_5523.jpg

どうやら先ほど食べていた蜥蜴をまた捕まえたようです。。。DSC_5602.jpg

運命のトカゲ君は何処で食べられてしまうのか。。。 生まれて初めてこんなに空高くあがって。。。
今生の見収めとなってしまうのでしょうか。。。 
==>(その5)へ続く
DSC_5526.jpg

blog 気に入っていただけましたら、
下段の{野鳥}(にほんブログ村)をクリックお願いします!


にほんブログ村


チョウセン・チョウゲンボウ(長元坊) (その3)平塚・岡崎にて

チョウセン・チョウゲンボウ(長元坊)(その3)平塚・岡崎にて休耕田に舞い降りて。。。 狩りの始まり!


長元が地上に狩りにやって来た。 遥か上空から見下ろす。。”動くものアリ!” と、すばやく舞い降りるや否や一撃で足の爪で押さえる。。。なんと、口に咥えたのは大きな蜥蜴(トカゲ)。 朝から贅沢なご馳走にありつけた!
ダイナミックに飲み込むと再び、電線に。。。。 トカゲ丸飲みの朝食風景でした。。。
==>(その4)へ続く
画像上をワンクリック! 150%に拡大してご覧ください。

畑に舞い降りた長元。 輝くひ・と・み!  この辺でなにか動いたんだけど。。。。DSC_5537.jpg

捕まえた! どうやら、鋭い足爪はシッカリと獲物を取押えた模様。。。
DSC_5548.jpg

大きな蜥蜴がシッカリと口に!! 百発百中!  それにしても、良くあんな高い空から見えるものダ!!DSC_5545.jpg

ここからが凄い。 蛇が獲物を飲み込むように、頭から完全に飲み込んでいく。。。DSC_5551.jpg
DSC_5552.jpg

尻尾を振って暴れるトカゲ。。。。 万事休す。。。DSC_5554.jpg

あの優しいひとみも、このときばかりは鋭く、戦う目となっている。DSC_5559.jpg
DSC_5560.jpg
DSC_5562.jpg

思いがけない朝のご馳走! 胃袋がふっくらと膨れ、大満足!DSC_5563.jpg

腹ごなしに少し休憩デモするか。。。。DSC_5564.jpg

定宿の電柱に向かい一目散。。。  力強い長元の舞い!  ==>(その4)へ続くDSC_5565.jpg

blog 気に入っていただけましたら、
下段の{野鳥}(にほんブログ村)をクリックお願いします!


にほんブログ村

チョウセン・チョウゲンボウ(長元坊) (その2)平塚・岡崎にて

チョウセン・チョウゲンボウ(長元坊)(その2)
平塚・岡崎にて
青空高く、美しく!

青空に舞う純白の長元坊。 
その瞳(ひとみ)は優しく輝き、可愛くも逞しく、地上のどんな小さな動きも察知。クチバシは鋭く、足の爪は何処までも強靭で。これから狩りに出かけるようです。
しばし、その飛翔に見とれてしまいます。 ==>(その3)へ続く


画像上をワンクリック! 150%に拡大してご覧ください。

可愛くもあり、逞しく輝く瞳(ひとみ)! 白の美しさ!DSC_5574-03.jpg
DSC_4772-01.jpg

鋭いクチバシと、獲物を捉える強靭な爪!DSC_5573-01.jpg
DSC_5582.jpg

どうやら、これから狩りにお出まし。。。。。DSC_5591-03.jpg
DSC_5536.jpg

どんな小さな動きも見逃さない。DSC_5603-01.jpg

果たして獲物は見つかるのか? (ピンボケ。。) ==>(その3)へ続くDSC_5529.jpg



blog 気に入っていただけましたら、
下段の{野鳥}(にほんブログ村)をクリックお願いします!


にほんブログ村

朝鮮チョウゲンボウ(長元坊) (その1)平塚・岡崎にて

朝鮮チョウゲンボウ(長元坊)(その1)平塚・岡崎にて
美しい純白とクリクリの目の輝き!


チョウセンチョウゲンボウ。 朝鮮からやって来た迷い鳥。。日本には飛来するはずのない鳥。。もう2度とお目にかかれることがない。との情報を戴き、早速駆けつけてみました。どうして日本に? 解かりません。兎に角、逢えました! なんと美しい腹部から翼の内側は純白そのもの。そこに黒斑がまばらに散りばめられて。この白一色の腹部と翼の内側が日本のチョウゲンボウとの大きな違いでしょうか。。春の陽に目を美しく輝かせての狩りと食事風景は圧巻でした。 日本でこの世の春をすっかり満喫しておりました。 

名前の由来って? いろいろな説があって確証はないそうですが、確かなところは「長元坊」という僧の名前からきているようです。筆者には以下の説が一番合いそうでしたので、そのまま引用させていただきました。とっても面白い!~^0^~

”数年続く凶作のため飢餓で苦しんでいた村に、 旅の僧 「 長元坊 」 がやってきた。僧は人々の苦しみを目にすると、村を見下ろす岩山に登り中腹の岩棚に座して祈り始めた。二日たっても三日たっても戻ってこないので、村人は食物を持って 「 長元坊 」 を訪ねたが頭を振って受け取らない。何度訪ねても同じで僧は日に日に痩せ、骨と皮ばかりになって祈り続けていた。

やがて3人の村人が河原で亡くなっていた 。横には 「 長元坊 」 様に届けてほしいと、わずかな食物が置いてあった。命に代えて 「 長元坊 」 様にすがり村人を助けてほしいとの最後の望みだった。悲しみの中で村人たちは、岩山に向かい長老たちのことを告げた。その途端、 「 長元坊 」 の身体は大きく揺れ、そのまま崖底へと真逆さまに落ちていった。

翌年は村が始まって以来の大豊作に恵まれ喜び賑わった。村はずれの4つの墓にもたくさんの供物が備えられお参りの人が絶えなかった。やがて秋になって、作物の出来を確かめるように畑の上に停飛している鷹がいたそれに気付いた村人たちは、その鷹をいつしか 「 長元坊 」 と呼ぶようになった。”
  ==>(その2)へ続く


画像上をワンクリック! 150%に拡大してご覧ください。


朝鮮からの珍客。 せっかくですから ”長元”と呼ばせてください。
街道の電線はしばしの休息の場所。 白いお腹と、何と言っても目の輝きが素晴らしい!DSC_4618.jpg

この美しい目の輝き! 癒されることこの上なし!DSC_4962.jpg

ずう~~~っとこうしていて欲しいィ~~ !DSC_5593.jpg

横からの長元。 上翼羽の色は日本のチョウゲンボウとほぼ同じ。。。DSC_5569.jpg

電線でくつろぎのひと時。。。。。DSC_5600.jpg

おやあァ? 筆者と目が合ってしまった。。。 ”こんにちわ~” と手を振る長元!!DSC_5596.jpg

ようこそ、長元に会いにきてくれました~~~  なんと愛想のいい長元ではないか! DSC_4983.jpg

 ”せっかくだから、説教を聴いていってくださいナ~”  と言っているよう。。。
        ”ありがとう” 思わず、筆者も下から手を振って答えてしまいました。。。
DSC_5598.jpg

すると、長元は尾羽をきれいに広げ、大歓迎!  なんと美しい尾羽ではないでしょうか!! DSC_4894.jpg

次に翼を広げて。。。。 ”我が懐に飛び込んで!” 寛容な長元の鳥(ひと)柄を見たようでした。。。
DSC_4896.jpg

そろそろ狩りにいきましゅ。。。。DSC_4892.jpg

いっぱいに広げた翼は純白そのもの! ここが日本の長元とは違う!
長元の美しいところをすべて見せてくれました。。。 感激!DSC_4915.jpg

長元がしばし羽を休める電線からは、なんと日本一の富士山が一望のもとに!
さすが、長元は休みどころをよく知っていました。。==>(その2)へ続く
DSC_4976.jpg

blog 気に入っていただけましたら、
下段の{野鳥}(にほんブログ村)をクリックお願いします!


にほんブログ村




プロフィール

Su~chan

Author:Su~chan
私の名前は「Su~」です。”Su~chan”と呼んでください。
相模原市在住。

最新記事
最新コメント
カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR