FC2ブログ

セアカモズの食事 (おまけ) 平塚休耕田にて 

セアカモズの食事 (おまけ) 平塚休耕田にて 
もしかしたらこれが見納め*?


セアカモズ。もしかしたらこれが見納め。。。 
子どもの頃、グリコのキャラメルを買うと”おまけ”が箱についてました。 子供心をくすぐられ、それが楽しみで良く買いに行ったことを想い出します。驚いたことに、その人気は~十年を経て衰えるどころか、益々高まるばかり、今では大人にまで人気を博しているようです。 

そこで、鳥にも ”おまけ” があってもいいのかな?と思い、もう2度と遭うことが出来ないかもしれない ”もん太君” を惜しんで、自分の好きなショットをもう少し。。。グリコキャラメルを思い出し ここに ”おまけ”版を付けさせて頂きます。。。

最後に忘れてはいけない一言
”セアカのもん太君、素晴らしい出遭いをありがとう。 いつまでもお元気で!”


それにしても、北たから南に。。。何千キロも離れたところに渡る鳥のセンサーはどうなっているのでしょうか。 考えれば考えるほど "不思議”の連続で夜も眠れなくなります。 そこで、ネットで調べていると、山梨野鳥の会・名誉会長 中村司先生の 「渡り鳥講座」に接することが出来ました。

世界の研究者が様々な実験、研究を重ねた成果がつづられており、大変興味深く拝読させていただきました。 特に、第5章:「渡りを引き起こす要因」第7章:「渡りの航法」は大変勉強になりました。この場をお借りして深くお礼を申し上げる次第です。 お陰さまで、これまで以上に野鳥を見る目が変わってきたように実感します。 皆様にも是非一度先生の講座を見ていただけたらと!
{渡り鳥講座} http://sky.geocities.jp/kawasemikohfu/
frame_wataridori_kouza.htm
   (完)

画像上をワンクリック! 150%に拡大してご覧ください。


最終章(おまけ)では、もん太の”キメ・ポーズ”と題して!
もん太が木の枝に止まって目を輝かせ。。。。DSC_9846.jpg

見返りの横向きポーズはいかが!DSC_9847.jpg

今度は民家の庭先に物置にやってきました。。  首をかしげて、チョット考えもよう。。。DSC_9772.jpg

尾をピンと上げ、凛々しいポーズ!DSC_9765.jpg

おや、なにか動くもの見つけたようです!DSC_9768.jpg

間髪をいれずダイビング!DSC_9769.jpg

どうやら逃げられてしまったようだ。。。。 こういうこともあるのです。DSC_9771.jpg

そして、また新幹線にやってきました。。。
DSC_9799.jpg

リラックス・ムードのイケメンもん太。DSC_9756.jpg

たまに突風が体を煽る。。。 新幹線の風圧に比べりゃ、なんのその。。。DSC_9758.jpg

これぞ、ホントの キメ・ポーズ! なんともいえないいい男!DSC_9752.jpg

鳥版 ”考える人”!  人間はいつも鉄条網の上を歩いているような試練の連続。。。。。。
セアカ・もん太にも、この先一人でどんなに大きな試練が待っていることやら.. ”Where there is a WILL,There is a HOPE! 私達ももん太と同じく、いつでも、強い意志と希望を持って生きていきたいものです。。(完)

DSC_9780.jpg

blog 気に入っていただけましたら、下段の{野鳥}(にほんブログ村)をクリックお願いします!

にほんブログ村


セアカモズの食事 (その6) 平塚休耕田にて 

セアカモズの食事 (その6) 平塚休耕田にて 
鳥版”人生劇場”・もん太のフラダンス!


なんと幹線の鉄棒の上で、もん太が軽快に踊り始めました。。。 モン太の踊りは、軽やかに楽しそうに見えるのですが、どこか一筋の淋しさが漂う。。。 
でも、最後には活発で力強いステップと得意の”にらみ”で締め括くられておりました。 でも、この踊り、私にとって大発見でした!もん太の踊りを見て、もん太が遠きロシアの地を旅立って、それから迷走・迷飛を重ね、何故?越冬地アフリカとは反対の方向に舵(かじ)を取ってしまったのか。。。。
どうやらその謎が紐解けてきたのです。。。 

それは人間の世界にも良く観られる、決して他人事のようには思えない切実な出来事。。。迷走の原因はもん太の”失恋”  にあったと考えられます。。。 

きっと、旅立ちの直前? か、もしかしたら恋人も含めグループで旅立ち、途中何度かの羽休めの地で、恋人の心変わりに口もきいてもらえなくなり、スッカリ意気消沈。。。 傷心を背負って旅を続けてはいたが、頭の中は恋人に振られた悲しみのひと色。。。 飛んでいる空はまるで空虚の空間に過ぎず、とうとうもん太の繊細な”羅針盤”。。。南を指していたはずが知らぬ間に東を指し始め、その狂いにも気がつかずただ,ひたすら夢中で飛び続けるばかり。。飛んで、飛んで。。。。知らぬ間に仲間ともはぐれ、気がつくと名も知らぬ小さな島にたどり着いていた。。それが何万キロも離れた日本の島だったのです。 偶然にしても日本でよかった!

失恋の中、良くぞ ”死 ”を選ばなかったことか!良くぞ生きることを選んでくれた!自分はというと、幸か不幸か、振ったことこそあれ、そこまで切羽詰った失恋の経験はない。が、まだ高校一年生のとき、高三の兄のクラスメートが熱烈な恋の末、彼女に振られてしまい、遂に自らの命を絶ってしまった。。。

その先輩、家にもしばしば遊びにきていたので良く知っており、若き日の加山雄三に似たハンサムな人。 女性など、十指に余るほどいつでもいつでも寄ってくるのに。。。兄と涙が止まらないほど泣きました。失恋・もん太の踊りを見ていると、ふとそんな昔の悲しみが老いた心の中を過ぎるのでした。失恋とはそんなに壮絶なもの。。
もん太は、この後、日本を離れて何処へ行くのだろう。。ロシアへ帰る羅針盤はもう壊れてしまってるのだから、治さなくてもいい。日本を永住の地に選んで欲しい! 君も、とてもハンサムなので日本の優しい百舌姫にモテること間違いナイッス。

傷心・もん太。もう3ヶ月になろうとする滞在に漸く傷も癒え、踊りたい気持ちになったのでしょう。踊りのリズムは、”ドレミの歌”と思ったのですが、もん太の気持ちを汲んで、”人生劇場"で! 皆さんも一緒に歌ってやってください。         (完)
  画像上をワンクリック! 150%に拡大してご覧ください。



私、もん太が踊ります。 幸せそうだけど、実は失恋して少し弱ってます。。
でも漸く吹っ切れて来たのでこの辺で、元気を出して。。。今の心境を ”人生劇場”に載せて。。。 
DSC_9793.jpg

や~ると・思え~~ば。。DSC_9822.jpg

どこ~~ま~~でェ・やるさァ~~~~。。。 DSC_9823.jpg

そ~レェ~がァ~~~~
DSC_9824.jpg

お・と・こ~~の~~~~う
DSC_9825.jpg

た・ま・し・い~じゃないかァ~~~~~。DSC_9827.jpg

ギ~~リ~がァ す・た・れ~ば・・・ DSC_9828.jpg

この世~ゥ~はァ ヤミさァ~~~・DSC_9829.jpg

なま~~じ 止・め・る。なァ 夜のあ~~めェ~~~・DSC_9830.jpg

あ~んな お・ん・なァ~にィ・・・・・・ 未練はァ ないがァ~~~~~~~・  
DSC_9831.jpg

なぜ~~ヵあ・・・・・・な・み・だァ~が 流れてや・ま・ぬ・ゥ・・・・・・・・・・・・・・・DSC_9832.jpg

お~とこ ご・こ・ろ・ゥ は~~~・・・・ DSC_9833.jpg

お・と・こでなけりゃァ~ わかるものかとゥ・・・・ DSC_9834.jpg

あ・き・ら・め・た・ァ~~~~~・DSC_9835.jpg

と、言うわけで、僕はもうスッカリ立ち直りました! 日本の友人に感謝デス!
イケメン・もん太君。ずっとずっと永く日本で暮らして、幸せになってね! 
 
心の傷もを癒えた、もん太の 鳥版「人生劇場」 でした。。。。。      
(完) 
DSC_9836.jpg

blog気に入っていただけましたら、下段の{野鳥}(にほんブログ村)をクリックお願いします!

にほんブログ村



セアカモズの食事 (その5) 平塚休耕田にて 

セアカモズの食事 (その5) 平塚休耕田にて 
新幹線の突風もなんのその。。。 


イケメン・もん太君。 初めての日本に迷い込み、ここ神奈川に仮住い。もんたの狩りを見ていると、この幹線沿いで狩りをすることを覚えるには相当の試行錯誤を繰り返し今がある。。と思えてきました。田園の真っ只中をつき走る新幹線。それに沿って走る有刺鉄線。そこに留まっての狩りは容易ではない筈。。

あの300km余で走り抜ける速さが巻き起こす風は、一頃列車自身の窓に皹(ひび)が入るほどの風圧が掛かる。 そこでもん太は失敗を繰り返し考えて答えをだしたのです。。 彼の有刺鉄線に止まる方向を見てみると、新幹線の下りも上り線も、常に向かってくる方向に頭を向けて留まる。 

つまり飛行機が向かい風に向かって飛ぶ。。。という形に頭と体を向け、風の抵抗を最小限に抑えつつ体を安定させる。。。 中々の知恵者であることが判りました。その知恵者の解決策を観てみましょう! ==>その6)に続く

画像上をワンクリック! 150%に拡大してご覧ください。



イケメン・もんた。 耳を済ませると新幹線の音が聞こえてくる。。。。輝く目! DSC_9821.jpg

轟音(ごおおん)と共に、あっと言う間に新幹線が通過。。 腹羽が乱れる。。。 
背景は2本・青線の新幹線。。。
DSC_9837.jpg

あの風圧を受けて! 風上に体を向けて。。 両足はガッシリと有刺鉄線に。DSC_9840.jpg

毛羽をなびかせて、シッカリと掴まり。。6秒の辛抱! 真剣そのもの。 輝く目! DSC_9844.jpg

獲物を咥えて鉄線に戻ってきたところに、新幹線通過。。。。DSC_9838.jpg

食事はしばしお預け。。。。DSC_9839.jpg

もん太は目を輝かせて、そんな新幹線の風を心地良さそうに楽しんでいるよう。。 全く恐れを知らない!DSC_9842.jpg

あれェ、もういってしまのかな。。。。DSC_9845.jpg

何事にも動ぜず!どんなときにも”威厳”を保つことだけは決して忘れない!
この環境への順応さには感服。。。
 
DSC_9843.jpg

新幹線はアッと言う間に大阪方面へ向かい走り去っていきました。周りにはつかの間の静けさがもどりました。
もう風下に向いてもいいかな?
   セアカもん太と新幹線と田園風景でした。 ==> (その6)へ続く
DSC_8286-01.jpg

blog 気に入っていただけましたら、下段の{野鳥}(日本ブログ村)をクリックお願いします!

にほんブログ村

セアカモズの食事 (その4) 平塚休耕田にて 

セアカモズの食事 (その4) 平塚休耕田にて 
またまた捕まえた 美味しい日の丸弁当!  


イケメン・もん太。またまた捕まえた ”日の丸弁当!” 今度は羽ネのある虫? 犠牲者は蜂かな? 幹線の鉄棒に止まって早めの昼食と行きましょう!もう言葉は不要。 しばし食事風景を観ることに!
 
==>(その5)へ続く
  画像上をワンクリック! 150%に拡大してご覧ください。


もん太がまた獲物を捕らえてきた!
DSC_9809.jpg

これは。。。
DSC_9810.jpg

ハ・チ かなァ?
DSC_9811.jpg

獲物を咥えるもん太。 頭の青灰色も美しいが、お腹の桃茶色が青空に映えて、とても爽やか!
DSC_9814.jpg

おもむろに口へ運ぶ。。。。
DSC_9815.jpg

旨い! 日の丸弁当!
DSC_9816.jpg

口元の白いあご髭がおしゃれ! 目の真ん中を通る通眼線が顔全体のアクセントに!
DSC_9817.jpg

食事の後は、ボクの背中を見てください。 売り物の”背赤”デス! 
DSC_9818.jpg

そして、また狩り仮に。。。。 ツバサを隠す鉄棒を外して観てください。。。飛形が美しいですよ!
こうしてイケメン・もん太の食事はなごごやかに30分も続き、また別の畑に移っていきました。。
==>(その5)へ続く

DSC_9820.jpg

blog 気に入っていただけましたら、下段の{野鳥}(にほんブログ村)をクリックお願いします!

にほんブログ村


セアカモズの食事 (その3) 平塚休耕田にて 

セアカモズの食事 (その3) 平塚休耕田にて 
本格的に食事タイム!  

たった一人でヨーロッパを旅立ち、途中どう羅針盤を間違えたのか、目的地とはかけ離れた日本にたどり着いてしまった。 でも、政情不安の国や、空気の汚れた国へ迷い込まないで本当に良かった! むしろ、空気の綺麗な平和な日本に迷い込んだことは正しい選択だと思う。  名前を言い忘れましたが セアカの「もん太」です。

さっそく、もん太君と一緒に食事に行きましょう。 もん太の漁場は新幹線を囲う有刺鉄線の制限区域から農道にかけて傾斜になった枯れ草ゾーン。。

漁の仕方は日本の百舌君とおなじ。 上から見ていて、動くものを見つけるとあっと言う間に急降下。地上に留まること2~3秒。 たちまち獲物を咥えて飛び上がり。。。。食事処は人も隼(ハヤブサ)も近寄れない安全な新幹線の有刺鉄線の止まり木。。。。 日本の環境に不慣れとは言え、すぐに順応するところは本当に素晴らしい! 朝日に映えて、もん太の容姿がとてもハンサムに見える。 これから ”イケメン・もん太” と呼ばせてもらいます。。。
==>(その4)へ続く
画像上をワンクリック! 150%に拡大してご覧ください。


イケメンもん太が鉄棒にやって来た。獲物を探すには絶好の見晴らし!  風格のあるポーズ! 
DSC_9808.jpg

どうやら獲物をみつけたもよう。。。
DSC_9806.jpg

それ行けェ! ダイビング!頭の薄青銀色が美しくて!
DSC_9807.jpg

ツバサの欠けたのが口惜しい。。。
DSC_9800.jpg

幹線の傾斜枯れ草に舞い降りて。。。
DSC_9777.jpg

いた像ぅ!!
DSC_9778.jpg

こんな小さな虫を良くひと目で見つけるもんだ。。。。 正に、プロのハンター! DSC_9784.jpg

ここなら安全。。 でも、少しは警戒心を忘れずに。。。
DSC_9801.jpg

さて、ゆっくりいただくことにするか!
DSC_9791.jpg

おもむろに咥えて。。。
DSC_9796.jpg

こんな美味しい虫は母国ロシアにはいないようゥ!!
DSC_9797.jpg

旨い!
DSC_9802.jpg

さっき、大物を戴いたばかりなのに。。。 これはまたユニークな味! 舌は味を感じないはずなのに。。
DSC_9803.jpg

余は満足じゃ!  といいながら、もう別の獲物をさがしてる。。。。
DSC_9804.jpg

それにしてもこのポーズ! イケメンもん太・母国では、そうとうもてそうだ!。。。  ==>(その4)へ続くDSC_9805.jpg

blog 気に入っていただけましたら、下段の{野鳥}(日本ブログ村)をクリックお願いします!

にほんブログ村
プロフィール

Su~chan

Author:Su~chan
私の名前は「Su~」です。”Su~chan”と呼んでください。
相模原市在住。

最新記事
最新コメント
カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR