FC2ブログ

キセキレイの散歩 (その2) 大菩薩の林道にて

セキレイの散歩 (その2) 大菩薩の林道にて
こんなにきれいなキセキレイって、 見たことない。。。。2

背筋をピンと張って古木のテッペンに遊ぶ幸之助。 キリリとしまったスマートな容姿に剣を持たせれば、正に林道の騎士!
身体のバランスをとるかのように、長い尾を常に上下に振ってはチチチッィィ~~と鳴きながら飛び回り、私たちの眼を楽しませてくれました。
 
こんなにきれいなキセキレイ! シャバの世界ではとても見られない。。。 ”感動” の一言。 他に言葉が見つかりません。 これからは、何処へ行っても、”イシダタキ”の素晴らしいショットを撮ることを忘れません。 
林道の騎士・イシダタキに幸あれ!  かの俳人の一句。

  ”行く水の目にとどまらぬ青水沫(あをみなわ)、 
           鶺鴒の尾は触れにたりけり” (北原白秋)
       (完)


画像上をワンクリック! 150%に拡大してご覧ください

あらよっと・・・・ ちょっとおどける幸之助。。。
腹部の濃黄色が美しい! 喉黒は男の象徴・・・DSCq_9422 (3)

おいしそうな獲物はみつかるかんなァ?・・DSCq_9421 (2)

右に・・DSCq_9416 (2)
左に::: 剣を持たせれば勇壮な騎士! DSCq_9418 (2)

そして、惚れ惚れする に・ら・みDSCq_9424 (2)

何尾か想う・・・DSCq_9506 (2)
背中と両翼の灰黒色が腹部の黄色を一層引き立たせている!
qDSC_9509 (2)

幸之助の散歩はまだまだ続く・・・ 山林のマイナスイオンと風を一杯に吸って!  
下界に戻ってもこれ以上の美しいキセキレイは恐らく見ることができないでしょう・・・ (完)
DSCq_9423 (3)

blog 気に入っていただけましたら、「にほんブログ村」のクリックお願いします!

にほんブログ村




キセキレイの散歩 (その1) 大菩薩の林道にて

セキレイの散歩(その1)大菩薩の林道にて
こんなにきれいなキセキレイって、 見たことない。。。。

キセキレイ(鶺鴒)。里山に、そして田園に。。野鳥を追っているところ、どこにでも目にするセキレイ。お目当ての鳥を待つ中、時間つぶしにカメラする。。失礼ですが、普段重きを置かない鳥でしたが、この林道に現れた鶺鴒は違います。今まで見たことのない美しさ!思わず胸を打たれました。 

これまで見たセキレイは腹部の6割が白く、残り4割の薄黄色がうっすらと白色に溶ける。。そんな印象でしたが、この森に見るキセキレイは腹部が一面に目の覚めるような濃い黄色。白が無い!まるでキビタキの黄色い腹部に優るとも劣らない美しさ! マイナスイオンを一杯に吸い、近くを流れる渓流に身体が洗われるのでしょうか。 

鶺鴒(セキレイ)の名前の由来? 野鳥写真家の大橋弘一先生の「野鳥の名前」【著】によりますと、 セキ(鶺)は背筋、レイ(鴒)は冷たく澄んでいる意味の漢語で、背筋がピンと伸びた姿を形容して、”セキレイ”。と名付けられたそうです。 その名のごとく、いつも背筋をピンと伸ばし、姿勢正しく真っ直ぐに! 歩き方がスマートで均整がとれ、見ていて小気味よいすがすがしさが伝わってきます。
 
長い尾をいつも上下に振る習性のあるところから、”イシダタキ” の和名があるそうです。ついでに英名では Wagrail(Wag:振る Tail:尾)と呼ばれているそうです。 思わぬところで、勉強が出来ました。 その美しいキセキレイの散歩を是非ご一緒に! ==>(その2)へ続く


画像上をワンクリック! 150%に拡大してご覧ください。

キセキレイの幸之助(と名付けました)が川辺に朝の散歩にやってきました。DSCq_9397 (2)

この黄色の腹部の美しさ! DSCq_9398 (2)

そして、この背筋をピンと張った姿勢の良さ! 
ひと目見た瞬間に、いつもシャバで見るキセキレイとの違いが判りました。DSCq_9402 (2)

さて、ちょっくら散歩にでもでかけるか・・・・DSCq_9403 (2)

緑の絨毯が気持ちいい!DSCq_9404 (2)

でも、古木の方に何か獲物がいそう・・・ 思案のあげく。。。。
DSCq_9408-02 (2)

やっぱりチョット行ってみようッか! 
見事な腹部の濃黄色! 正にキビタキのお腹・・・・・
DSCq_9411 (3)

決断するや否や、サット古木のテッペンへ・・・DSCq_9412 (3)

古木のテッペンに止まり、ひとり呟く・・  
DSCq_9413 (2)

呟き・ ”いつ来てもここからの眺めは最高! 獲物を探すにも、絶好の場所!!”
スマートな幸之助の眼が輝いている。。。 ==>(その2)へ続く
DSCq_9414 (2)

blog 気に入っていただけましたら、「にほんブログ村」のクリックお願いします!

にほんブログ村

キセキレイ 泉の森にて (その2)

キセキレイ 泉の森にて (その2)
水浴びのあとは。。。

豪快な水浴び。。。 キセキレイはどうしてこんなに激しく水中に顔を突っ込み水浴びをするの? 聞くところによりますと、キセキレイは人一倍縄張り意識が強く、水面に写る自分の顔までよそ者!と思い攻撃を仕掛けるのだそうです。こんなところから、水面目がけての激しい水浴びになるのではないかと。。。。  

水浴びの後は、羽づくろい! カワセミの止まり木に止まり、念入りの羽づくろいが始まりました。これも初めて見る優雅な羽づくろい!  邪魔者も現れることもなく、ひとり朝日を一杯に浴びてのご満悦の水浴びとなりました。 
(完)
画像上をワンクリック! 150%に拡大してご覧ください。


水浴びを終えるとカワセミ君の止まり木に! あれだけ激しく浴びたのに、羽は殆ど濡れてない。。。。DSC_4570_sh01.jpg

ふっくら! 清清しくてゆったりと寛いだときにはふくらむのだ!DSC_4571_sh01.jpg

背中むずむず。。。 かゆいところに手が届かない。。。。。  こんなこともある?DSC_4572_sh01.jpg

こうすればいい。。。。 気持ち余暇~ DSC_4574_sh01.jpg

ホントに今日は最高の天気! 長い尾羽を一杯に伸ばして。。。。DSC_4575.jpg

さっそく羽づくろいを!  丁寧に羽根の一様いちようを。。DSC_4464_sh01.jpg

そして尾羽を!DSC_4448_sh01.jpg

背中はとどきそうもないかなァ?。。。。DSC_4452_sh0DSC4452 -05

いや、こうすればバッチリ!  尾羽の根元までしっかりと! DSC_4454_sh01.jpg

最後に全身を”ぶるっ”と一振り!DSC_4462_sh01.jpg

さっぱりしたところで朝食に!  勇んで止まり木を飛び立っていきました。。。  (完)DSC_4576_sh01.jpg

blog 気に入っていただけましたら、クリックお願いします!

にほんブログ村

キセキレイ 泉の森にて (その1)

キセキレイ 泉の森にて (その1)
朝の水浴び。。。


キセキレイ。白セキレイと共に何処に行っても私達の目の前に現れてくれるお馴染みの鳥。 すんなりとスタイル抜群。 長い尾羽をピンピンとリズミカルに動かし、
チチィ~と鳴きながら軽やかに飛び廻る姿はいつ見ても清清しいものです。

そのキセキレイが、ここ泉の森の小川で水浴びをしているところに出会いました。 公園で見てもカメラを向ける人は殆どおりませんが、水浴びをしている
キセキレイを見るのはこれが初めてでした。 その水浴びはオオルリ、ガビチョウを上回るほどダイナミックなものでした。

が、それ以上に目を見張ったのは黄色の腰羽から水の中に花を咲かせたように一葉一葉美しく開いては水浴びの動きに合わせ右に左に流れる白と黒の尾羽でした。こんな美しいキセキレイは見たことがありません。まるで染めたばかりの絹生地を川で洗うシーンが思い浮かぶよう。。。 しばしうっとり!
==>(その2)へ続く
   画像上をワンクリック!150%に拡大してご覧ください。


枯れ落葉に映える浅瀬にキセキレイがやってきました。 いつものように尾羽をピンと張って!DSC_4412_sh01.jpg

さっそく水に浸かり、水の温度をチェック! 尾羽を軽く水に流して。。。。DSC_4505_sh01.jpg

うん、湯加減も良さそう。。。  さっそく朝の行水と行くか。。。。   尾羽が美しい!! DSC_4550_sh01.jpg

ここからはもう言葉は要らない。。。。 このダイナミックな水浴びをじっと見てみましょう!DSC_4566_sh01.jpg

翼の動きが凄い!  そして、尾羽の広がりも!DSC_4487_sh01.jpg

DSC_4439_sh01.jpg

DSC_4440_sh01.jpg

DSC_4473_sh01.jpg

DSC_4443_sh01.jpg

一休み。。。。。  水中に広がる  ”尾羽の水中花”  DSC_4532_sh01.jpg

そして、再び! 両翼の動きが凄い!DSC_4481_sh01.jpg

DSC_4514_sh01.jpg

DSC_4513_sh01.jpg

尾羽! 美しきかな、水中花! DSC_4548_sh01.jpg

ああ気持ち余暇! 澄み切った水に浮かぶ落葉。。。 その横で花咲く水中か! 絵葉書になりそうDSC_4518_sh01.jpg
blog 気に入っていただけましたら、クリックお願いします!

にほんブログ村
プロフィール

Su~chan

Author:Su~chan
私の名前は「Su~」です。”Su~chan”と呼んでください。
相模原市在住。

最新記事
最新コメント
カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR