FC2ブログ

アオゲラの巣作り(その7・最終章) 林間の森にて

アオゲラの巣作り(その7・最終章) 林間の森にて
新築の愛の巣、いよいよ竣工間近か!

4月28日: 二日後に訪れてみると、 巣穴の中からはコツコツ・・・の音色はもう聞こえてこない。 どうやら二人とも留守らしい。 いよいよ完成? だとしたら、二人の長く辛かったであろう新居の建設に心から拍手喝采!この上は早く卵を産んで!と願うばかりです。本章では、そんなアオゲラのこの時期しか見られない、チョコンと巣穴から顔を出す、何度見ても可愛い姿をアップで!

それにしても、いろいろな野鳥の巣作りを見たり聞いたりしますが、アオゲラほど人間の愛の巣造りに似て、日月を費やし、労を施す鳥はホントに珍しく思います。毎年のことなのに、何故に新たなる大木に挑む!? キット若妻が毎年変わるからなのでしょうか?

想えば新婚を控え家さがしに奔走する頃が心新たに蘇ります。新築を!と決意すると・・・ 会社の近く? そして親の近く? どっちの親の?・・・ 一軒家? それともマンション? 結局、猫の額ほどの庭付き、妻の実家近くの一軒家に!それから、設計・施工・・・ と長くもあるが、楽しい二人の家創りが始まる。。。 若き日の想い出。 今やそれを売り払い、バリアフリーのマンションへ・・・ これもまた楽しかりきや!・・・

アオゲラの良太と小夜子も、きっと、人間の若いカップルと想いは同じ! この広い森の何処に? どんな木に? どの辺の高さに? 方角は? キット、何度も下見を重ねた末にこの南斜面の桧葉の🌲を選んだのでしょう。。。。 居間兼用の入口は勿論南向き!

やがて、最初の斧を振り込んでから、永遠ほぼ一ケ月の穴掘り工事が始まる。 設計・施工も全て二人で! ここだけは人間と異なる。その間の二人の建築作業たるや、 交代に斧を振りおろすごとに愛情が深まっていく。愛が深まったころで完成。そして産卵! 正に理想的な愛の形。 感服! 

ところで、キツツキは何故脳震盪を起こさない?  折角の機会に少し勉強してみました。。。神様は二人のために、大木にクチバシでガンガン叩いても、決して脳震盪を起こさない頭の構造を授けてくださったのでした。。 頭部の構造を、たたいたときの衝撃を体全体に分散して受けとめるようにしてくれたのです。強い打撃を生みだす体の構造や動きが、体のうける打撃をやわらげる働きも授けてくださった。 くちばしは、ほぼまっすぐで、元が太く、先がたてに平でノミ状になっている。

「頭骨は厚く、隙間が少ない。上くちばしを支える蝶番を形成している骨は、幅が広く、くちばしの元にかたまっている。これらの骨を支える筋肉(特に翼状突起骨伸出筋と方骨伸出筋)もよく発達し、衝撃を前頭蓋で広く受けとめる。この筋肉は、下くちばしの伝える衝撃も十分に受けとめる事が出来る。。。」 と。。 専門的にはまだ良く理解できませんが、とにかく、子沢山のアオゲラが、あの小さなクチバシによる手【口】掘りの芸術作品に只々敬服するばかりです。  この巣穴に雛たちが顔を出す日が来ることを願って! (完)


(2014/04/28撮) Nikon300s SG500mm
画像上をワンクリック! 150%に拡大してご覧ください。

良太。 巣穴からチョコンと出す顔がとても愛くるしい!
DSC13_8586_2254 (2)

一ケ月もの長い巣作りに、自慢の赤冠にも綻びが。。。
DSC13_8639_2257 (2)

この平たく強靭なノミのクチバシで!
DSC13_8699_2259 (3)

反対側に突き抜けるのでは・・・・ と思うほどの力強さでこの見事な丸い穴!
DSC13_8706_2260 (2)

暫く叩いては、こうして口を開けてひと休み。 いくら頭の衝撃を緩衝してくれるとしても。。
DSC13_8709_2261 (3)

小夜子が休憩から戻ってきました。 この体制からチラっ! 」流し目がとても色気があって!
DSC13_8726_2263 (2)

おや? 小夜子がするするっと巣穴から下に後ずさり。。。
DSC13_8733_2265 (2)

すると、良太がキョロっと顔を出す。
DSC13_8745_2266

小夜子の帰還で、交代するのゥ?
DSC13_9137_2287 (2)

いつになく、体をグイッと乗り出して・・・
DSC13_9120_2284

どうやら飛び出し体制!
DSC13_9126_2286 (2)

そして、Take Off! 
二人の新居も、いよいよ竣工式が秒読みに! 我らも花束をもって駆けつけねば・・
二人の仕合せな子育てを楽しみに・・・ それまでそっとしておくことに。。。  (完)

DSC13_9139_2288 (2)

 【野鳥】ランキングに参加してます! 好かったらポチッとご協力お願い申し上げます! m(_ _)m












アオゲラの巣作り(その6) 林間の森にて

アオゲラの巣作り (その6) 林間の森にて
フェーズ II  小夜子はホントに働き者!

4月26日: 竪穴の掘削は急ピッチに進んでおりました。 巣穴の中からはコツコツ🌲を削る音が小気味よく聞こえてくる。 清掃も忘れずに・・・ 見ていると、小夜子の巣穴にいる時間の方が格段と長くなっている。。。 夫の良太が戻ってきたことにも気が付かず。。。 
日田すらコツコツ。。

暫く入口で待っていた良太ですが、あまりにも出てこないので、遂に待ちきれず巣の中に・・・・・ なんと、二人で入れるスペースが出来てきたようです。 新築の竣工も、もう間近かでしょうか! 

このまま進むと、天敵の蛇が現れない限り他の邪魔者の心配はありません。 だんだん、楽しみが現実味を帯びてきました。 ==>(その7・最終章)へ続く


(2014/04/26撮) Nikon300s SG500mm
画像上をワンクリック! 150%に拡大してご覧ください。

フェーズIIの竪穴掘削は急ピッチに! ここは良太の番。
DSC12_9417_2306

木屑の清掃も軽やかに!
DSC12_9358_2305 (2)

DSC12_9343_2304 (2)

今度は小夜子に交代。
DSC12_8490_2237 (2)

小夜子はもう一時間半も掘り続けている。。。  良太が戻ってきた。
DSC12_8512_2238 (2)

小夜子~・ 今戻ったよう!
DSC12_8524_2241

何度呼んでも、小夜子・応答なし・・・
DSC13_8726_2263 (2)

待ちきれない良太。 巣穴へ!  どうやら二人分のスペースが出来てきたようだ。。
DSC12_8860_2280 (2)

掘削に夢中になっていた小夜子。 漸く良太に気付く。  良太は外に出て交代を待つことに。  
DSC12_8562_2248 (2)

おっとうゥゥゥゥゥ~~///・ 巣穴の中からいきなり小夜子が! 不意を突かれて、ピンもボケボケ。。。
DSC12_8575_2249 (2)

巣穴の中が広くなると、いきなり飛び出すのが彼らの習性なのでしょうか。。。
良太もさほどおどろくようすもなく・・・ ひらりとかわす
 
DSC12_8577_2245 (2)
DSC12_8578_2251 (2)

こうして、二人の愛の巣作りはいよいよ終盤を迎えようとしています。 ==>(その6・最終章)へ続く
DSC12_8530_2244 (2)

 【野鳥】ランキングに参加してます! 好かったらポチッとご協力お願い申し上げます! m(_ _)m





アオゲラの巣作り(その5) 林間の森にて

アオゲラの巣作り(その5) 林間の森にて
只今、建築中・・・ フェーズ II 竪穴の掘削に入りました!

4月24日: 3日後に訪れてみると、良太と小夜子の建築はフェーズIIに入っておりました。巣穴の中からコツコツコツ・・・音はすれども姿は見えず。。。巣穴にすっかり入り込み、もう外から姿を見ることが出来なくなった。中から姿を現すのは、休憩のときと穴に溜まった🌲屑を外に捨てる時。 顔を巣穴からちょこんと・・・  それがまた可愛いいのです!

幹の内部は割に柔らかいのでしょうか。 掘削のピッチは一段とスピードが増し、軽やかな音が聞こえてくるとともに、溜まった🌲屑を外に頻繁に出す清掃の方も一段と忙しくなってきたようです。  

その🌲屑を吐き出す瞬間をカメラしようと、必死に構えるのですが、顔を出すと同時に屑を捨てるため、シャッターを押したときには既に後の祭り・・・  前章(その4)・横穴造り時の清掃以上に困難・・・ 試行錯誤を繰り返し、漸く妙案をもって何とかその瞬間を捉えてみました。 これを見ると、良太と小夜子の精力的な城造りが一目瞭然! 妙案って? 
それは企業・ひ・み・つ? 。。

とにかく、彼らの働きぶりを見てください。
(その5)で完了する筈が、もう二章ほど延びてしまいました。。。 ==>(その6)へ続く


(2014/04/24撮) Nikon300s SG500mm
画像上をワンクリック! 150%に拡大してご覧ください。

3日後、横穴はすっかり出来上がり、竪穴もかなり進んでいるようでした。
小夜子がしばしの休憩にキョトンと顔を出しました。。 穴掘りに疲れると、口を開いて一息・・・
DSC11_9872_2225

そして、巣穴の清掃の始まり! 木屑をいっぱい口に咥えてくると・・
DSC11_9253_2299

顔を出すか出さないうちに、瞬時に吐き出す! 
DSC11_9254_2300 (2)

この瞬間をカメラするのに試行錯誤・・・ 何度も失敗を重ねて漸くここまで撮れるように!
DSC11_9271_2301 (2)

小夜子、外に吐き出すと同時に、すぐさま戻り、またたんまり咥えてくるのでした。
これだけ掘れば、🌲屑もたまる一方・・・掘るほどに清掃が忙しく。
DSC11_9851_2222 (2)

吐き出しの瞬間!
DSC11_9232_2296 (2)

花吹雪ならぬ・・木屑吹き!
DSC11_9281_2302 (2)
この瞬間を撮りたくて、時間を忘れて待つのでした・・・
DSC11_9296_2303 (2)

小夜子の清掃がつづきます・・・
DSC11_9798_2214

綺麗に飛び散る花吹雪・・
DSC11_9799_2217 (2)

掘削が順調に進んでいる証拠ですね!  この分では竣工式も、もう時間の問題?!
DSC11_9800_2216 (2)

小夜子の清掃が一段落、再びコツコツ・・巣穴の掘削が始まりました。
そこに、夫の良太が戻ってきた。妻の働きぶり、聞こえるかな?? 
DSC11_9779_2211

そろそろ交代しようョ! 良太が巣穴の小夜子に優しく声をかける。
DSC11_9147_2293 1 (3)

どうやら掘削に夢中で聞こえないらしい。。。。
DSC11_9155_2291 (2)

と、突然予告なしの飛び出し!  流石の良太もビックリ・
DSC11_9780_2212

もう一時間余りも根を詰めて掘っていた小夜子。。 近くの🌲に留まりひと休み。
美しい瞳。 明るい二人の未来を予感しているようだ! 平穏な愛の新居の竣工を祈るばかりです。 
==>(その6)へ続く

DSC11_8772_2272 (2)

【野鳥】ランキングに参加してます! 好かったらポチッとご協力お願い申し上げます! m(_ _)m


アオゲラの巣作り(その4) 林間の森にて

アオゲラの巣作り(その4) 林間の森にて
只今、建築中・・・ 🌲屑が溜まりましたァ!

4月21日: 桧葉の大木に初めて斧を打ち付けてからそろそろ三週間になろうとしている。横穴も体がすっぽり入れるまでに出来上がってきました。

ここに溜まった🌲屑はどうするのだろう? と、また気になり始めて見ていると、流石に懸命な良太と小夜子。 穴を削ッた塵が溜まると、まとめて清掃作業に入るのでした。 次から次へと頭を突っ込んでは屑を撮み掃き出す。 その時、強靭な斧はあの竹ぼうきに変わるのでした。 

巣穴に頭と体を突っ込んで・・・ 顔を出したかと思うと、瞬時のうちに屑を吐き出してしまう。 木屑が巣穴の外にパッと舞い散る。 その瞬間をカメラしようとするのですが、中々うまくいきません。  失敗を重ねた挙句何とか捉えたときの歓びは、乾ききった喉に生ビールを一挙に流し込んだ感じ? とでも言えるでしょうか。。。

本章では、そんな二人の掃除ぶりをじっくり見学してみたいと。。 
==>(その5・最終章)へ続く 


(2014/04/21撮) Nikon300s SG500mm
画像上をワンクリック! 150%に拡大してご覧ください。

良太の大掃除が始まりました。 頭を穴に突っ込んでは口に🌲屑をくわえてくると。。。
DSC56_7162_1973

瞬時のうちに空中に!  この間僅かに0.5秒。
DSC56_7190_1980

この木屑を咥えて出てきて捨てる瞬間をファインダーに収めるのは至難の技・・・・
DSC56_7175_1977

🌲屑を空中に放ると・・・・
DSC56_7196_1981

またすぐ巣穴の中に!
DSC56_7152_1968

体がすっぽり入るところまでに。 横穴はほぼ完成。 
ここからはフェーズIIの竪穴堀に・・・  🌲屑も益々増えてくる。。
DSC56_7184_1978

良太、口いっぱいに咥えてくると。。
DSC56_7264_1998

はなばなしき、チップの吹雪!
DSC56_7265_1999

しばし、チップ吹雪を見てみましょ。
DSC56_7282_2001

DSC56_7286_2002

DSC56_7325_2006

沢山咥えてきては・・・
DSC56_7330_2007

豪快な花吹雪~~~
DSC56_7257_1995

二人の愛の巣は急ピッチに進んおります。。  完成が待ちどうしい!  ==>(その5・最終章))へ続く
DSC56_7338_2009

 【野鳥】ランキングに参加してます! 好かったらポチッとご協力お願い申し上げます! m(_ _)m


アオゲラの巣作り (その3) 林間の森にて

アオゲラの巣作り(その3) 林間の森にて
只今、建築中・・・ 微笑ましき夫婦愛!

二人の愛の共同作業は今日も続いておりました。 二人が交代する間隔は一時間~と踏んではおりましたが、 時に2時間以上~になることも。そんな中、巣作りに留まっている夫の良太は巣を離れることもなく、日田すらノミを振り続けている。その表情は時には厳しく、時には愛くるしくもあり。

長い時間を待ち続けを喰らわせられるカメキチ(狂)も物好きと言われればそれまでですが、居合わせた同類のカメキチとの談笑が咲き、退屈を紛らわしてくれる。。どころか、話が発展し鳥の ”不思議” がいろいろがが生じてきて話題はつきません。

アオゲラは一度に6~8個の卵を産む。。。 たとえ雛が小さくても、それだけの数が成長して巣の中で生活するにはかなりのスペースが必要!? 20cmの縦穴では足りないのでは? 6~羽の雛+親の分、それに巣の中で回転するスペースも確保せねば・・・巣の中は人間で言う十畳ぐらいは?いやそんなには無いだろう。老婆心しきり。。。

アオゲラはあんなに激しく何日もドラミングを続けて、何故脳震盪を起こさないのだろう・・プロレスで頭突きの得意なレスラーでも、あんなに立て続けにやったら自分が脳震盪になってしまう。。 等々・・・ 失礼ながら、疑問に答えてくれるカメキチも想像の域から出られる方は少ない。 折角の機会ですから少し勉強することに・・・

そうこうしているうちに、ようやく食事に出かけていた妻の小夜子が戻ってきたようです。。ずいぶんゆっくりしてたネ・・ 果たして Two Shot は撮らせてくれるかな? 
==>(その4)へ続く


(2014/04/18撮) Nikon300s SG500mm
画像上をワンクリック! 150%に拡大してご覧ください。

夫・良太の穴掘りが精力的に進んでいるようです。 中の🌲屑も撮み出して・・
DSC11_3998_1905

暫く掘っては一息入れて。 この表情が何とも言えなず、微笑ましい!
DSC11_4191_1917

そして、穴に身を入れては進行具合をチック・・ 
DSC11_4201_2086

穴の直径はこれくらいでいいかなァ?・・・
DSC11_4226_1920

この時点では優秀な大工の心境! 事実、その判断も素晴らしく正確のようです。
DSC11_4302_1923

ううゥ~~ん、 もう少し入口の奥を広くしないとダメかな? 
DSC11_4307_1924

アオゲラの🌲にノミを打ち込む正確度は0.5mm以内! と、とても正確だそうです。
DSC11_4356_1930

ようやく、ここまでは入れるようになりました! 良太の足の踏ん張りが頼もしい!
DSC11_3859_1885

そこに妻の小夜子(左)が戻ってきました。 仲睦まじいTwo Shot!
DSC11_3879_1886

良太さん、遅くなってゴメン・・  私、代わるわよゥ!
ううゥ~~ん、もう少しでこの横が終わるから・・ チョット待ってくれぇ!
DSC11_3882_1887

小夜子を見て益々張り切る良太。
DSC11_3888_1890

そんなに張り切らなくても。。 わ・た・し、逃げないわよゥ~~~ 
DSC11_3890_1891

よしっ、これで一段落!小夜子、後は頼むぞゥ。 あまりケバルなよっ!
DSC11_3896_1892

小夜子、別れ際の良太の一言が胸にジンときて・・・  しばし、うっとり!
DSC11_3914_1896

こうして、二人の愛の巣作りは順調に日を重ねていくのでした。 ==>(その4)へ続く
DSC11_3923_1898

 【野鳥】ランキングに参加してます! 好かったらポチッとご協力お願い申し上げます! m(_ _)m





プロフィール

Su~chan

Author:Su~chan
私の名前は「Su~」です。”Su~chan”と呼んでください。
相模原市在住。

最新記事
最新コメント
カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR