FC2ブログ

コムクどドリのお花見 (その4・最終章)相模川沿いの桜並木にて

コムクどドリのお花見(その4・最終章)相模川沿いの桜並木にて
桜の花が残ってた・・ 桜には女子が似合う!


すっかり花の散った桜の🌲。コムクが移動するごとに追いかけて!・・ 行きついた先に福!? 僅かに咲き残っていた桜の花びら。 葉桜の花芽に集まるコムクにも、華麗に咲いた桜の花弁には目が無いようです。 

女子の優佳(ゆうか)が花の香りに誘われて・・・・ その中に包み込まれてしまいました。 やはり、花には女子が似合う! いささか興奮気味・・・・ そう言えば、優佳には第一章に登場した恋人の照勝がおりました。 いつも一緒なのですが、どうしたことか、また照勝の浮気心が。。近くにいた桜子に気をそそられ、ついて行ってしまった。。。。 

残された優佳。ひとり花の蜜を求め傷心に佐馬よっているうちに、桜の残り花に辿り着いたのでした。傷心の優佳でしたが、あまりの桜の可憐さに、すっかり気持ちが洗われて! ”去る者は追わず・・・” の境地に。。ひたすら桜の花を愛でるのでした。でも彼(枯れ?)のことチョッピリ気になる。。。 優佳もヘラサギの正月と同じ悲劇を味わうことになるのでしょうか。。。 照勝のバカッ!
  
花曇りの週末前、コムクのお花見と優佳の恋心を遠くから垣間見る孤独なカメラマンでした。     (完)


(2014/04/17撮) Nikon300s SG500mm
画像上をワンクリック! 150%に拡大してご覧ください。

女子の優佳、桜の花にやってきた。 でも・・・何?このカ・タ・チ・・・ 美女には似合わないョ!
DSC21_1531.jpg

わァァ~~~~ 花が咲いてるゥっ!!  予想だにしなかった桜の花に優佳、大興奮!
DSC21_1540 (2)

いつも・・・
DSC21_1692.jpg

花が散ったあとに来るから・・・
DSC21_1693.jpg

こんなに綺麗な桜、初めてぇぇェ~~~~
DSC2_2082 (2)

これが \\\・・・・
DSC2_2087 (2)

ホントのお・花・見・ィ! て言うのね!
DSC2_2088 (2)

蜜も少しだけど、あるわァ!
DSC2_2089 (2)

緑の新芽と満開の桜に優佳がいっそう美しく輝く!  これぞ私の楽園!  
DSC2_2112 (2)

食事処も・・・
DSC21_2556.jpg

沢山あるし!
DSC21_2560.jpg

足りないものは何もなし!
DSC21_2562.jpg

でも。。。 ふと優佳の頭をよぎるものが・・・  照勝、今頃何してんのかしら。。。
DSC21_2566 (2)

優佳、思い起こすと止まらない・・・ 二人の楽しかったあの日々はもう二度と来ない? 。。。。
桜の花びらが静かに散るように、優佳は何処へともなく飛び去って行った。
DSC21_2646.jpg

優佳、遅くなってごめんッ+++・・
遅れマジ・・・ と優佳のあとを追ってきた照勝。 漸く桜の園を見つけてみると。。。
優佳の姿はもうそこにはない。。   遅かった・・・
桜子は義理の妹なのに。。。  離れる前に、一言足りなかった・・・ドジの自分に後悔しきり。
照勝はヘラサギの正月に続く悲恋物語を演じてしまうのでしょうか。 それとも。。。 恋に終わりはないはず・・
(完)

DSC21_1808 (2)

 【野鳥】ランキングに参加してます! 好かったらポチッとご協力お願い申し上げます! m(_ _)m









コムクどドリのお花見 (その3)相模川沿いの桜並木にて

コムクどドリのお花見(その3)相模川沿いの桜並木にて
男子♂の化粧はチンドン屋 ・・・

コムクの男子をよく見ると、お化粧で言えば頬にファウンデーションンの塗りかけ。。。
今では見かけませんが、鐘を鳴らして町を練り歩くチンドン屋の下手な厚化粧を思い出す。。首から腹にかけては真夏の日焼けに皮膚がまばらに剥けかけ・・・ といった中途半端な色が散りばめられ、美しいのか、そうでないのか判らなくなってくる。が、枝にぶら下がって花の芽を啄む仕草はやはり可愛い!  としか言いようがありません。 

それにしても、そんなコムクを見ていると、そしてどの野鳥もそうですが、細い枝に留まっては逆さまになり、アクロバティックのかっこうで餌を探す。。。しかも、その恰好を長く続けても何でも無い。。 人間なら、逆立ちをしながら食べることも、 まして頭から血が下がってとても長くは耐えられない。。

野鳥には、体操・内村の金メダル級の演技がどうして、いとも簡単にできるのだろ? 

あの細い足で、木の幹に真横になって何事もないように体を支えて。。 凄いッ! と。

こんな下らないことを頭に描きながらシャッターを押すのでした。。コムクの演技に拍手!==>(その4最終章)へ続く


(2014/04/17撮) Nikon300s SG500mm
画像上をワンクリック! 150%に拡大してご覧ください。

チンドン屋風の剛士(と名付けました)がやってきた。 散り残る桜に良く似合って! 

DSC42_1981 (3)

剛士(たけし)飛ぶかなあァ?・・・・
DSC42_2669 (3)

飛んだッ ! tt
DSC42_2671 (3)

翼の下と・・・・
DSC41_7461_1772 (2)

上!  広げた翼が優雅なり! 
DSC41_7462_1774 (2)

剛士、鮮やかな緑の新芽に囲まれて!
DSC41_7483_1781 (2)

それにしても、この花のすっかり落ちた枯芽に蜜があるとは・・・
DSC41_7485_1783 (2)

良く見つけたもんだ!  生活の知恵?
背羽の青がいいィ!
DSC41_7488_1786

剛士、茶色のマフラーが周りの枯芽にマッチして…
DSC41_7490_1787 (3)

細い枝に優作が食事タイム。
DSC41_7396_1732 (2)

優作、細枝に仕草は可愛いのですが・・・
DSC41_7397_1733 (2)

このチンドン屋風のあら化粧はなんとも・・・・
DSC41_7399_1735 (2)

でも、それは僕の責任ではありません。。。
DSC41_7404_1737 (2)

楽しそうな食事のひととき。 平和でいいですね!s
DSC41_7407_1739 (2)

半端な化粧が隠れて、コムク・優作の最も華麗なポーズ!  小枝に遊ぶ・・・  
DSC41_7409_1741 (2)
 
DSC41_7418_1750 (2)

そして、優作の決めポーズ!  コムクの味が良く出ています!d  ==>(その4・最終章)へ続く   
DSC41_7459_1832 (2)

 【野鳥】ランキングに参加してます! 好かったらポチッとご協力お願い申し上げます! m(_ _)m





コムクどドリのお花見 (その2)相模川沿いの桜並木にて

コムクどドリのお花見 (その2)相模川沿いの桜並木にて
葉桜に包まれて ・・・

いつも男女仲良く群れで動くコムク連。 男子に交じり、スッピンの美女も遅れマジ・・・ と桜の🌲に舞い降りた。

淡い極薄茶の背羽と頭。 腹部が白灰色に包まれて愛嬌たっぷり ・・・・f 
新緑の緑葉の合間を縫って、枝から枝へ・・・ 何か清々しさが伝わってきます。
葉桜に残る花茎を求めて戯れる姿を漸くファインダーに! ==>(その3)へ続く


2014/04/17撮) Nikon300s SG500mm
画像上をワンクリック! 150%に拡大してご覧ください。

初めまして! 葉桜の中から女子の桜子(と名付けました)がさっそうと顔を出しました。
DSC31_7466_1775 (2)

桜子、顔見世にしてはずいぶん厳つい睨み顔・・・・  女子はこんな顔、いかんよ!(筆者のつぶやき)
DSC31_7467_1776 (2)

緑葉の合間を縫って・・・
DSC31_7468_1777 (2)

この辺には桜の蜜がなさそう…s
DSC31_7473_1778 (2)

何か、選ぶ枝を間違えちゃった・・・
DSC31_7476_1779 (2)

そう、ここよっ!
DSC31_7600_1818 (2)

桜子、花茎に囲まれて~~ 最高の枝にやってきました。
DSC31_7603_1819 (2)

表情もようやく女性らしく、しなやかに。。。
DSC31_7610_1822 (2)

桜子、食事タイム! 
DSC31_7492_1831 (2)

誰にもじゃまされず・・・
DSC31_7513_1789 (2)

寛ぎのひとと時。  緑葉が風に靡いて涼しそう~~
DSC31_7525_1790

芽吹いたばかりの緑葉に向かって・・
DSC31_7527_1792 (2)

桜子、何をぞ想う?・・・
DSC31_7530_1795 (2)

静かに寛ぐ桜子。 緑に囲まれて、平和を満喫! 
バックの薄緑と微かな空色が桜子をより美しく見せている。  ==>(その3)へ続く 
DSC31_7536_1797 (2)

 【野鳥】ランキングに参加してます! 好かったらポチッとご協力お願い申し上げます! m(_ _)m




コムクどドリのお花見 (その1)相模川沿いの桜並木にて

コムクどドリのお花見 (その1)相模川沿いの桜並木にて
お花見は花の散ったあとに ・・・

コムクドリ。体形、食べ物、群れでの生活形態が本家ムクドリに似て少し小さめの19cm。そこから「小ムクドリ」と呼ばれる所以のようですが、本家のクチバシ・足が黄橙色なのに対し、コムクどりは黒。コムクどりのいるところ、ムクドリあり。時には混郡状態に。。。。

私見ですが、容姿は御本家には比べ物にならないほど美しく、絵になる鳥!雄は白い頭と化粧仕掛けのような赤茶色の頬。濃紺味の黒い背に翼に白斑が入ってなかなかの美男子。反面♀は質素、頭から腹部まで白灰色の一色で覆われているスッピンの美女?

満開の桜に人も鳥も群がり、賑わいを見せる四月初旬。が、盛りを過ぎて花弁がすっかり落ち、人々に見向きもされなくなった、みどり葉が芽を吹き始めるころが「コムクのお花見」の始り! 花の散った花茎の蜜が彼らの大好物なのです。 その時季こそ彼らのお花見祭り! 待ちきれないコムク達は間違えて満開の時にやってくることもありますが、まだ蜜はなし。。 盛りの過ぎた花の散り際が旬なのです! 

一度に群れでやってきて、一本の🌲に全員が留まり、一斉に花の残蜜を楽しむ。 そこを狙ってカメラを構えるのですが、それが容易ではない。芽を吹いたばかりの緑葉が彼らをスッポリ包み込んでしまい、枝をかき分け、みどり葉を除け、漸くファインダーに捉えるや、直ぐまた枝を移ってしまう。位置を変えようと、不用意に動くと、たちまち一羽が飛んで・・・それに続き全員が堰を切って飛び去ってしまう。。。そんな御釈迦を重ねて ・・・・

何とか彼らのお花見風景をファインダーに収めて! 先ずは,ハンサム男子から。。。   ==>(その2)へ続く


(2014/04/17撮) Nikon300s SG500mm
画像上をワンクリック! 150%に拡大してご覧ください。

コムクの照勝(と名付けました)が季節外れのお花見にやってきた!
DSC21_7617_1826 (2)

照勝(てるかつ)君、カメラを意識して? 🌲のテッペンに留まってくれた。ハンサムなこの容姿を見てやってください。
(偶然ですが、鳥友に同名の方がいるのですが、これほどスラッとは、してい・・・・・ん) 
DSC21_7618_1827 (2)

吾輩も食事と行くか!  周りではもう仲間の宴会がはじまっている・・・・
DSC21_7623_1828 (2)

素晴らしいお花見を兼ねて! 
DSC21_7624_1829 (2)

花弁の落ちた花茎が美しい!
DSC21_7626_1830 (2)

ここに、甘い蜜があるんですゥゥ~~~~
DSC21_7587_1813 (2)

こちらはコムクの伴次。 照勝君のすぐ傍らにやってきて・・・
DSC21_7593_1814 (2)

お・花・見・ィ・・ ~~ 余計なことだけど、もう少しちゃんとヒゲ剃ったらァ??
DSC21_7594_1815 (2)

我等コムク連には ¥・・・・・・\\\
DSC21_7596_1817 (2)

満開の桜には用がないんです!
DSC1_7613_1823 (2)

この花茎さえあれば!
DSC1_7614_1824 (2)

捨てるものあれば、拾う者あり!とはこのことを言うのでしょうか?
DSC21_7424_1754 (2)

こちらは男子の染太郎。 旨い! 大好物の茎の蜜!  
DSC21_7433_1760 (2)
蜜を満喫!
DSC21_7436_1762 (2)

花を愛でるもの、花茎を愛でるもの、 人生(鳥生)いろいろ・・・    ==>(その2)へ続く 
DSC21_7440_1764 (2)

 【野鳥】ランキングに参加してます! 好かったらポチッとご協力お願い申し上げます! m(_ _)m


プロフィール

Su~chan

Author:Su~chan
私の名前は「Su~」です。”Su~chan”と呼んでください。
相模原市在住。

最新記事
最新コメント
カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR